ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

貧血が原因で子供が倒れる時の原因と改善策をご紹介

2017.9.20

貧血は女性に多い症状と思われていますが、実際は子供でも貧血によって倒れることもあるので深刻です。

貧血になる原因は栄養不足によって鉄分が不足する以外にも、血流の流れによる影響によって脳貧血を起こして倒れてしまうこともあります。

子供の栄養はしっかり考えていますが、栄養面以外で子供が倒れる原因と改善策について紹介したいと思います。

 

貧血で子供が倒れる原因は脳貧血が多い

子供が貧血で倒れる原因として多いのは、鉄分不足による貧血よりも、血流の流れによって起こる脳貧血が多いです。

脳貧血の原因で多いのは睡眠不足ですが、子供も睡眠不足によって脳貧血を起こすことも多いです。

学校の朝礼で貧血で倒れてしまう子供の多くは、前日の寝不足が原因で倒れてしまうことも多いです。

脳貧血になるとめまいや立ち眩みなどの症状が出やすいですが、座っている状態から急に立ち上がると貧血によって倒れてしまいます。

脳貧血は脳へ流れる血液が一時的に弱くなることで起きますが、脳が酸欠状態となって立ち眩みなどの症状が出てしまうのです。

子供も夜遅くまで起きていたりゲームなどをしていると寝不足になるので、毎日しっかりと睡眠時間を確保することが大切です。

脳貧血の解決策は十分な睡眠時間を確保することが大切なので、まずは生活習慣から見直してみましょう。

脳貧血で子供が倒れるのは寝不足の可能性がある

脳貧血の原因として考えられる睡眠不足は、大人でも子供でも多くの人がなりやすい症状と言えます。

貧血で倒れる子供も自分が睡眠不足だと認識していないことも多く、毎日の生活習慣が睡眠不足が当たり前の状態になっているのかもしれません。

人は習慣化されてくるとその状況に適応しようとするので、睡眠不足が当たり前になってくると体も慣れようとします。

しかし睡眠をしっかりとることは体には大切なことですし、特に成長期の子供にとっては十分な睡眠は欠かせません。

睡眠不足は親がしっかりと子供の睡眠時間を確保させることが大切なので、貧血によって倒れるようになったら、毎日の生活習慣を見直してみるきっかけにしましょう。

子供は8時間以上の睡眠時間は必要なので、しっかりと睡眠がとれるように夜更かしをさせないなど、対策を立てることが大切です。

子供が貧血で倒れる時の対処法は足を高くして安静にする

子供が貧血で倒れてしまえば、親とすればどうすればいいか焦ってしまいます。

貧血で倒れる時の原因は鉄分不足か脳貧血によることが多いので、普段から健康診断で問題ないとすれば、脳貧血の可能性が高いです。

脳貧血によって倒れるのは立ち眩みやめまいを起こしてしまうことなので、とにかくその場で安静にさせることが大切です。

できれば横になって安静な状態にし、足を心臓よりも高く上げることで脳への血流を良くします。

脳貧血は急に立ち上がった時に脳への血流が弱くなることによって、低酸素状態となることが原因で立ち眩みやめまいの症状が出てしまいます。

そのため少しでも脳へ血流を正常に流すためにも、足を高くすることで血流を良くするのです。

立ち眩みやめまいがした時には無理に立ち上がらずに、症状が治まるまで安静にすることが大切です。

大体5分ほど安静にしていれば症状も治まってくるので、慌てず安静にさせるようにしましょう。

子供は筋力不足によって脳貧血になることもある

脳貧血な脳への血流が弱くなることで起こる症状ですが、脳貧血で子供が倒れる時の原因は筋力不足も考えられます。

人の体の中には血液を送り出すポンプの役割をする心臓がありますが、心臓だけの動きで血液を循環させることは大変です。

そこで心臓の役割を補助するために、ふくらはぎの筋肉の収縮によって、血液を循環させるポンプの役割を補っているのです。

足の筋肉は思っているよりも強いので、ふくらはぎの筋肉が収縮することによって、体の下から上へと血液を送り出すことができるのです。

子供はまだ筋肉が発達していないので、ふくらはぎが血流を押し出す効果が弱い可能性があります。

そのため体が弱い子供が貧血になりやすいのは、ふくらはぎが血流を上手く押し出せないことによって、血流の循環が上手くいかずに貧血を起こしてしまうことが考えられます。

普段から元気に遊ばせることで筋力アップできるので、脳貧血を防ぐことにも繋がります。

脳貧血は自分たちで予防改善ができる

脳貧血になるのは健康的な子供でもなり得るので、普段から元気に遊びまわっている子供でも貧血で倒れることはあります。

寝不足や筋力不足が原因で脳貧血を起こすこともあるので、毎日の生活習慣を見直すことが大切になってきます。

寝不足は親がしっかりと生活リズムを改善させることが大切ですし、筋力不足による症状はなるべくゲームで遊ばせず、外に連れ出して遊ぶようにすることが大切です。

子供らしくよく寝てよく遊ぶことによって、元気な子供に育つことができるのです。

貧血で倒れてしまうと体が弱いからだと心配になってしまいますが、元気な子供でも寝不足によって貧血を起こすこともあります。

ちょっとした体への悪影響によって体調に異変が起きることもあるので、毎日の生活習慣をしっかりとチェックすることが大切です。

子供の脳貧血は自分たちで改善させることができる症状なので、焦らずゆっくりと改善させるように子供と向き合っていきましょう。

 - 子供の健康・病気のお話し