妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

ふつふつとした怒り!家事育児はしない旦那が二人目が欲しいと言うので

   

ふつふつとした怒り!家事育児はしない旦那が二人目が欲しいと言うので

30歳/主婦

只今、第二子妊娠7ヵ月になりました。

上の子を出産し、へとへとの身体で慣れない育児を開始した直後から、呑気な旦那は「こんなに可愛いなら早く二人目がほしいな〜」と言っていました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員は産休で手当がもらえる?優遇される公務員の実態とは

公務員が産休を申請する時は、手当てについてはどのよ...

5人家族の生活費が50万円を超える?家計を見直すべきポイント

家族3世代5人家族で生活をしている家族にとって、生...

排卵期の症状《胸の痛み》は正常?そのメカニズムと緩和術!

女性ならば、”胸の違和感””胸の痛み”等を感じると...

赤ちゃんもお風呂に入る?1ヶ月目のお風呂で注意する点について

生後1ヶ月前後になると、病院から「1ヶ月検診」を受...

諦めないで!障害者でも結婚や出産している人はいます!

障害者だから結婚して出産してというのは高望みであり、実現化し...

胃腸炎だけじゃない?子供の嘔吐のみの症状について解説

下痢や嘔吐や吐き気、腹痛などが主な症状である胃腸炎...

生理予定日に少量出血があり、すぐに止まるのは妊娠の可能性有り

生理予定日に出血があると、妊活中の人はがっかりしま...

安定期である妊娠中期に出血が続く!その原因と対処法

妊娠5ヶ月に入る16週から妊娠7ヶ月終わりの27週までを指す...

前駆陣痛が痛い!眠れない!そんなときの対処法をご紹介します

体験して初めてわかる、出産の痛み。本陣痛の前に...

排卵注射で体温上がらない?注射と基礎体温と不妊治療の関係

不妊治療をしている方の中には排卵誘発剤を注射して、...

排卵日はどう知ればいい?月経周期が長い人の周期の改善方法

妊活をしている人で、一番重要な日は排卵日です。通常...

排卵日なのに基礎体温が下がらない時!排卵の有無の確認方法

妊活中の女性にとって、排卵日を確認のために、基礎体...

赤ちゃんは動画で英語を覚える?オススメの英語教育をご紹介

赤ちゃんに動画で英語を学ばせるやり方を取っているマ...

3ヶ月の赤ちゃんが体重増加しないのは完母の限界かもしれません

3ヶ月の赤ちゃんの体重増加はすさまじく、平均で生ま...

3ヶ月の赤ちゃんが咳き込む原因と対処方法!病院受診の目安も

3ヶ月の赤ちゃんと言えば、ママからの免疫があるため「病気...

3ヶ月以下の赤ちゃんが咳き込む!その原因と対処法!

お腹の中で守られながら少しずつ大きくなって、ようやく外の世界...

仮病で学校を休む理由と、そんな子供への対処法!

朝になると起きられないとか、頭が痛い、お腹が痛いなどと言って...

子宮のあたりがちくちく痛い。排卵後の下腹部痛について解説

排卵後の子宮の痛み。もしもあなたが今妊娠を望んでいるのであれ...

赤ちゃんが動画を見て笑う!赤ちゃんウケする動画について解説

赤ちゃんの笑う声って、本当に癒されますよね。ついこ...

陣痛の促進剤 ― 経産婦だからこそ知っておきたい促進剤のこと

陣痛促進剤について、どんなイメージを持っていますか...

スポンサーリンク


家事育児は手伝わず二人目を欲しがる旦那

もともと家事などの手伝いは一切しない旦那。は?こっちは毎日ボロボロの身体で一人で家事育児やっているんですけど、最早二人目?今の子の世話も充分にしてくれないのに?とふつふつと怒りを感じていた私。

その後も、実家は遠く頼れる存在が近くに無いこともあり、一人で一心不乱に育児に取り組む私を尻目に、「二人目を作りたい」と度々発言していた旦那。

もちろんそれどころではない私は華麗にすべてスルーしておりました。でも上の子が2歳を過ぎてから旦那の要求も強くなり、挙句の果てには「○○(第一子)を一人っ子には絶対にしたくない!一人っ子でいいというなら離婚する!」とまで言い出す始末…。

自分が3人兄弟なこともあり、もともとは子供は3人を希望していた旦那。対して私は一人っ子で、兄弟がいなくても幸せに暮らしてきたし、また兄弟がほしいと思ったこともありませんでした。

旦那の発言は、私の生い立ち自体も否定する、まるで元も子もない言い分でもちろん喧嘩に発展。最終的に旦那は離婚するなど本気ではなく、自分がそれほど強く思っている、ということを私にわかってほしかったそうなのです。

兄弟の存在も必要かもしれないと思いはじめ

私も自分たちが老いた時のこと考えて、一人くらいは兄弟がいたほうが良いのかもしれないと思いました。

私も兄弟がいないことで寂しいと思ったり、損をしたと思ったりしたことは一度もないけれど、これからもっと親の老いが進み、介護の問題などが出てきたとき、すべて一人で対応し考えていかなければならない。

そんなことを思うと、やはり大人になってからも兄弟の存在というのは必要になってくるのかもしれない、と私も思うようになってきました。

その頃には息子も大分手が離れてきて、おしゃべりも上達し、やっと会話が成立するようになりとても育児がスムーズに…!!

私も一日のうち少しばかり余裕が出来、趣味に興じることが出来ていました。

二人目を作る条件を旦那に提示した

さらに卒乳したことによって自分自身の身体もやっと少しずつ妊娠前の状態に戻り、私も本調子に戻ってきたころ、旦那に「二人目、私もそろそろ作ってもいいと思う。だけど今までみたいに家事育児してくれない状態ではとてもじゃないけど二人は無理だから!ちゃんと助けてね」と話をし、旦那も了解。

それから間もなく第二子を授かることが出来ました。何もしなかった旦那も少しづつ家事育児に参加してくれるようになり、上の子と一緒に私のお腹に向かって話しかけている姿がとっても微笑ましいです。

産んでからは想像するのも怖いくらい忙しくなりそうですが、残り少ないマタニティライフを満喫したいと思います♪

  関連記事はこちら

 - 出産後の体験談

ページ
上部へ