妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

育児休業給付金は条件がある?前職の期間による条件とは

      2017/09/20

育児休業給付金は条件がある?前職の期間による条件とは

妊娠した時に育児休業給付金をもらうための条件として、前職で働きた期間が大きく関わってきます。

育児休業給付金をもらうことで給料保証がない会社であっても、安心して休業することができますが、しっかりと条件を満たしていなければいけないので注意する必要があります。

そこで育児休業給付金をもらうための条件について紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク



育児休業給付金をもらう条件は前職の雇用保険期間が関係している

育児休業給付金をもらうための条件としては、前職で雇用保険に加入した期間が1年以上あることが条件となります。

また休業前の2年間で月に11日以上就労した期間が1年以上あることも条件となります。

つまり前職で働いていた時に、雇用保険に加入をして普通に1年以上勤めていれば、基本的には条件を見たることができるということです。

多くの人は月に11日以上は出勤しているはずなので、1年以上通算して働くことが大きなポイントとなるでしょう。

これは雇用保険のある会社に勤めてすぐに妊娠したので、育児休業給付金をもらおうとする人がいますが、悪用して働かずに育児休業給付金をもらおうとする人を区別するためです。

1つの仕事で1年以上続けて働かなかった人にとっては、通算して1年以上の雇用保険があれば大丈夫なので、条件をしっかりと確認することも大切です。

育児休業給付金は前職の条件によってはもらえないこともある

育児休業給付金をもらうための条件は、前職で雇用保険に加入していた期間が1年以上あることです。

また11日以上出勤した月が1年以上あることが条件となるので、この2つのポイントをしっかり把握しましょう。

育児休業給付金がもらえない時は、11日以上出勤をしていない月が1年未満の時ですが、これはほとんど条件を満たすことができるでしょう。

問題となるのが前職で1年以上雇用保険に加入して働くことですが、1年以内に転職する人もいるはずです。

その時に空白がなくすぐに次の日から転職すれば、何も問題なく雇用保険も通算してカウントすることができます。

しかし転職する前に失業給付の手続きをしてしまうと、雇用保険の資格が一度そこでストップするので、転職後には通算することができなくなってしまいます。

そのため前職で1年以上働いていたのに、失業保険の手続きをしたことによって、転職後すぐに妊娠したのに育児休業給付金がもらえないことになってしまうので注意しましょう。

育児休業給付金の条件を満たすため前職の期間をしっかり確認する

女性にとっていつ妊娠するかは分からないので、自分が育児休業給付金をもらえる条件を満たしているか、チェックしながら生活している人はいないでしょう。

そのため自分のライフスタイルに合わせて転職をすることもありますが、前職から1年以上雇用保険に加入していなければいけないので、失業保険との兼ね合いでどちらがいいか考える必要があります。

もうすぐ結婚することが決まっていたり、結婚しているのであれば、失業保険をもらうよりも妊娠の可能性を考えて、すぐに働くことがおすすめです。

しかし独身の女性ならば育児休業給付金の条件を満たすよりも、じっくりと仕事を選ぶために、失業保険を申請した方がいい場合もあります。

自分の状況によって育児休業給付金をもらうための条件が満たされているか、前職から転職する時までにしっかりと考えておく必要があります。

育児休業給付金だけでなくその他の手当てももらえないこともある

普通に長く会社に勤めていれば育児休業給付金をもらうための条件は満たせますが、転職を繰り返す人にとっては前職からの条件を満たすことが必要になります。

しかしいつ妊娠するか分からないので、育児休業給付金のことを考えて転職する人は少ないでしょう。

そのため実際に転職してからすぐに育児休業給付金をもらおうとしても、条件が満たされていないということもあるので注意が必要です。

さらにタイミングが悪くなると、転職するためにハローワークに行って失業保険の申請をしたのに、ほどなくして転職先が決まってしまった時です。

転職先が決まったのにすぐに妊娠してしまうと、失業保険、再就職手当、育児休業給付金など、タイミングが悪いと各種手当がもらえない事態になってしまいます。

そのため妊活中の人や結婚している人にとっては、一応育児休業給付金のことを頭に入れて転職した方がいいかもしれません。

条件を満たすために空白期間を作らないことが重要

育児休業給付金をもらう条件としては、前職で1年以上の雇用保険に加入して働いた実績がなければいけません。

転職した時に1年働く前に妊娠してしまったら、育児休業給付金をもらうことができないので、通算して雇用保険に1年以上加入していればもらえるというものです。

そのため転職後にすぐに妊娠してしまったら、ほとんどの会社は給料保証はしてもらえないので、育児休業給付金に頼ることになります。

この時前職で雇用保険に加入しているのが条件ですが、重要なポイントは空白期間がないということです。

つまり転職するために会社を辞めた退職日の次の日に、転職先の会社で働いていれば、雇用保険が通算されているとみなされるのです。

多くの人は転職するためにハローワークに行ったり、再就職手当や失業保険をもらうかもしれませんが、手当をもらってしまうと通算されないので注意が必要です。

雇用保険のことを考えるのであれば、空白期間を作らない方がいいと言えます。

  関連記事はこちら

 - お金のお悩み

ページ
上部へ