ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

離乳食の時期が遅いと不安になる要因と解決策をご紹介

2017.9.12

赤ちゃんに離乳食を食べさせる時期が遅いと、他の赤ちゃんと比べて成長が遅くなる心配もあるので不安に思ってしまいます。

あくまでも離乳食を食べさせる時期の平均が6ヶ月頃からなので、ミルクをたくさん飲んで元気に成長していれば問題ありません。

そこで離乳食の時期が他の赤ちゃんに比べて遅い時に、気になる心配と考え方について紹介します。


離乳食の時期が遅いのは個人差があるので気にしない

離乳食を食べさせるのは生後6ヶ月頃からだと言われていますが、さらに昔は生後3ヶ月頃から食べさえていたこともあるようです。

時代の流れと共に育て方も変わってきますが、必ずしも生後6ヶ月から離乳食を食べさせなければいけないと言う訳ではありません。

言葉を話したり立ったりするのも個人差がありますが、離乳食を食べるのも個人差があるのでそれほど心配することはないでしょう。

ただ他の赤ちゃんと比べると成長に影響があるかもしれないと不安になりますが、離乳食を無理やり食べさせてもストレスが溜まるだけです。

赤ちゃんが自然と離乳食を受け入れてくれるようになるまでは、ミルクでしっかりと栄養補給はできるので、焦らずゆっくりと赤ちゃんの成長を見守りましょう。

生後6ヶ月からの離乳食はあくまでも平均的な時期なので、必ずしも会わせる必要はありません。

マニュアル通りにいかないのが子育てなので、赤ちゃんの成長に合わせて気楽に考えるようにしましょう。

離乳食の時期が他の赤ちゃんより遅いと成長に影響が出る?

離乳食を食べる時期が遅いことで心配になるのが、他の赤ちゃんに比べて成長が遅くなるかもしれないということです。

赤ちゃんの時期はほんの数ヶ月でどんどんと成長していくので、他の赤ちゃんよりも成長が遅いと心配になってしまいます。

離乳食を食べることができるのは、胃がしっかりと成長してきた証なので、ミルクしか飲めないのは成長が遅れているかもしれないと不安になります。

離乳食が少し遅れたからといっても成長にそれほど大きな影響がある訳ではありませんし、ミルクでも立派に栄養を摂取することができます。

離乳食では補いえない栄養をミルクから摂取するので、ミルクだけだと成長できないというのは誤りです。

成長するにしたがってだんだんと固形物を食べられるようになるので、あくまでも個人差があることは認識しておきましょう。

離乳食はあくまでも赤ちゃんの成長に合わせて食べさせることが大切なので、焦らず様子を見ながら与えることが大切です。

離乳食を食べる時期が遅いとアレルギーになりにくくなる

離乳食の時期が遅いので不安になることはありますが、早すぎても赤ちゃんには悪影響を与えることがあります。

赤ちゃんが離乳食を食べられるようになるには、胃がある程度しっかりと形成されていなければなりません。

赤ちゃんの胃はまだまだ小さいので、離乳食とミルクの両方を受け入れるとすぐにいっぱいになってしまいます。

胃に大きな負担が掛かると赤ちゃんにも悪影響となりますが、体が出来上がっていないうちに離乳食を食べさせると、アレルギーやアトピーになりやすいとも言われています。

体が出来上がっていないのにいろいろな栄養素を体内に入れると、体に合わなかったりしっかりと吸収できないため、体がアレルギー反応を示すことがあります。

特に両親のどちらかがアトピー体質だと、赤ちゃんにも影響を与える可能性も高くなります。

離乳食をワザと遅らせて与えることによって、内臓に負担を掛けないようにすることも必要です。

赤ちゃんによって離乳食の時期が違うのは当然のこと

赤ちゃんの成長は個人差があることは分かっていても、他の赤ちゃんと比べて成長が遅いと不安になってしまうものです。

元気に育ってもらえればいいと思っていますが、離乳食の時期が遅いと成長が遅くなると思ってしまうので、より不安を感じるようになります。

ミルクよりも離乳食の方がより多くの影響を摂取できるので、成長するには欠かせない食品です。

しかし肝心な赤ちゃんが離乳食を食べてくれないと意味がないので、無理やり食べさせても赤ちゃんは嫌がるだけでしょう。

赤ちゃんへの離乳食の平均は約6ヶ月ほどと言われていますが、中には1年間はミルクだけ与えている人も多くなっています。

アトピー対策や個人差をしっかり理解している人など、自分の赤ちゃんの体質に合わせて育児をしているので、他人の赤ちゃんと成長を争うことはありません。

いずれば離乳食をしっかり食べてくれるので、早い遅いはあまり気にせず気楽にいましょう。

無理に離乳食を食べさせようとすると親子共にストレスを感じる

離乳食の時期が遅いと不安になるので、無理にでも赤ちゃんに食べさせようとすれば、親子共にストレスを受けることになります。

赤ちゃんはミルクが欲しいのに、離乳食を無理やり食べさせようとすれば、次から必死に抵抗しようとするでしょう。

一度嫌だと思ってしまうとなかなか改善できないので、無理に離乳食を食べさせることはできません。

成長過程において自然と離乳食を食べるようになるので、赤ちゃんの成長に合わせて与えることが大切です。

また母親も赤ちゃんが離乳食を食べてくれないと、何で食べてくれないのかとストレスを感じるので、赤ちゃんに対して苛立ちを覚えてしまうかもしれません。

赤ちゃんには愛情を持って接しなければいけませんが、自分の思い通りに育児だできないとストレスを感じるようになります。

離乳食が遅いことでストレスを感じるのではなく、もっと気楽に考えれいれば、幸せな子育てができるようになるはずです。

 - 子育てのお悩み