妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

完母の子供にミルクを与えると湿疹!?アレルギーの場合の対策方法

      2017/08/25

完母の子供にミルクを与えると湿疹!?アレルギーの場合の対策方法

今まで完母で育ってきた子供に、粉ミルクにも慣れてもらおうとある日粉ミルクを与えてみたら、赤ちゃんに湿疹などの異常が現れてしまった。

この場合、もしかしたらミルクアレルギーを発症してしまっているのかもしれません。

しかし、今後の事を考えてミルクも飲める状況を作っておきたいと思うお母さんもいることでしょう。

そのような場合の対策方法や、ミルクでアレルギー反応が出てしまう原因等について、今回はご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク


アレルギーを起こす原因は、完母にはないミルクならではの物質

赤ちゃんが粉ミルクを飲んだ時に発症してしまうアレルギー反応についての原因は、母乳には含まれていないアレルギー物質に原因があります。

粉ミルクには、牛から作られたたんぱく質が含まれているのですが、この牛から作られたたんぱく質というのは、生まれたばかりの小さな赤ちゃんにはまだ消化させる力が及んでいないという場合があります。

そのような場合に消化されることのなかったこのたんぱく質を、赤ちゃんの体は異物だと判断してしまいます。

異物だと判断された牛から作られたたんぱく質は、赤ちゃんの体に入ると体の中で排除しようとする力が働きます。抗体を作るという事ですね。

その抗体が異物を排除しようとする働きによってアレルギーを発症してしまうのです。

この牛から作られたたんぱく質を摂取することに慣れていない赤ちゃんは、完母の時には現れなかったアレルギー反応をミルクの時に引き起こしてしまう可能性があるのです。

完母だった子供がミルクを飲んでアレルギーが出た場合の症状は?

では、今まで完母で育ってきた赤ちゃんが粉ミルクによってアレルギー反応が出てしまった場合に、その症状にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず挙げられるのは、一番わかりやすい反応として全身に湿疹のようなプツプツとしたものが現れることがあります。

そしてそのプツプツはお腹に重点的に見られる事があり、お腹一面が真っ赤になってしまうなどと言った症状が現れます。

また、目の周りがまるで殴られたかのようにパンパンに腫れ上がってしまったり、耳が真っ赤に腫れてしまうという場合もあります。

このように目に見てわかるような症状である場合は早く気付いてあげやすいのですが、アレルギー反応が喉などの目に見えない部分に現れる場合もあるのです。

この場合は喘息のような症状を発症することがあります。一見するとミルクが喉に詰まって咳込んでいるだけの様にも見えるのですが、重症化すると呼吸困難になってしまう事もあるので注意が必要です。

すぐに出る症状以外には、便の中に血が混じった血便が出る場合もあります。

ミルクだけではない!完母でもアレルギーが出る場合がある!?

粉ミルクに変えた途端にアレルギー反応が出たように思えても、実は完母の時に摂取した物質によってアレルギー反応を起こしてしまっているという可能性もゼロではありません。

この場合は、お母さんが摂取した食べ物等に含まれている成分が母乳に影響を及ぼし、アレルギー反応を起こしてしまったという場合が考えられます。

実際に、お母さんにが摂取した食べ物の栄養素が母乳に影響を与えるのは、摂取してから焼く時間後だと言われています。

しかしながら、その濃度はとても薄く、アレルギー反応が出てしまう原因の物質がそこに含まれていたとしても、それは極微量です。

このことから、あまり母乳に含まれるアレルギー物質に関して神経質になり過ぎる必要は無いと助言するお医者さんもいるようです。

しかし実際にお母さんが摂取した食べ物によって赤ちゃんにアレルギー反応が出たという事例はありますので、粉ミルクだけではなく母乳にも注意を注ぐことが必要だと言えますね。

ミルクでアレルギー反応が出てしまった場合の対策方法

今現在赤ちゃんに与えている粉ミルクでアレルギー反応が出てしまった場合、粉ミルクの種類を変えるという対策の手段があります。

どのような粉ミルクに変えるのが良いのかというと、アレルギー対応ミルクと言うものがありますので、このミルクに変える事がお勧めです。

このアレルギー対応ミルクというのは、アレルギー反応が出る原因となるたんぱく質を出来る限り小さく分解することによって、アレルギー反応を抑える効果が期待できる粉ミルクになっています。

また、豆乳の成分を使用した粉ミルクもありますので、この粉ミルクでも牛から作られたたんぱく質の摂取を控えることが可能です。

しかし、大豆アレルギーであれば、豆乳に含まれる大豆のアレルギー物質によってアレルギー反応を起こしてしまう可能性がありますので、この機会に自分の子供には何のアレルギーがあるのかを検査してもらうと良いでしょう。

ですが、この時期のアレルギーというのは成長していく過程で改善されていく可能性も十分にありますので、1歳を過ぎたあたりから徐々に慣らしていくと、今後アレルギーの改善に期待できるでしょう。

症状がでたらすぐさま病院へ。今後の食事方法を考えましょう

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介しましたように、粉ミルクによるアレルギー反応の原因は、牛から作られたたんぱく質であることがお分かりいただけたかと思いますが、文中にもありましたようにアレルギー対応の粉ミルクで代用することも可能ですので今後の参考にしてみて下さいね。

そして、赤ちゃんが母乳や粉ミルクでアレルギー反応を起こしてしまった場合にはすぐさま病院へかかって頂いてお医者さんの診察を受けて欲しいのですが、アレルギー科がある病院でなければ適切な処置をしてもらえない可能性があります。

ですので、特にお子さんが小さい間は、自分の家の近くにアレルギー科のある病院はあるのかどうかについて事前にリサーチしておくことが大切です。

アレルギーによる症状は比較的軽いものもありますが、処置が手遅れとなり重症化すればアナフィラキシーショックを起こしてしまう事もあります。

発症してしまってから病院を探すのではなく、いつ発症してもすぐに対応できるよう事前に病院の情報は集めておくべきですね。

そして、お医者さんに診察してもらったら、今後の赤ちゃんの食事方法についても相談されることをお勧めします。

アレルギー対応ミルクで対策をとるのか、それとも母乳にするという対策をとるのか。お医者さん目線からのいいアドバイスを貰えるチャンスでもありますので、自分から訪ねてみましょう。

しかし、赤ちゃんにも味の好みはありますので、アレルギー対応ミルクで代用しようと思っても赤ちゃんの口に合わず飲んでもらえない場合もありますので、そうなった時の対策までお医者さんに相談しておきましょう。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み

ページ
上部へ