妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

つかまり立ちから転倒!赤ちゃんの安全は大丈夫?そんな時の対策方法

   

つかまり立ちから転倒!赤ちゃんの安全は大丈夫?そんな時の対策方法

赤ちゃんがつかまり立ちをするようになってくると心配になるのが、転倒して頭をぶつけたり滑って転んだりすることです。

つかまり立ちをするようなれば成長したことを認識できますが、だんだんと目が離せなくなるので注意が必要になります。

そこでつかまり立ちをするようになってから、転倒しても大丈夫なように対策する方法を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク



つかまり立ちから転倒して大丈夫なように床材を替える

赤ちゃんがつかまり立ちをするようになってきたら、転倒しても大丈夫なように床材を柔らかい素材の物に替えることをおすすめします。

つかまり立ちをするようになってから転倒するのは仕方がないですし、何度も転倒するこによってだんだんと歩けるようになっていくものです。

そのため転倒しないように工夫するのではなく、転倒しても大丈夫なような環境の中に赤ちゃんをおくようにすれば、転倒しても大事に至ることはありません。

転倒しながら自分でだんだんと立てるようになっていく過程において、転倒した時に頭をぶつけてしまうことが心配になります。

そこで床材を柔らかい物に替えるだけでも、赤ちゃんにとっては頭だけでなく体を労わることができます。

赤ちゃんにはたくさん転倒する機会があるほど立ちやすく成長できるので、転倒しても大丈夫なように対策しましょう。

転倒しても大丈夫なようにつかまり立ちの場所に緩衝材をつける

転倒した時に赤ちゃんが大丈夫なように、床材を柔らかい物に替えるだけでなく、家具などの角に緩衝材となる物をつけるようにしましょう。

転倒することはよくあることですが、何もない所で転倒すればそれほど怖くはありません。

何度転倒しても頭さえ打たなければ大丈夫だと思えますが、転倒した時に物があれば、頭をぶつけてしまう可能性が高いです。

そのため赤ちゃんが頭をぶつけそうな場所に対して、緩衝材を取り付けておくことで、万が一の時のために対策を立てることができます。

つかまり立ちから転倒するような場所はある程度範囲が狭いので、できる限り緩衝材をつけておくようにしましょう。

成長すれば特定の部屋だけでなく、いろいろな場所に行くようになるので、あらゆる場所にあらかじめ緩衝材をつけておくと安心できます。

赤ちゃんの万が一のために備えることが大切です。

つかまり立ちから転倒しても大丈夫なように周囲の物に気をつける

赤ちゃんが転倒した時に怖いのが、周囲の物に頭をぶつけてしまうことです。

つかまり立ちから転倒しても大丈夫なようにするには、ある程度のスペースが必要ですし、思ってもいない場所に赤ちゃんが行ってしまうこともあります。

ハイハイをするようになってから目が離せなくなりますが、あらゆる場所につかまろうとするようになります。

初めは転倒した時に頭をぶつけないように、物を置かないように気をつけるようになりますが、掴まる場所にも気をつけなければなりません。

扉などの取っ手につかまろうとすると、扉が開いてしまうので思わぬ形で転倒してしまうこともあります。

また扉が開いた時に角にぶつけてしまうこともあるので、赤ちゃんがつかまり立ちをしそうな場所にも気をつけなければなりません。

赤ちゃんの周囲の物すべてに注意を払うのは大変かもしれませんが、赤ちゃんの行動パターンを予測して、危険がないように対策することが大切です。

赤ちゃんが興味を持つような物を床に置かない

赤ちゃんは成長するにしたがって、新しい物に興味を示すようになっていきます。

つかまり立ちをするようになると興味のある物があれば、すぐに近づいていこうとするので、あらゆる場所に行こうとするでしょう。

転倒しても大丈夫なように床材や物を置かないようにするなど、どの部屋も対策しておく必要があります。

特に床に赤ちゃんが興味を持ちそうな物を置かないようにすることは大切なので、何でも手の届かない場所に置くように意識しましょう。

赤ちゃんが動けるようになってくると、興味がある場所に移動しますし、普段行かないような場所にも行ってしまうこともあります。

つかまり立ちをしたことによって物が上から落ちてくるようなことがないようにしなければいけませんし、そもそも危ない場所には赤ちゃんが入れないようにすることが大切です。

赤ちゃんに行って欲しくない場所には、興味を持たせない工夫をすることも必要です。

赤ちゃんがつかまれるような場所をチェックしておく

赤ちゃんの成長過程において、つかまり立ちができるようになると成長を感じるようになります。

今までハイハイしかできなかった赤ちゃんが、自分で立とうとするようになることで、ずいぶん成長したと実感することができるでしょう。

ハイハイしていた頃にも転倒することはありますが、たった状態だと頭の位置が高いので、転倒した時の衝撃は大きくなります。

頭をぶつけないように本能的にかばおうとしますが、物があればぶつけてしまうこともあるので、危険な物は避けておいた方がいいでしょう。

転倒しても大丈夫なように工夫するのは大変ですが、ある程度の時期が来れば安定して立てるようになります。

つかまり立ちをする期間だけは、赤ちゃんがつかまれるような場所に注意をし、扉などがあれば開かないようにテープで止めておくなどの対策も有効です。

赤ちゃんにとって思わぬことが大事に至ってしまうので、転倒しても大丈夫なように、最新の注意を払いながら赤ちゃんの成長を見守りましょう。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み

ページ
上部へ