妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

幸せの絶頂からどん底へ!不妊治療でできることはなんでも試してみた結果

   

幸せの絶頂からどん底へ!不妊治療でできることはなんでも試してみた結果


41歳/主婦

「妊活」と言う言葉が当たり前の様に使われるようになったのは、ここ2〜3年でしょうか?芸能人も妊活を公表したりと、明るいイメージになってきましたね。

私がいわゆる妊活を始めたのは今から5年程前で、その頃は「妊活」なんて言葉は無く「不妊治療」でしたね。何となく秘め事の雰囲気でした。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


お決まりだったお節介文句も時と共に減っていき

始めた時は結婚4年目で夫も私も36歳でした。結婚2年目ぐらいまでは「子供はまだ?」「赤ちゃん作らないの?」のお決まりのお節介文句も、3年・4年を過ぎると聞いてはいけない事の様に思うのか、はたまた言い飽きたのか子作り話に触れてくる人は激減しますね。

有難い様な寂しい様な・・・。

最初の1年ちょっとはタイミング療法。

とにかく妊娠に良いとされる物は色々試してみました。

・葉酸サプリ(私)
・マカサプリ(夫)
・飲み物はホット又は常温
・カフェインレスコーヒー(それまでは一日5杯の珈琲摂取)
・鍼灸
・骨盤矯正
・経路リンパマッサージ
・ホットヨガ
・ストレッチ
・生姜摂取
・ウォーキング
・夏でも腹巻付の毛糸のパンツ

等々、ザッと思い付くものだけで まだまだ色々試しました。

そしてようやく妊娠!!夫婦で手放しで喜んだのもつかの間、7週で流産・・・。幸せの絶頂からどん底へ。

妊娠の確率を上げる為に甲状腺全摘出を決意

実は私、結婚前から「バセドウ病」と言う甲状腺疾患を患っておりまして、この妊娠当時は甲状腺ホルモンの数値が非常に不安定だったのです。

以前から担当医に手術を薦められてはいたのですが、手術をすると3ヶ月〜半年間不妊治療をお休みしなければいけない事と、首元に残る傷が嫌で手術をせずに投薬治療をして来ました。

が、ここまで妊娠に良いとされる事を色々やって来て、歳も歳だし全てを無駄にしたくない!やってしまえ!!・・・と、流産した翌月に手術の予約をし、3ヶ月後には甲状腺全摘出しました。

いざとなると女は強い(笑)術後の経過は良好で、2ヵ月後には不妊治療を再開できました。

それから人工授精を5回したけど、撃沈。私も夫も検査しても何の異常も無いんですけどねぇ。やっぱり卵子の老朽化ですかねぇ。

年齢に焦りを感じて体外受精を決意

治療を始めた頃は「人口受精まで」と決めていた私たちですが、ここまで来たら後には引けない。気付けば39歳(汗)

「とりあえず一回だけ」と決めて体外受精へステップアップしました。自然周期法で2つの卵を採卵し、ひとつは体外受精でもうひとつは顕微授精をして有難いことに二つとも受精→分割してくれました。

そしてそのうちのひとつを新胚移植して、今1歳半になる男の子が隣でスヤスヤ寝ております。

こうして文章にするとあっけない感じですが、そりゃー泣いて喚いてを繰り返してきたし、離婚話も出た事もありました。

でも、色んな事を乗り越えていくうちに、夫婦の絆が本物になって行くのも実感できたし、子供が出来てからも想像以上に大変な事が多いけど夫婦で乗り越えて行けてるし、これからも大丈夫っていう確信が持てるのも、辛い不妊治療を乗り越えてきたからこそかな?

ちなみに先月、もうひとつの受精卵をお迎えに行きましたが、妊娠反応はあったもののhcgの数値が15しかなく、科学的流産になりました。

もうすぐ42歳。あと1年ぐらいは子作り頑張ってみようかな?

  関連記事はこちら

 - 妊活中の体験談

ページ
上部へ