ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

つかまり立ちから転倒!赤ちゃんの安全は大丈夫?そんな時の対策方法

2017.9.18

赤ちゃんがつかまり立ちをするようになってくると心配になるのが、転倒して頭をぶつけたり滑って転んだりすることです。

つかまり立ちをするようなれば成長したことを認識できますが、だんだんと目が離せなくなるので注意が必要になります。

そこでつかまり立ちをするようになってから、転倒しても大丈夫なように対策する方法を紹介します。


つかまり立ちから転倒して大丈夫なように床材を替える

赤ちゃんがつかまり立ちをするようになってきたら、転倒しても大丈夫なように床材を柔らかい素材の物に替えることをおすすめします。

つかまり立ちをするようになってから転倒するのは仕方がないですし、何度も転倒するこによってだんだんと歩けるようになっていくものです。

そのため転倒しないように工夫するのではなく、転倒しても大丈夫なような環境の中に赤ちゃんをおくようにすれば、転倒しても大事に至ることはありません。

転倒しながら自分でだんだんと立てるようになっていく過程において、転倒した時に頭をぶつけてしまうことが心配になります。

そこで床材を柔らかい物に替えるだけでも、赤ちゃんにとっては頭だけでなく体を労わることができます。

赤ちゃんにはたくさん転倒する機会があるほど立ちやすく成長できるので、転倒しても大丈夫なように対策しましょう。

転倒しても大丈夫なようにつかまり立ちの場所に緩衝材をつける

転倒した時に赤ちゃんが大丈夫なように、床材を柔らかい物に替えるだけでなく、家具などの角に緩衝材となる物をつけるようにしましょう。

転倒することはよくあることですが、何もない所で転倒すればそれほど怖くはありません。

何度転倒しても頭さえ打たなければ大丈夫だと思えますが、転倒した時に物があれば、頭をぶつけてしまう可能性が高いです。

そのため赤ちゃんが頭をぶつけそうな場所に対して、緩衝材を取り付けておくことで、万が一の時のために対策を立てることができます。

つかまり立ちから転倒するような場所はある程度範囲が狭いので、できる限り緩衝材をつけておくようにしましょう。

成長すれば特定の部屋だけでなく、いろいろな場所に行くようになるので、あらゆる場所にあらかじめ緩衝材をつけておくと安心できます。

赤ちゃんの万が一のために備えることが大切です。

つかまり立ちから転倒しても大丈夫なように周囲の物に気をつける

赤ちゃんが転倒した時に怖いのが、周囲の物に頭をぶつけてしまうことです。

つかまり立ちから転倒しても大丈夫なようにするには、ある程度のスペースが必要ですし、思ってもいない場所に赤ちゃんが行ってしまうこともあります。

ハイハイをするようになってから目が離せなくなりますが、あらゆる場所につかまろうとするようになります。

初めは転倒した時に頭をぶつけないように、物を置かないように気をつけるようになりますが、掴まる場所にも気をつけなければなりません。

扉などの取っ手につかまろうとすると、扉が開いてしまうので思わぬ形で転倒してしまうこともあります。

また扉が開いた時に角にぶつけてしまうこともあるので、赤ちゃんがつかまり立ちをしそうな場所にも気をつけなければなりません。

赤ちゃんの周囲の物すべてに注意を払うのは大変かもしれませんが、赤ちゃんの行動パターンを予測して、危険がないように対策することが大切です。

赤ちゃんが興味を持つような物を床に置かない

赤ちゃんは成長するにしたがって、新しい物に興味を示すようになっていきます。

つかまり立ちをするようになると興味のある物があれば、すぐに近づいていこうとするので、あらゆる場所に行こうとするでしょう。

転倒しても大丈夫なように床材や物を置かないようにするなど、どの部屋も対策しておく必要があります。

特に床に赤ちゃんが興味を持ちそうな物を置かないようにすることは大切なので、何でも手の届かない場所に置くように意識しましょう。

赤ちゃんが動けるようになってくると、興味がある場所に移動しますし、普段行かないような場所にも行ってしまうこともあります。

つかまり立ちをしたことによって物が上から落ちてくるようなことがないようにしなければいけませんし、そもそも危ない場所には赤ちゃんが入れないようにすることが大切です。

赤ちゃんに行って欲しくない場所には、興味を持たせない工夫をすることも必要です。

赤ちゃんがつかまれるような場所をチェックしておく

赤ちゃんの成長過程において、つかまり立ちができるようになると成長を感じるようになります。

今までハイハイしかできなかった赤ちゃんが、自分で立とうとするようになることで、ずいぶん成長したと実感することができるでしょう。

ハイハイしていた頃にも転倒することはありますが、たった状態だと頭の位置が高いので、転倒した時の衝撃は大きくなります。

頭をぶつけないように本能的にかばおうとしますが、物があればぶつけてしまうこともあるので、危険な物は避けておいた方がいいでしょう。

転倒しても大丈夫なように工夫するのは大変ですが、ある程度の時期が来れば安定して立てるようになります。

つかまり立ちをする期間だけは、赤ちゃんがつかまれるような場所に注意をし、扉などがあれば開かないようにテープで止めておくなどの対策も有効です。

赤ちゃんにとって思わぬことが大事に至ってしまうので、転倒しても大丈夫なように、最新の注意を払いながら赤ちゃんの成長を見守りましょう。

 - 子育てのお悩み