ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

夜中のオムツ替えの時に大泣きする理由と解決策

2017.8.21

赤ちゃんの夜泣きはストレスも溜まりますが、夜中にオムツ替えをした時に赤ちゃんが大泣きすることもあります。

ただでさえ夜中のオムツ替えは大変で気を遣うのに、大泣きするとなかなか赤ちゃんが寝ついてくれないのでイライラしてしまいます。

そこで夜中のオムツ替えの時に赤ちゃんが大泣きする理由と解決策について紹介します。


夜中のオムツ替えで大泣きするのは不快感を感じている

赤ちゃんが夜中のオムツ替えの時に大泣きするのは、不快感を感じていることが考えられます。

赤ちゃんがぐっすりと寝ている時にオムツ替えをしたとしても、赤ちゃんが気づいてしまうと大泣きします。

誰でも寝ている時に起こされたら機嫌が悪くなりますし、睡眠には浅い眠りの時もあります。

赤ちゃんがぐっすり寝ているようでも、眠りが浅い時に刺激を与えてしまうと起きやすくなります。

もしくはおもらしをしたことで不快感を感じてしまい、大泣きしてしまったのかもしれません。

オムツによってはちょっと足を上げた時に漏れてしまったりすることもあるので、赤ちゃんのサイズに合っていない物を使っていると不快感を感じやすくなります。

しっかりとオムツが吸収してくれていないと、肌がジメジメして不快感を感じるので、赤ちゃんのサイズに合ったオムツを使うことも大切です。

夜中にオムツ替えをして大泣きする時は眠いので機嫌が悪い

赤ちゃんも体内時計が備わってくると、昼間に起きて夜寝るような生活バランスになろうとします。

すると夜中に起きた時には不快感を感じたり、眠いので機嫌が悪くなることも多くなります。

夜中のオムツ替えの時に大泣きするのは、赤ちゃんが眠いのに不快感を感じたことが要因のひとつとなります。

もしもおもらしをしていても不快感を感じないのであれば、赤ちゃんはぐっすりと眠りつづけることができるでしょう。

しかしおもらしによって不快感を感じたり、もしくはオムツ替えをするため起こしてしまった時は、眠いのに起こされたことによって不機嫌になります。

人間は眠い時に不機嫌になる人は多いですが、寝ることは人間の本能でもあります。

その眠りを邪魔されてしまえば赤ちゃんでも不機嫌になり、大泣きをしてしまいます。

できるだけ起こさないような工夫が必要となります。

夜中のオムツ替えで大泣きする時は試行錯誤していろいろ試す

夜中にどうしてもオムツ替えをしなければいけない時は、赤ちゃんが大泣きしないようにいろいろと工夫をすることが大切です。

基本的には夜中にオムツ替えをする時は、真っ暗な状態でオムツを替えます。

電気をつけてしまうと赤ちゃんが昼間と夜を勘違いしてしまうので、そのまま寝ないで起きてしまうこともあります。

また暗い部屋からいきなり明るくなれば、赤ちゃんは不快感を感じるのは当然なので、大泣きして抵抗します。

真っ暗な部屋の中でオムツ替えをするには、スマホや懐中電灯の明かりを上手く使います。

豆球の光も点けたくないので、赤ちゃんには真っ暗な状態でオムツ交換をするために、光は足元だけを照らすようにします。

赤ちゃんには光の刺激を与えないようにして、手早くオムツ交換をすれば不快感も少なくて済みます。

眠たい時にはできるだけ刺激を与えないように、工夫をしながらオムツ交換をしましょう。

赤ちゃんが寝ていたら起こしてまでオムツを替えない

毎日夜中のオムツ替えが習慣化してしまうと、赤ちゃんはまた起こされたと思って大泣きすることもあります。

赤ちゃんがおもらしをするのは当然ですし、そのためにオムツを履かせているのです。

オムツの性能によってはおしっこも数回分はしっかりと吸収してくれるので、夜中にわざわざ交換する必要もありません。

赤ちゃんのことを考えておしっこをしたらオムツ替えをした方がいいと思っているのであれば、逆に赤ちゃんに不快感を与えている可能性もあります。

夜中は誰でもぐっすりと眠っていたいので、オムツ替えのために起こされれば機嫌が悪くなるのは当然です。

夜中にオムツ替えをしているのが習慣化していたのであれば、オムツ替えをしないで様子を見てみましょう。

赤ちゃんが不快感を感じたら夜泣きをするので、泣いてから交換すればいいだけです。

ぐっすりと寝ているのであればオムツ替えの必要はないので、あえて交換しないことも考えましょう。

オムツ替えの時に泣くのは不快感があるので楽しませることが大事

夜中のオムツ替えをした時に赤ちゃんが大泣きをしてしまった時は、赤ちゃんの機嫌が悪くなっている可能性が高いです。

夜中は赤ちゃんも眠たい時間ですし、睡眠を邪魔されれば機嫌が悪くなって大泣きするのは当然です。

できればオムツ替えもしないでぐっすりと寝ていてもらいたいものですが、オムツ替えをしなければいけない時は楽しい気持ちにさせることが大切です。

大泣きした後はなかなか寝てくれないですし、ずっと泣き続けてしまうこともあります。

ならばできるだけ赤ちゃんと遊んであげることで、楽しいと感じさせるようにしましょう。

その時はできるだけ電気を点けないことが大切で、暗くなれば赤ちゃんも眠りやすくなります。

抱っこしたり赤ちゃんに構ってあげることで赤ちゃんを落ち着かせるまで、赤ちゃんの相手をして楽しませてあげましょう。

夜泣きは大変ですができるだけ赤ちゃんに不快感を与えないように気をつけるしかありません。

 - 子育てのお悩み