妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

排卵後の胸の張りの原因は?すぐに妊娠している可能性

      2017/08/06

排卵後の胸の張りの原因は?すぐに妊娠している可能性

排卵後に胸の張りを感じる事がある女性は少なくありません。さて胸の張りを感じるとすぐに妊娠している可能性を考えてしまう事ありませんか?

胸の張りと妊娠には因果関係があるのでしょうか?

そもそも排卵後に何故胸が張るのでしょうか?

それらの原因と胸の張りの対処方法についてご説明いたします。悩んでいる方の助けになれば幸いです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク



排卵後にすぐ胸の張りを感じる原因

女性にはいくつか女性特有のホルモンがあります。

それらは妊娠をするために必要なホルモンなのです。女性の体は妊娠するために、定期的に体がその準備をします。それが生理です。

生理には以下の4つのホルモンが関わっています。

  • エストロゲン(卵胞ホルモン)
  • プロゲステロン(黄体ホルモン)
  • 性腺刺激ホルモン放出ホルモン
  • 卵胞刺激ホルモン

エストロゲンは生理が始まる前に分泌量が増え、排卵するまで増え続けます。子宮内膜を厚くする作用があり、受精しやすい環境を整えます。

プロゲステロンはエストロゲンとは逆に排卵後から徐々に分泌量が増加します。このホルモンの働きは体を妊娠に備えさせることです。例えば体に水分を溜め、乳腺を刺激する作用もあります。

そうです。排卵後に胸が張るのはこのホルモンが原因なのです。体が妊娠してなければ、徐々に胸の張りが治まっていきます。

排卵後すぐの胸の張りと妊娠との因果関係

妊娠の初期症状に胸の張りというのがあります。排卵後に胸の張りを感じたら、「もしかして妊娠したかな」と感じる人は少なくないでしょう。

しかし、前述したように排卵後の胸の張りは、プロゲステロンが原因です。このホルモンは女性を妊娠に備えさせる作用があり、そこには乳腺を刺激する事もあります。つまり、妊娠していなくても、このホルモンが分泌されていれば、胸の張りを感じる事があるという事です。

もちろん、妊娠してれば、このまま胸の張りが続くでしょう。赤ちゃんに母乳を出すために乳腺を発達させなくては行けないのですから。

ただ、排卵後に胸が張るからといって、それが妊娠の兆候とは限りません。排卵後の胸の張りはあくまでホルモンの作用であり、妊娠には明確な因果関係はないのです。

ネットの掲示板などで、「排卵後の胸の張りを感じて、その後妊娠しました」などというコメントが記載されている事もありますが、これは偶々この人がそうだっただけの話しなのです。

排卵後すぐの胸の張りを解消する方法

胸の張りというのは、女性特有の体の不快感ですので、もし妊娠してないのであれば、すぐにでも解消したい所です。

ホルモンの作用はどうにもできませんが、少しのケアで症状を改善できます。

例えば、胸の血行が良くないと、胸の張りがひどくなるので、入浴中に胸の周りを軽く円を描くようにマッサージをする事で、血行をよくすることができます。

また下着は体に合ったものにしましょう。キツイ下着は、血行を悪くしますので、胸の張る日は、ゆったり目の下着に変更する事をオススメします。

人間は口から摂取するもので体を作っています。つまり食事や飲み物を見直す事でホルモンのバランスが整い、体の血行がよくなる事があるのです。栄養バランスに気を付けて、3食食事を取るようにしてください。特に体を冷やす食べ物やカフェインは摂取量を減らすか、摂取しないようにしましょう。

生理が始まっても胸の張りが治まらない場合

排卵後の胸の張りの原因はプロゲステロンによるものです。しかし、生理が始まるとプロゲステロンの分泌量は下がっていきます。それにも関わらず胸の張りや痛みが治まらないのであれば、原因が別の可能性があります。

まれに生理のような出血があっても妊娠しているケースがあります。

また、乳腺炎の場合も同じような胸の張りや痛みを感じますが、それがいつもよりも痛みが激しかったり、胸の片側だけに痛みが集中したり、発熱を伴うことがあり得ます。にゅ乳頭から何か体液のようなものがにじんできたなどの症状が現れたら、迷わずに病院へ受診してください。

乳腺炎以外の胸の病気という事もあり得ます。

また、月経前症候群などの場合も、同じような胸の痛みを感じるケースがあります。これらも食生活を見直して、きちんと睡眠を取り、治療を受ければ症状が改善する事もあるのです。

胸の張りだけでは妊娠の兆候とは言えない

女性の体は、妊娠に備えて日々準備をしています。そのため、女性にとっては辛い生理もまた妊娠をするための体の準備なのです。

特に妊娠を切望している人は、妊娠の兆候に敏感です。胸の張りも妊娠の兆候の一つとしてよく言われますが、胸の張りがあったからと言って、残念ながら妊娠しているとは限りません。

排卵後の胸の張りや痛みを妊娠の兆候では?と考える人は少なくありませんが、実際排卵の後の胸の張りと妊娠には明確な因果関係はありません。排卵後の胸の張りの原因は、プロゲステロンが分泌されたことによります。

もし生理になっても胸の張りや痛みが治まらないようならば、何か他の原因が考えられます。出来れば早めの受診をオススメします。早期発見は早期治療に繋がります。

生活のリズムを整えて、食事も3食バランスのとれたものにしましょう。胸の張りを感じる時はゆったりした下着にして、体を温めましょう。症状が緩和される事があります。

  関連記事はこちら

 - 妊活中のお役立ち情報

ページ
上部へ