妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

かゆい!突然できた湿疹をかきむしってしまって内出血だらけに

   

かゆい!突然できた湿疹をかきむしってしまって内出血だらけに


27歳/パート

妊娠発覚してまもなくわたしにもつわりがやってきました。

つらいものの覚悟はしていたので安定期まで頑張ろうと自分で食べれるものを探しながら毎日頑張っていました。

仕事も2週間ほどお休みをいただいてしまいましたが、その後ピークを過ぎどんどん落ち着いてきて普通に働けるようにもなりちょっとむかむかが残るかな?という程度のものになっていきました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


手足にできた湿疹が徐々に広がりはじめ

それが妊娠4カ月も終わりに差し掛かったころ手や足にぽつぽつと湿疹が出てきました。

乾燥でかゆいのかな、と気にせずボリボリかいてしまったら今度はどんどん湿疹の部分が広がっていきかゆみも強くなっていきました。

とりあえず保湿クリームを塗ってその日は眠りについたのですが、朝起きると発疹は蕁麻疹のようにぼこぼことしたものになっていておなかのほうにまで広がっていました。

変なものでも食べたかと焦ってすぐに産婦人科に連絡し、診てもらうともしかしたら妊娠性痒疹かもしれないと言われてしまいました。

安定期に入ってホルモンバランスが崩れて湿疹が出たのかもしれないとのことでしたが、今までそんな症状想像もしていなかったのでびっくりしてしまいました。

産婦人科から紹介された皮膚科にも行って薬をもらったのですがやはり強い薬は出せないとのことで時間をかけて直すしかないと言われてしまいました。

家に帰って妊娠性痒疹について調べると出産時まで治らなかった方や薬が効かなかった方など辛い思いをされた方の記事をたくさん目にしてさらに落ち込みました。

母に相談しても知らない症状だったらしく心配をかけるばかりで、申し訳なく思いました。

もらった薬を塗ってもかゆみは増すばかり

とにかくその日からもらった薬を毎日ぬって少しでもかゆみを抑えられるように願いましたがかゆみは増すばかりで夜は眠れず、ちょっとでも服がこすれるだけで頭が真っ白になりそうでした。

また影響はないとは言われていても赤ちゃんに本当に何もないのかどうかも不安で仕方ありませんでした。

やっとつわりを乗り越えたら今度はひどいかゆみなんてあんまりだと何度も泣いてしまいましたが、そんな時いつも主人が慰めてくれました。

また、我慢できずにかきむしってしまって内出血だらけの手足を見て罪悪感でいっぱいなときも主人が仕方がないと声をかけてくれ、そんな言葉にすごく救われました。

ネットで効果がありそうなものを見つけた

とにかく何か効果が出ないかとネットで探して見つけたヨモギのクリームやお茶も皮膚科のクリームを使ってみたり、肌に触れるものをすべてオーガニックに変えてみたりできることはすべてやってみました。

するとありがたいことに1カ月ほどしてようやくかゆみがだんだんと引き始めました。

かゆみがなく普通に外出できるようになったときは本当にうれしくて別の涙が出そうになりました。

今でも一番ひどかった時の写真は記念に残しています。

今となっては内出血の後も自分が頑張った証としてなんだか誇らしい気もします。

そして主人がいてくれたからこそ乗り越えられたと思っています。

これからもこのときの感謝の気持ちを忘れずに過ごしていきたいと思います。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談

ページ
上部へ