妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

脳出血の原因は?子供の症状で分かる病気のリスクとは

   

脳出血の原因は?子供の症状で分かる病気のリスクとは

脳出血の原因は様々な要因がありますが、子供の時は外傷性の要因よりも先天性による原因が多くなります。

生まれた時から脳の血管に異常があると、脳出血を起こしやすい常態となりますし、奇形があることでいろいろな部分の影響をきたす恐れもあります。

そこで子供の脳出血の原因と、子供への病気リスクについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク



子供が脳出血になる原因は先天性によるものが多い

脳出血には様々な要因が考えられますが、子供の脳出血の場合には先天性による原因が多くなります。

先天性による原因のひとつに、血管の奇形によって正常な働きをしないことによって、様々な部位に影響することです。

脳には動脈と静脈が通っていますが、この血管の奇形によって毛細血管を介さずに繋がってしまうこともあります。

すると本来ならば血管から無数に出る毛細血管によって、いろいろな部位に血液が流れますが、毛細血管を介さないことで血液の流れも変わってきます。

そして直接繋がった血管は本来の血管の形ではなく、拡張や蛇行を繰り返した塊となった奇形となってしまいます。

毛細血管の働きは血管が細いため抵抗が大きいので、動脈と静脈の間に入って圧力を調整する役割も担っています。

その毛細血管がなくなると圧力のかかった血液がそのまま流れるので、血管が破裂しやすくなって脳出血を引き起こしてしまうのです。

子供の脳出血の原因でもある血管異常は治療できる

脳出血を起こしやすい脳の血管の奇形ですが、先天性によるものなので防ぐことはできません。

親としては子供に対して罪悪感があるかもしれませんが、こればかりは仕方ないので、しっかりと治療をすることを考えましょう。

脳出血の原因となる先天性の血管の奇形ですが、しっかりと治療をすることができるので、長い目で治療に専念しましょう。

毛細血管が欠損していることによる奇形なので、子供の時に発症することもあれば、大人になってから脳出血を起こすこともあります。

脳出血の治療に関しては手術による治療と薬による治療があるので、担当医と相談することになります。

どちらにせよメリットとデメリットがありますが、先天性の場合には内科的と外科的な治療に分けて考えることが多いです。

脳出血を起こした時のダメージは軽減できませんが、病気リスクを考えて治療することでリスクを減らすことはできます。

脳出血の原因で子供が頭を打った時はくも膜下出血の可能性あり

子供が脳出血を起こす原因としては、先天性によるものが考えられますが、時には頭をぶつけたことによる後天性の原因も考えられます。

子供が小さい時は頭をぶつけても痛いと言って泣くだけなので、親がしっかりとケアをしておかないと、内部出血をしていても気づきにくいこともあります。

転んだお時に頭をぶつけても、親には黙っていたり痛みをこらえるようにしつけていれば、頭が痛くても話してくれないこともあります。

すると脳内で出血を起こしてくも膜下出血になることもあります。

脳出血を起こした時は頭痛だけでなく、めまいや吐き気などの症状を引き起こすこともあるので、子供が頭をぶつけた後に症状が出たらすぐに診察が必要です。

子供はまだ頭蓋骨も丈夫ではないので、硬い場所に頭をぶつけると脳出血を起こしやすいので、子供の様子がちょっと気になった時はしっかりとケアをしましょう。

子供の時ではなく大人になってからも発症することもある

子供の脳出血の原因となるのは先天性の血管の奇形による場合が多いですが、血管の形というよりは毛細血管が欠損していることが問題となります。

静脈と動脈の血管が毛細血管が欠損していることで繋がってしまい、圧力の高いまま血液が流れてしまいます。

各毛細血管に血流が分散することで血液の勢いが弱まりますが、毛細血管がないことによって血流の勢いが強くなりすぎてしまうのです。

そのため血管がダメージを受けてしまうことで脳出血を起こしますが、脳出血を起こすのがいつになるかは分かりません。

子供のうちに脳出血を起こすこともあれば、大人になってからも発症する可能性もあります。

脳への血流によって状況も変わってくるので、血圧が高くなるほど脳出血を引き起こしやすくなります。

大人になると血圧も高くなりがちなので、常に健康に気をつけておく必要があります。

場所によっては後遺症が残るが向き合うことが必要

脳出血の怖いところは出血するのは仕方なくても、ダメージを受けたら回復しないということです。

子供の脳出血の原因として先天性によるものであれば、脳出血をしないように手術か薬での治療となります。

血圧を上げないことと血液をサラサラにしておくことで、血圧を低く保つことができれば血管へのダメージも少なくなります。

いつ血管が破れて脳出血を起こすか分かりませんが、出血場所によっては脳がダメージを受けていまうので、後遺症が残る危険性もあります。

運動機能や言語障害など、脳にはいろいろな働きがありますが、ちょっとしたダメージでいろいろな後遺症が出てしまいます。

脳出血を起こさないことが大切ですが、脳出血を起こした後も手術か薬での治療を続けて、後遺症を何とか克服することが必要です。

時間と根気も必要となりますが、子供には親の助けが必要不可欠なので、病気としっかりと向き合うことが大切です。

  関連記事はこちら

 - 子供の健康・病気のお話し

ページ
上部へ