妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

5人家族の生活費が50万円を超える?家計を見直すべきポイント

   

5人家族の生活費が50万円を超える?家計を見直すべきポイント

家族3世代5人家族で生活をしている家族にとって、生活費が50万円を超えるのであれば、かなり裕福な生活をしているといえます。

3世代だからといっても生活を共にしていれば節約できる部分はあるので、生活費についてはかなり使いすぎといえるでしょう。

そこで5人家族で生活費が50万円を超える時に見直すべきポイントを紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク



5人家族の生活費が50万円を超えるのはセレブ生活をしているから

5人家族の生活費が50万円を超えるのであれば、かなりセレブな生活をしているといってもいいでしょう。

本人たちはそれほど意識していないですし、裕福な生活をしているとは思っていないはずです。

しかし世間一般的な世帯と比べると、50万円を超える生活費を使うのであれば、かなり裕福な生活と言えます。

固定費に関しては家賃や水道光熱費を入れても20万円あれば足ります。

そこに食費、雑費、お小遣いなどが含まれても15万円を超えることは稀なので、35万円あれば5人家族でも生活をすることは可能です。

35万円でも普通の生活なので、節約をすればもっと少ない生活費で生活することはできるでしょう。

それ以上に生活費を使っているのであれば、何かの項目のお金をかけ過ぎている可能性が高いです。

こだわりがあるのかもしれませんが、かなり裕福な生活だといえるので、一度家計を見直すことも必要かもしれません。

5人家族で生活費が50万円を超えるのは無駄な出費が多い

5人家族で生活費が50万円を超えると聞けば、無駄な出費が多いと思うでしょう。

生活している本人たちにとっては無駄な出費は少ないと思っているので、裕福な生活をしている間隔も少ないはずです。

節約すればかなりの生活費を節約できるので、自分たちが必要だと思ってることが無駄な出費だと気づかなければ、いつまでも生活費は高いままでしょう。

節約するポイントはいくつかありますが、世間一般と比べないと自分たちがどれくらい無駄な出費をしているか分からないでしょう。

水道光熱費に関しても毎月当たり前のように払っている金額が、世間的には高いと思わなければ節約する意識も高まりません。

食費に関しても食べたい物を毎日食べれば、月に6万円の出費になるかもしれませんが、世間的には4万円でやっている可能性もあります。

この差を自分たちが無駄な出費だと思えるようにならなければ、大幅な生活費の削減は見込めないので、まずは無駄な出費があることを認識しましょう。

子供がいて5人家族の生活費が50万円なら教育費を見直す

5人家族の場合子供がいれば教育費にお金がかかっている可能性がありますが、一度見直してみましょう。

5人家族の生活費が50万円を超えるのが高いと思うのであれば、固定費や食費を見直すことも大切ですが、教育費の見直しも必要です。

子供のためを思って塾に通わせたり習い事をすることは大切なことですが、本当に必要なことなのかを見極めることも大切です。

子供がまだ小さい時にいろいろな習い事をやらせて可能性を広げようとすると、ある程度続けなければいけないのでかなりの出費になります。

子供への教育のお金を掛けようと思えば、青天井のように際限がなくなってしまうので、自分たちの生活まで苦しくなってしまう可能性もあります。

教育費は目に見えて形になるものではありませんし、将来的な子供の可能性を広げるために必要なことですが、やるばかりではなく見直しをすることも大切なことです。

貯蓄ができているかが重要なので家計を見直してみる

5人家族の生活費が50万円を超えたとしても、しっかり貯蓄までできていれば問題ないでしょう。

収入に合わせて身の丈に合った生活をしているのであれば問題ないので、自分が納得できる貯蓄ができていれば不安に思うこともありません。

しかし50万円の生活費が高いと思いながらも、貯蓄ができているので無駄な出費があっても気にしないようにしているのは問題です。

いつまでも高い給料がもらい続けられる保証はないですし、万が一の事態になって働けなくなれば、収入が一気に下がる可能性もあります。

万が一の時にも対応できるようにするには、普段からある程度節約をしておくことが大切なので、家計をすぐに見直しておくことは大切なことです。

今は余裕のある生活ができるので不安も感じないかもしれませんが、生活をしていればまとまったお金が必要になる時期も必ずあります。

普段から節約を意識して少しでも生活費を抑える努力をしておくことをおすすめします。

今の生活よりも将来の生活を重視しなければ厳しくなる

それぞれの家族によって生活費は異なりますが、一般的に見れば5人家族の生活費が50万円を超えるようならば、かなり裕福な生活を送っているといえます。

それだけ収入があるので問題ないのかもしれませんが、将来の万が一の事態に備えておくことは大切なことです。

今の生活で50万円を超えるのであれば、子供が大きくなればより多くのお金がかかることになります。

その分の貯蓄があるかもしれませんが、貯蓄はまとまったお金を必要とする時に一気に無くなってしまうので、精神的にもかなり不安になります。

学校への進学するタイミングでは何百万円のまとまったお金が必要なので、一気に貯蓄額も減ってしまいます。

また万が一にも怪我をしてしまえば、収入が減ってしまうので、赤字になってしまうでしょう。

今の生活よりも将来のことを重視して考えることが大切なので、あまり贅沢をし過ぎないように節約も意識することを忘れないようにしましょう。

  関連記事はこちら

 - お金のお悩み

ページ
上部へ