ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

子供の悩みは友達がいない!そんな時にできるアドバイスとは

2017.9.20

子供を持つ親の悩みとして、子供が自分には友達が少ないことやいないことを悩んでいたとすれば、どうやってアドバイスすればいいか悩んでしまいます。

友達は親が手助けして作れるものではないので、自分でコミュニケーションをとって友達を作るしかできます。

子供が友達のことで悩みを持った時に、親ができることについて紹介します。


友達がいない悩みを子供が抱いたら楽しめることを見つけさせる

子供が友達がいないことを悩みとして抱くようになったら、子供には自分が楽しめることを見つけなさいとアドバイスしましょう。

人はいろんなことで悩みますが、悩んでいる人のことを好きになる人は少ないですし、自分からは遠ざけてしまうこともあります。

自分が友達として一緒にいたい人というのは、明るくていつでも一緒にいる時に楽しめる友達が良いと思うはずです。

友達がいないことを悩んでいる状態では、きっと他の人がいてもずっと悩み続けてしまうでしょう。

悩んでいる人に近づく人は少ないですし、友達がいないことに悩んでいるとは誰も思いません。

そこで子供には自分が楽しめることを見つけるようにアドバイスすれば、自然と笑顔が出てくるようになります。

楽しく笑顔が多い人の周りには自然と人が集まってくるので、友達がいない悩みを持っていても、明るくしていることで相手の方から寄ってきてくれるでしょう。

子供の悩みが友達がいないことならイベントに参加させてみる

子供がどうしても友達がいないことで悩んでいるようならば、イベントやスポーツクラブなどに参加させてみましょう。

友達の作り方は親が教えることではなく、自分で自然と学ぶことが大切です。

親が教えた所で上手く友達ができたとしても、これから先自分で友達が作れなければまた一人になってしまいます。

そこで地域でやっているイベントやスポーツクラブなどに子供を参加させて、協調性を磨くようにさせます。

友達ができない悩みであれば、友達を作りたいと思っているので、きっかけさえあれば友達を作ることができるはずです。

イベントやスポーツクラブでは学校とや違うので、ある目的を持った子供たちが集まります。

同じ目的を持った仲間であれば気持ちも通じ合いやすいので、自然と会話をするようになって友達になれます。

友達とは自然に一緒になれるものなので、きっかけを与えるために学校以外のイベントなどに参加をさせてみましょう。

友達がいない悩みを持った子供には積極的に行動するよう伝える

自分の子供に友達がいないことが悩みだと言われた時には、自分から積極的に行動することが大切だと伝えましょう。

友達になりたいと思う人がいれば、自分から積極的に話しかけることによって、相手との距離を縮めることができます。

子供は相手の気持ちや空気を感じることは苦手なので、たまたま機嫌が悪い時に声を掛けてしまうこともあるでしょう。

機嫌が悪ければ相手にそっけない態度をされるので、自分が嫌われていると思い込んでしまい、次からは自分から声が掛けられなくなってしまいます。

しかし自分が嫌われているかどうかは、自分が勝手に思い込んでいるだけなので気にしないことです。

友達を作りたければ自分から積極的に話しかけて行動することで、自分と気が合う相手を見つけることができます。

全員と仲良くなることは難しいですが、その中の数人とだけ仲良くなれればいいので、とにかく積極的に行動して仲の良い人を見つけるように伝えましょう。

友達がいない悩みは自分で解決するしか方法はない

友達を作る方法は自分で話し掛けたり、相手から話し掛けてきた時にしっかりと対応することで、友達になるきっかけを作ることができます。

友達を作るのは自然と相手と会話しているうちに、自分と気が合うことで話す回数も多くなり、友達になっていくのです。

子供が友達がいないことが悩みだと分っていても、親は何もしてあげることはできません。

できることは子供に自分から積極的に話し掛けなさいと言うくらいしかできないので、後は子供が自分から行動できるかどうかです。

誰でも始めは知らない人と話すのは不安が多いですが、不安に思っても話しかけてみれば、不安なこともすぐに吹き飛んでしまうでしょう。

子供も自分で積極的に行動することによって、だんだんと不安な気持ちもなくなっていきますし、友達の作り方も自分で覚えられるようになります。

子供は自分で解決しなければいけない問題なので、親として温かく見守ってあげましょう。

1人でもいいので友達と呼べる人を作る努力を促す

友達の多さがその人の人気とは限りませんが、友達が多いほど楽しい時間を共有する相手ができます。

子供にとって友達がいないことが悩みの場合、たくさんの友達を作る必要はなく、たった一人でもいいので友達と呼べる相手を作る努力をさせてみましょう。

自分が何も行動しなければ友達を作ることはできないので、子供は自分で行動する大切さを学んでいきます。

そして積極的に話しかけることによって、自然と友達と呼べる対手ができてくるものです。

子供にはたくさんの友達よりも、一人でもいいので友達と呼べる人を作るように伝えましょう。

友達は人数の多さではなく、友達と言える相手がいるかどうかが重要なのです。

友達は一生付き合うことができる相手でもあるので、自分が信頼できる友達ができれば、この先もずっと付き合いを続けられます。

たくさんの友達を作ろうと思えば大変なので、一人でもいいので友達を作る努力をすれば、自然と友達も増えていくものです。

子供に友達ができて楽しい時間を過ごせる仲間ができることを願っています。

 - 子育てのお悩み