妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

これで安心♪HCGの注射で妊娠した人が多い理由

      2017/08/03

これで安心♪HCGの注射で妊娠した人が多い理由

日々の夜の行いを普通にしていれば、すぐ妊娠するものだと考えていた、という人は多いのではないでしょうか?

妊娠したのかな?と思っても検査薬はいつも陰性。

基礎体温をつけ始めたり色々調べてみても、妊娠の気配がありません。

不安な人向けに不妊治療やアドバイスを行っている産婦人科は多いですが、あなたはHCG注射の効果について聞いた事はありますか?

排卵誘発剤のひとつとして不妊治療で使われているHGC注射ですが、効果が気になる人は多いと思います。ここでは、HCG注射の効果にスポットをあてていきたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

産後の入院中のパジャマ選びは?機能性を考えたパジャマの選び方

無事出産を終えた後は退院までゆっくりしなければいけませんが、...

夜中のオムツ替えの時に大泣きする理由と解決策

赤ちゃんの夜泣きはストレスも溜まりますが、夜中にオムツ替えを...

【ママ必見】完母とミルクの違いを気にする必要が無い理由!

赤ちゃんが生まれてから、多くのママたちが悩むという問題。 ...

完母やミルクでなぜ吐くの?赤ちゃんが吐き出してしまう要因とは

赤ちゃんを完母で育てたりミルクと併用しているなど、人によって...

生後9ヶ月の赤ちゃんの離乳食とミルクの時間の間隔とは

生後9ヶ月ともなると動き回って目が離せなくなりますし、何でも...

ママ友とのランチ会で持ち寄りが不安な方へのアドバイス!

子供の通う幼稚園や保育園などで出会ったママ友たち。 親...

産後の痛みは何が原因?痛み止めの座薬は使ってもいいものなのか

出産を控えた女性には、心配事が沢山あります。 どの出産...

妊娠中なのに生理くるのは何故?月経様出血と毎月の生理との違い

妊娠中には生理はこないもの、とされています。 しかし、...

内診後に出血!?こんな時はお風呂に入っていいものなのか

妊婦健診で必ず行われる内診は、恥ずかしいだけでなく、実際に痛...

内診による出血?それとも異常出血?血の塊が出た時は要注意!

妊娠した女性にとって、定期検診とその際に行われる内診は、どう...

13週のエコー、4Dなら赤ちゃんの性別や顔、異常はわかるか

通常、妊娠12〜13週以降になると、それまでの妊娠検査で行わ...

シングルマザーで子供3人は生活が大変?家計の解決法教えます!

離婚によりシングルマザーとして子供3人と再出発、頑張ろうと思...

生後3ヶ月の赤ちゃんの体重増加とミルクの与え方

赤ちゃんが生後3ヶ月の頃になると徐々に体を動かすこともできる...

生後4ヶ月目の赤ちゃんの体重増加と成長の目安

生後4ヶ月の赤ちゃんの成長スピードは目を見張るものがあるので...

生後2ヶ月の赤ちゃんの体重が増えない要因と対策

赤ちゃんが生後2ヶ月になると成長にも個人差が出てくるので、ミ...

子供の友達を家に入れない?家に招待したくない理由や心理とは

自分の子供が友達を家に連れてくることもありますが、できれば友...

夜中のオムツ替えの時には電気をつけない方が良い理由と対策

赤ちゃんのオムツ替えを夜中にする時に、注意しなければいけない...

妊娠中の仕事の服装を選ぶときに注意したいことをご紹介!

妊娠中でも、お仕事に行く期間というのはありますよね? ...

子供がかわいいのはいつまで?年齢別で違いかわいさとは

自分の子供はいつまで経ってもかわいいと思うものですが、ある年...

育児をするのは大変!保育園に預ければ楽になる理由とは

子供の育児は大変なことですが、保育園に子供を預けている時は精...

スポンサーリンク



妊娠した!との報告の多いHCG注射を使うとき

日本語ではヒト絨毛性性腺刺激ホルモンと紹介されているのがHCGです。

HCGの注射は不妊の治療では一般的で、たくさんの病院で使われていますが、その目的は主に2つあります。

排卵を手助けするのが目的の場合は排卵前に注射します。不妊の想定される原因が排卵を自力でスムーズにできない人の場合に有効です。

排卵後に注射する場合は黄体ホルモンの補充が目的で、黄体ホルモンの量が少なくて機能不全を起こして不妊の原因になっている場合に有効です。

排卵後、黄体ホルモンの量が妊娠継続には厳しい条件の場合に、HCG注射が使われます。

両方とも妊娠には必要不可欠なので、どちらかの場合にHCG注射を用いるケースがたくさんあります。

妊娠した理由はHCGの効果的な注射にありました

妊娠をアシストするHCG注射には2つの働きがあります。妊娠するための第一歩は排卵です。

妊娠のために避けられない過程ですので、一番優先することは卵胞を大きく育てて排卵させることです。

排卵直前のHCG注射は大きく成長した卵胞を100パーセント排卵に結びつけるために使います。

HCG注射は注射後1日から1日半以内に排卵が促されるので、その時間に重なるようにすると妊娠する可能性が高くなります。

次のステップは、着床し妊娠が成り立った受精卵を、きちんと維持させることです。

労力をかけた受精卵が子宮内膜に着床し妊娠することが叶っても、それをキープさせない事には無意味です。

とても多くのケースで妊娠がキープできないので、排卵が終わったタイミングで注射を行って黄体ホルモンを人工的に補足して妊娠をキープしやすくします。

妊娠した!流産防止にもHCGの注射が効果的

黄体ホルモンの分泌を活発化させる働きがHCGにはあります。

黄体に刺激を与えて、普通は2週間前後で消える黄体を長持ちさせ、生理がスタートするのを防止するため、流産率を下げる結果になるのです。

具体的には妊娠初期の切迫流産、妊娠初期に繰り返される習慣性流産にブレーキをかける役割があります。

受精卵の着床を考えれば都合がいいことのひとつに、HCGが体内に一定期間注射をした後に残ることがあげられます。

卵巣に作られる黄体からの女性ホルモンの分泌を滑らかにして、それにより子宮内膜が着床しやすくなって、流産しずらい状態にしてくれる効き目があることがわかっています。

このように、HCG注射は妊娠願望のある人達にとって、頼もしいバックアップをしてくれる薬のひとつになっています。

HCGの効果はどれくらい?知っておくべき予備知識

HCG注射で排卵後は妊娠できたか心配だとは思いますが、妊娠検査薬を利用してチェックするまえに知っておいたほうがよいことがあります。

というのは、妊娠すると体の中に注射と同じ名前のHCGというホルモンの分泌量が増えてきます。

尿中のHCGホルモンの分泌量を基準に検出して調べる薬なので、排卵の前もしくは後にHCG注射を行っていた場合、注射で増加したHCGホルモンに妊娠検査薬が反応してしまい、妊娠していなくても陽性反応がでる時があるのです。

そういう理由から、早すぎる妊娠検査薬の利用でぬか喜びにならないように注意が必要です。

HCG注射の効果の持続期間が気になるところですが、1週間前後がひとつの目安になります。

検査薬を使うにしてもそれくらいの期間は待つ必要があるということですね。

知っておきたいHCG注射と一緒にやるべきこと

いかがでしたか?HCG注射について話してきましたが、最後に一つだけご紹介したいのが、葉酸サプリに関してです。

出産前後を含め妊娠中に一番大事な事は、健やかな赤ちゃんが生まれてくる事ですが、重要なのは葉酸サプリをしっかり飲む事なんです。

HCG注射を心から検討中の方なら、ずっと前から重要さをイメージしているかもしれません。

葉酸サプリは子どもが欲しい女性は率先して飲むようにと、厚生労働省が推奨に力を入れています。それくらい必要不可欠で、これだけは少なくとも飲み始めたほうがいいものなんです。

なぜそうなるのかと言えば、葉酸サプリを意識的に飲むだけで、赤ちゃんに先天性異常が発症するリスクを7割も減らしてくれるからなんです。

妊娠したいと思ったら、子供の為に一番最初にやるべきことが、葉酸サプリをしっかり飲むことです。子供が欲しいと思ったときが葉酸サプリを飲み始めるのに最適なタイミングなんです。HCGとあわせてしっかり活用していきましょう。

  関連記事はこちら

 - 妊活中のお役立ち情報


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82