妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

排卵日前日の行為で性別は操作できる?男女産み分けのはなし

      2017/09/14

排卵日前日の行為で性別は操作できる?男女産み分けのはなし

計画的にこどもが欲しいとき、出来れば男の子がいいな、女の子がいいな・・という希望があるかもしれません。

授かりもので自然のことなのでどちらでも良いとするか、できるだけ希望の性別になるよう努力するか。努力によって、男女の産み分けは本当に可能なのでしょうか?それとも都市伝説か言い伝え?

この記事では、排卵日と赤ちゃんの性別に関係があるとされている説についてご紹介していきます。排卵日当日ならどうなのか、前日は?2日前は?

医師のお話を元に、チャレンジした方の結果データを交えて紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク



女の子が欲しければ「排卵日の前日を狙え」は本当?性別は精子の種類で決まる

そもそも赤ちゃんの性別はどのように決まるのか、そのメカニズムについて知る事は、産み分けの第一歩となるでしょう。

赤ちゃんの性別は、〈精子の種類〉によって決まります。種類は簡単に言うと2種類。『X精子』と『Y精子』です。

ヒトの染色体は46本で構成されています。そのうち2本が、性別を決める「性染色体」といいます。これが『XX』か『XY』かによって男になるか女になるかが決まるのですが、XとXなら女性で、XとYなら男性になります。

この「性染色体」は卵子と精子から1本ずつ合わさり、性別が決まります。もともと卵子は必ず『X染色体』です。そのため、女の子を希望している場合に欲しい精子は『X精子』で、男の子が欲しい場合は『Y精子』となるわけです。

ここまで性別を決める染色体について述べましたが、メカニズムが判っているからと言って、完璧な産み分けができるとは限りません。しかしデータによると、産み分けにこだわった人のうち、男の子を希望した人で約80〜90%、女の子を希望した人で約70%〜80%が成功したという数字があります。

期待を込めて産み分けを実践するのは当然ですが、『どちらでも可愛いわが子なのだから』と言う程度の気持ちで臨むことが大切ですね。

排卵日前日の行為、どちらの性別の可能性が上がる?ポイントは精子・卵子の『寿命』

先に述べた『X精子(女児)』『Y精子(男児)』、実はX精子の方が生存率が高いのです。というのも、女性の体内は酸性で、Y精子は酸に弱いので、生き残りにくいのです。

つまり産み分けを意識するとき、それぞれの精子の寿命の逆算と排卵日が、どこでマッチングするかが重要になってくるわけです。

『X精子』は、排出されてから膣内で約3日ほど生きるのに対し、『Y精子』は24時間程度です。例えば男の子を希望しているなら、24時間以内に受精させないければならないということになります。24時間を過ぎてから排卵が起こり、生き残った『X精子』が受精すれば女の子になると言うわけですね。

卵子の寿命についても知っておく必要があります。卵子の生きているのは24時間ほどです。そして、その中でも受精できる期間は6時間〜8時間程と短く、限られています。ここをうまく狙って、希望の精子を受精させる事ができれば、産み分けが可能になるという仕組みです。

では、排卵日の前日に行為があった場合、確率的にどちらの性別になりうるのでしょうか?

赤ちゃんの性別―女の子が欲しいなら少なくとも排卵日前日を狙え!

前の項目で、女の子になる『X精子』の寿命は「3日ほど」とお伝えしました。女の子を希望している場合、排卵日に、男の子になる『Y精子』がなくなっていれば、残った『X精子』が受精するので、女の子になる可能性が高くなるというわけです。

女の子が欲しい場合、行為をするのにより狙い目となるのは、〈排卵日の2日前〉です。排卵日当日に『Y精子』が居なくなり、『X精子』が残った状態に近づけるにはちょうど良いからです。

では排卵日「前日」に行った場合はどう言えるでしょうか。

実際の受精可能期間「6〜8時間」に重なってこなければ、排卵の24時間前に行為があれば女の子になる確率は上がります。しかしまだ生き残っている『Y精子』があれば、彼らも必死に卵を目指して泳ぐので、確立で言えば2日前に行うよりは下がると言えます。

では男の子が欲しいときは、いつがベストタイミングと言えるでしょう。

男の子を希望するとき。ベストタイミングはたったの1日!

結論から言うと、男の子を希望するならその行為のタイミングは『排卵日当日』のみです!

卵子の寿命24時間と、精子の寿命24時間を合わせることで、受精可能期間6〜8時間の間に確実に『Y精子』を膣内に保っておかなければなりません。排卵が起こるより早くに精子を受け取ってしまうと、卵が来るまでに待ちきれずどんどんいなくなってしまいます。

また『Y精子』は、『X精子』に比べて泳ぐスピードが早いので、当日に行為があれば『Y精子』の方が俄然有利です。

排卵日当日に行為をオススメする理由は他にもあります。先に、『Y精子』は酸性の環境に弱いとご説明しました。膣内は酸性なわけですが、排卵日は、酸性度が最も弱まります。そのため、排卵日は『Y精子』にとって良い環境になり、Y精子が受精する確率が高まるというわけです。

授かりものですので、絶対という確証はありません。しかしこのタイミングを知っておくなら、産み分け成功の確率はグンと上がる事でしょう。

排卵日チェック以外の『産み分け』術!行為の方法

『排卵日チェック以外の』とありますが、そもそも排卵日を基準として妊娠を考えなければならないので、正しい予測は絶対に欠かせません。基礎体温計測など毎日の日課が重要です。

この他に、どんなことができるでしょうか。

例えば男の子を望むとき、「女性が気持ちのよい濃厚な行為を心がける」「男性は禁欲をしておき、精子を量産しておく」ということが上げられます。一見、都市伝説のような話ですが、根拠があります。

元々、女性の膣内は酸性なので、『Y精子』には過酷です。行為前の雰囲気作りも女性にとっては大切で、性的刺激を多く受けることにより、『頚管粘液』と呼ばれる粘液が分泌されます。この粘液自体はアルカリ性なので、『Y精子』にとって良い環境を作り出せるのです。また禁欲により精子の数が増えると、『X』と『Y』の比率はそのまでなく、『Y』が増えるとされています。禁欲は5日ほどお願いしましょう。

女の子を望むときは、上記と逆の事を心がけてください。さっぱりとした内容・または男性が喜ぶ内容で、回数を重ね精子を薄めてあげると、その確立は上がります。精子は3日ほどで溜まってくるので、行為も最低3日に1度は目安と考えてください。

最後に、産み分けは絶対ではないと言う事を肝に銘じて行ってくださいね。

  関連記事はこちら

 - 妊活中のお役立ち情報

ページ
上部へ