妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

生理予定日に妊娠検査薬が陰性でも妊娠の可能性について

      2017/08/07

生理予定日に妊娠検査薬が陰性でも妊娠の可能性について

生理予定日に妊娠検査薬を使って「陰性」の結果だったけど、それでも妊娠の可能性はあるのだろうか?

妊娠というのはデリケートな問題です。人によっておめでとう!の人もいれば、残念という人もいます。

妊娠検査薬というのは、きちんとルールに乗っ取って使わないと正しい結果がでません。仮に陰性だったとしても、妊娠の可能性がないとは言えません。正しい妊娠検査薬の使い方についてご説明いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク



生理予定日に検査で陰性でも妊娠の可能性はある?

そもそも市販されている妊娠検査薬は、生理予定日の一週間後から妊娠の有無について調べるための検査薬です。

そのため、生理予定日に妊娠検査薬を使っても、妊娠でも陰性の結果が出るのは十分にあり得すのです。

わざわざ生理予定日に使ったという事は、どうしても妊娠した事を知りたいと思ったのか、妊娠してない事を知りたいと思ったのかは判りませんが、どちらにしろフライングである事は確かです。

正しい結果を得たい場合は、きちんと取り扱い説明書通りに、定められた期日以降に使うようにしましょう。

特に陰性という結果の場合、陽性に変わる事は十分にあり得ます。生理予定日から一週間後以降に再度実施してみてください。それで初めて正しい結果を得る事ができます。

仮に陽性と出た場合、それが陰性に変わるというのは考えにくいので、陽性の出た人は、生理予定日一週間後以降に産婦人科への受診ををオススメします。

生理予定日に妊娠の可能性があっても陰性になる理由

妊娠検査薬は尿に含まれているあるホルモンに反応して、陰性や陽性という結果を出します。

そのホルモンというのは、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と言います。このホルモンの尿中濃度が50mlu/ml以上になると「陽性」という結果を返します。

本来このホルモンは妊娠しないと体から作られる事はありません。そして一般的に妊娠して4週間目から5週間目になると、尿中濃度が50mlu/ml以上になると言われています。

妊娠の計算の仕方は、最終生理日を1日目と計算します。つまり次の生理予定日は最終生理日の28日後となりますので、丁度4週間目にあたるわけです。そのため、早ければ生理予定日に「陽性」の結果を出す事もありますが、まだ50mlu/ml未満であれば、仮に妊娠していても「陰性」の結果が出ます。

このhCGも人によって、数値の上がり方に個人差があるために、生理予定日ではまだ十分に数値が検知できるほど上がっていないという事があるのです。

生理予定日以降に検査して陰性でも妊娠の可能性はある?

では妊娠検査薬を取り扱い説明書通りに生理予定日から一週間たって利用して結果が陰性だったとしても、全く妊娠の可能性がなくなったという訳ではありません。

場合によっては陽性なのに陰性という結果がでる事もあります。

前述したように、hCGの尿中濃度によって「陰性」「陽性」が決まります。しかし、尿中濃度が下がってしまって正しい結果が得られないという事があります。確実なのは、朝一番の尿で検査する事です。

また、妊娠検査薬の陽性反応の下限値は50mlu/mlですが、双子や三つ子を妊娠した場合、検査薬の上限値を超えてしまう事があります。そうすると検査薬は反応できないので、「陰性」という結果を返してしまうのです。

例えば子宮外妊娠などの場合、どうしてもhCGの上がり方が鈍くなります。その結果、妊娠しているにもかかわらず、下限値の50mlu/mlに届かずに陰性となる事もあり得ます。

どうしても生理予定日に結果を知りたい人にオススメの検査薬

それは早期妊娠検査薬です。これは通常の妊娠検査薬と違って、下限値が25mlu/mlで反応します。

hCGの上がり方は、妊娠3週で20〜50mlu/mlになると言われています。そのため、生理予定日前でもある程度見極める事ができます。

hCGは基本的に妊娠しないと体が作らないホルモンです。そのため陽性反応が出れば十中八九間違いないと言われていますが、最終的には産婦人科で医師による確認が必要です。

ただし前述したように、ホルモン値の上がり方にも個人差がありますから、フライングすればするほど、その検査結果の信頼性は低くなります。これも目安ですが、生理予定日3日前に検査すると、その結果の信頼性は50%になるそうです。

結果が「陰性」でがっかりする人もいれば、安心する人もいるでしょう。しかし、陽性に変わる可能性がありますので、出来れば数日開けてもう一度検査してみてください。

妊娠検査薬は正しく使わないと正しい結果は得られない

妊娠検査薬は正しい使い方をすれば、その信頼性は99%とも100%とも言われています。しかし、正しい使い方をしなければ、妊娠の可能性があるのに「陰性」と結果を返す事もあります。

まずは使う日にちです。一般的な妊娠検査薬であれば、生理予定日から1週間後から検査可能です。逆に言えば、それ以前に使えば検査結果が違ってしまう事もあるのです。生理予定日は、前回の最終生理日1日目から計算して28日目となります。つまり妊娠検査薬は、最終生理日よりから35日目以降に使わなくてはいけないのです。

それ以前の検査であれば、「早期妊娠検査薬」を使いましょう。ただしこれも生理予定日以前に使えば、その結果の信頼性がかなり低くなりますので注意が必要です。

検査薬を使うのであれば、オススメは朝一番の尿で行いましょう。また、検査結果の確実性を期すためには、数日おいてもう一度確認した方がいいです。

  関連記事はこちら

 - 妊活中のお役立ち情報

ページ
上部へ