妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

生後5ヶ月の赤ちゃんの体重が減った時の理由と対処法

      2017/08/23

生後5ヶ月の赤ちゃんの体重が減った時の理由と対処法

生後5ヶ月になるとだんだんと体を動かせるようになるので、目が離せなくなってくる時期でもあります。

食事もミルクから離乳食に変わる頃ですが、毎日体重が増える時期でもあるので、体重が減るようなら何かおかしい状態と言えます。

そこで生後5ヶ月の赤ちゃんの体重が減った時の理由と対処法について紹介したいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク



生後5ヶ月の赤ちゃんの体重が減った時は離乳食の量をチェックする

生後5ヶ月の赤ちゃんの体重が減った時に考えられることは、食事が赤ちゃんに影響を与えていることが考えられます。

生後5ヶ月頃になるとミルクから離乳食に変わる頃ですが、赤ちゃんにとっても環境が変わることになります。

もちろん赤ちゃんにとっては意識していないかもしれませんが、ミルクから離乳食に変わったことで、多少ストレスを感じているのかもしれません。

始めの頃は上手く離乳食を食べられないことが多いですし、視力も良くなってくるので目に映るものすべてに興味を持つようになります。

そのため離乳食を食べることに集中することなく、少し食べただけで満足感を得ることで離乳食を食べなくなってしまいます。

すると満腹になったと思って食べさせないでいると、ご飯の量が少ないことから体重が減ってしまうことが考えられます。

離乳食は毎回しっかりと量を把握して、しっかりと食べてくれるかチェックしましょう。

生後5ヶ月で体重が減った理由は栄養不足が考えられる

生後5ヶ月から離乳食に変えた時に体重が減った時には、営業不足が考えられます。

母乳に比べて離乳食の栄養やカロリーが少ないことがあるので、離乳食を食べたと思っても栄養不足になっている可能性もあります。

だんだんと赤ちゃんの動きも活発になってきますし、集中してご飯を食べることがなくなってきます。

いろいろな物に興味を持つようになるので、食事よりも他のことに興味を持つようになります。

ゆっくりダラダラと離乳食を食べると満腹感を得やすいので、カロリーや栄養の少ない離乳食を食べたと言っても母乳より栄養が不足してしまうこともあります。

離乳食によって栄養やカロリーが変わってくるので、しっかりと栄養を考えた食事を与えることが必要になります。

毎回の食事量のチェックや食べた離乳食の栄養など、細かくちぇくすることで体重が減ることを防ぐことができます。

生後5ヶ月の赤ちゃんの体重が減った時は離乳食を増やしてみる

生後5ヶ月になると運動量も活発になりますが、しっかり成長しているので体重は増え続けます。

体重増加は緩やかになってきますが、運動量が増えたことによるエネルギー消費が多くなったと言えるでしょう。

赤ちゃんもミルクから離乳食に変わる時期なので、しっかりと栄養を摂っているかチェックすることも大切になります。

もしも離乳食を食べているのに体重が減った時には、離乳食の量を増やしてみましょう。

赤ちゃんが欲しがるだけ食べさせることは大切ですが、この時期になるといろいろな物に興味を持つようになります。

そのためある程度食事をしていれば、食事よりも他の物に興味が移ってしまいます。

そのため赤ちゃんが満腹だと思っていても、実は腹6分目くらいの可能性もあります。

しっかりと栄養を摂らせるためにも体重が減った時には、離乳食の量を増やして、しっかりと食べるか毎回量をチェックすることも必要です。

赤ちゃんの運動量が増えるので体重は増えにくくなる

基本的に生後5ヶ月の赤ちゃんは運動量が多くなるので、体重は増えにくくなることも多いです。

しかし毎日ものすごいスピードで成長する赤ちゃんの体重が減った時には、食事量が少ないか栄養不足の可能性が高くなります。

始めは離乳食をあまり食べてくれないこともありますし、母乳よりも栄養価が低い離乳食も多いです。

栄養をしっかりと考えて離乳食を与えないと、しっかり食べさせているつもりでも栄養が不足している可能性もあるので注意しましょう。

運動量が増えるので体重は増えにくくなりますが、減ることはまず考えられません。

よほど栄養不足なのかもしくは病気の可能性もあるので、担当医にすぐに相談しにいきましょう。

しっかりと離乳食を食べてくれないようならば、味が好きではない可能性もあるので、ミルクを混ぜてあげると食べてくれることもあります。

個人差があるが体重が減った時は離乳食の見直しが必要

生後5ヶ月の赤ちゃんの体重が減った時に考えられることは、離乳食に変えたことによる栄養不足が要因となることが多いです。

始めはミルクの味とは違うのであまり食べくれないこともあるので、ミルクを混ぜるなど工夫をしながら食べさせることも有効な手段のひとつです。

離乳食はカロリーが低い物もあるので、母乳に比べて栄養が不足してしまうことも考えられます。

バランスの良い離乳食を考えて食べさせなければ、せっかく食べても栄養が不足して体重が減ってしまうこともあります。

赤ちゃんがたくさん食べたがっている時には、どんどん食べさせて大丈夫なので、好きなだけ食べさせてグングン成長してもらいましょう。

いくら運動量が増えるといえ体重が減ることは考えられないので、離乳食の食べる量をチェックしたり病院に相談しに行くようにしましょう。

動くようになるので目が離せなくなってくる頃ですが、元気に育ってくれることを願っています。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み

ページ
上部へ