妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

離乳食の時期が遅いと不安になる要因と解決策をご紹介

   

離乳食の時期が遅いと不安になる要因と解決策をご紹介

赤ちゃんに離乳食を食べさせる時期が遅いと、他の赤ちゃんと比べて成長が遅くなる心配もあるので不安に思ってしまいます。

あくまでも離乳食を食べさせる時期の平均が6ヶ月頃からなので、ミルクをたくさん飲んで元気に成長していれば問題ありません。

そこで離乳食の時期が他の赤ちゃんに比べて遅い時に、気になる心配と考え方について紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

旦那の会社へ連絡したい!電話のかけ方で注意するべき点

旦那の会社へ電話をかける時には、何か失礼があったら...

幼稚園で習い事をさせたい!早退させる時に気をつける事とは

子供には早くからいろいろなことを習わせた方が、飲み...

子供がチャイルドシートを嫌がる時にできる対処法

子供を連れて車で移動する時には、チャイルドシートを...

貧血が原因で子供が倒れる時の原因と改善策をご紹介

貧血は女性に多い症状と思われていますが、実際は子供...

子供の悩みは友達がいない!そんな時にできるアドバイスとは

子供を持つ親の悩みとして、子供が自分には友達が少な...

子供のための朝ごはんでおにぎりを作るのがおすすめな理由

子供の朝ごはんは毎日作らなければなりませんが、自分...

障害者が子供を産む時。その障害は子供に遺伝するのかどうか

知的障害者は親や兄弟など家系で多く見られる場合があ...

育児休業給付金は条件がある?前職の期間による条件とは

妊娠した時に育児休業給付金をもらうための条件として...

妊娠糖尿病の検査前に気を付けたい!血糖値を下げる食事とは

妊娠糖尿病になる妊婦さんは約10分の1と、近年増加...

高温期14日目に出血!その色が茶色の時に考えられるのはコレ

女性にとって生理周期は、体調やその他の変化を知るた...

夫に子供欲しがる心理になってもらうための秘策を教えます!

近年は、結婚したがらない男性、結婚しても子供を欲し...

5ヶ月で体重が6キロ?コツを覚えて育児の負担を軽減しよう!

生後5ヶ月と言うと、早い子だと寝返りが出来るように...

1歳7ヶ月の体重ってどれぐらい?重いと思う人必見です!

1歳7ヶ月と言うと外や水遊びが大好きで、そのエネル...

つかまり立ちから転倒!赤ちゃんの安全は大丈夫?そんな時の対策方法

赤ちゃんがつかまり立ちをするようになってくると心配...

離乳食後のミルク いつから減らしてあげないようにするか解説

生後半年ほどになると、それまで栄養の全てを母乳やミ...

婦人科・産婦人科の内診、実際はどんな検査?痛いのは何故かも解説

女性にとって、婦人科や産婦人科はなくてはならない場...

熱があっても元気なら幼稚園に行く?子供を休ませる時の判断基準

子供は大人よりも体温が高く、ちょっとの熱くらいじゃ元気に走り...

最近子供にアレルギー症状が出てる!対処法教えます!

最近になって子供にアレルギーではないかと思われる症状が出てい...

我が子の発達に遅れがある時の対策と保育園の選び方をご紹介

自分の子供がもしかしたら発達に遅れがあると感じた時...

赤ちゃんの呼吸が乱れて不安!原因と対処、病院へ行くタイミング

”呼吸”は生きる上でとても重要な行為。大人でも...

スポンサーリンク



離乳食の時期が遅いのは個人差があるので気にしない

離乳食を食べさせるのは生後6ヶ月頃からだと言われていますが、さらに昔は生後3ヶ月頃から食べさえていたこともあるようです。

時代の流れと共に育て方も変わってきますが、必ずしも生後6ヶ月から離乳食を食べさせなければいけないと言う訳ではありません。

言葉を話したり立ったりするのも個人差がありますが、離乳食を食べるのも個人差があるのでそれほど心配することはないでしょう。

ただ他の赤ちゃんと比べると成長に影響があるかもしれないと不安になりますが、離乳食を無理やり食べさせてもストレスが溜まるだけです。

赤ちゃんが自然と離乳食を受け入れてくれるようになるまでは、ミルクでしっかりと栄養補給はできるので、焦らずゆっくりと赤ちゃんの成長を見守りましょう。

生後6ヶ月からの離乳食はあくまでも平均的な時期なので、必ずしも会わせる必要はありません。

マニュアル通りにいかないのが子育てなので、赤ちゃんの成長に合わせて気楽に考えるようにしましょう。

離乳食の時期が他の赤ちゃんより遅いと成長に影響が出る?

離乳食を食べる時期が遅いことで心配になるのが、他の赤ちゃんに比べて成長が遅くなるかもしれないということです。

赤ちゃんの時期はほんの数ヶ月でどんどんと成長していくので、他の赤ちゃんよりも成長が遅いと心配になってしまいます。

離乳食を食べることができるのは、胃がしっかりと成長してきた証なので、ミルクしか飲めないのは成長が遅れているかもしれないと不安になります。

離乳食が少し遅れたからといっても成長にそれほど大きな影響がある訳ではありませんし、ミルクでも立派に栄養を摂取することができます。

離乳食では補いえない栄養をミルクから摂取するので、ミルクだけだと成長できないというのは誤りです。

成長するにしたがってだんだんと固形物を食べられるようになるので、あくまでも個人差があることは認識しておきましょう。

離乳食はあくまでも赤ちゃんの成長に合わせて食べさせることが大切なので、焦らず様子を見ながら与えることが大切です。

離乳食を食べる時期が遅いとアレルギーになりにくくなる

離乳食の時期が遅いので不安になることはありますが、早すぎても赤ちゃんには悪影響を与えることがあります。

赤ちゃんが離乳食を食べられるようになるには、胃がある程度しっかりと形成されていなければなりません。

赤ちゃんの胃はまだまだ小さいので、離乳食とミルクの両方を受け入れるとすぐにいっぱいになってしまいます。

胃に大きな負担が掛かると赤ちゃんにも悪影響となりますが、体が出来上がっていないうちに離乳食を食べさせると、アレルギーやアトピーになりやすいとも言われています。

体が出来上がっていないのにいろいろな栄養素を体内に入れると、体に合わなかったりしっかりと吸収できないため、体がアレルギー反応を示すことがあります。

特に両親のどちらかがアトピー体質だと、赤ちゃんにも影響を与える可能性も高くなります。

離乳食をワザと遅らせて与えることによって、内臓に負担を掛けないようにすることも必要です。

赤ちゃんによって離乳食の時期が違うのは当然のこと

赤ちゃんの成長は個人差があることは分かっていても、他の赤ちゃんと比べて成長が遅いと不安になってしまうものです。

元気に育ってもらえればいいと思っていますが、離乳食の時期が遅いと成長が遅くなると思ってしまうので、より不安を感じるようになります。

ミルクよりも離乳食の方がより多くの影響を摂取できるので、成長するには欠かせない食品です。

しかし肝心な赤ちゃんが離乳食を食べてくれないと意味がないので、無理やり食べさせても赤ちゃんは嫌がるだけでしょう。

赤ちゃんへの離乳食の平均は約6ヶ月ほどと言われていますが、中には1年間はミルクだけ与えている人も多くなっています。

アトピー対策や個人差をしっかり理解している人など、自分の赤ちゃんの体質に合わせて育児をしているので、他人の赤ちゃんと成長を争うことはありません。

いずれば離乳食をしっかり食べてくれるので、早い遅いはあまり気にせず気楽にいましょう。

無理に離乳食を食べさせようとすると親子共にストレスを感じる

離乳食の時期が遅いと不安になるので、無理にでも赤ちゃんに食べさせようとすれば、親子共にストレスを受けることになります。

赤ちゃんはミルクが欲しいのに、離乳食を無理やり食べさせようとすれば、次から必死に抵抗しようとするでしょう。

一度嫌だと思ってしまうとなかなか改善できないので、無理に離乳食を食べさせることはできません。

成長過程において自然と離乳食を食べるようになるので、赤ちゃんの成長に合わせて与えることが大切です。

また母親も赤ちゃんが離乳食を食べてくれないと、何で食べてくれないのかとストレスを感じるので、赤ちゃんに対して苛立ちを覚えてしまうかもしれません。

赤ちゃんには愛情を持って接しなければいけませんが、自分の思い通りに育児だできないとストレスを感じるようになります。

離乳食が遅いことでストレスを感じるのではなく、もっと気楽に考えれいれば、幸せな子育てができるようになるはずです。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82