妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

3ヶ月の赤ちゃんが体重増加しないのは完母の限界かもしれません

   

3ヶ月の赤ちゃんが体重増加しないのは完母の限界かもしれません

3ヶ月の赤ちゃんの体重増加はすさまじく、平均で生まれた時の2倍の体重になります。

もちろん平均ですから、個人差があります。でもあまりにも体重増加が見られなかったり、減ってしまった場合、この月齢であれば病気か栄養不足のどちらかが考えられます。

ママがあまりにも完全母乳にこだわった結果、赤ちゃんに母乳が足りていない事があるのです。

完全母乳の限界とその対処方法についてご説明いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク



3ヶ月の赤ちゃんの体重増加が思わしくないのは?

病気か栄養不足が原因の事が多いです。病気の場合を見極めるポイントとして、「便の状態」「赤ちゃんの機嫌」「発熱の有無」「嘔吐の有無」などがあります。とにかく月齢が浅い場合、病気が悪化しやすいので、これらのポイントで普段と違う点があった場合は、病院への受診を考えた方がいいでしょう。

さてミルクと違って、母乳の場合、赤ちゃんがどのくらい飲んだかどうかというのはママでも判りません。そのため、赤ちゃんがお腹いっぱいなのか、母乳が足りているのかと不安を感じる事もあると思います。

一番簡単なのは、赤ちゃんの体重を測る事です。これも目安ですが、生後6か月までは、一週間で100g〜200g増加するそうです。そうすると一日15g〜30g増えているはずです。

赤ちゃんは動くのと、その体重から通常の家庭用の体重計では測れません。赤ちゃん専用の1gもしくは、2gぐらいから測れる体重計があり、レンタルも出来ます。

3ヶ月の赤ちゃんの体重増加にあまり神経質にならない

赤ちゃん用の体重計を購入、もしくはレンタルして体重を測ったとしても、毎日必ず大きくなるとは限りません。大人もそうですよね。日によって食べる量、排出する量が違いますから、機械のように規則正しく増えるとは限りません。だから、スパンとしては1〜2週間ぐらいの体重増加を目安に考えましょう。

もし、1〜2週間を目安にして体重の増加を見ても、ほとんど増えない、もしくは減ってしまった場合、病気か母乳が足りない可能性があります。一度病院に受診して、赤ちゃんの診察をしてもらいましょう。

もし母乳が足りない場合、足りない分をミルクで補う事、もしくは母乳回数を増やす事を検討する必要があります。もし授乳間隔にこだわって、赤ちゃんが泣いても我慢させている場合は、是非母乳を飲ませてあげてください。もしかしたら1回の母乳で母乳が足りてないか、もしくは赤ちゃんが吸いきれないのかもしれません。

3ヶ月の赤ちゃんの体重増加が思わしくないなら完全母乳の限界かも

完全母乳神話が蔓延しています。その結果完全母乳でないと「母親失格」ぐらいに思い詰めてしまうママがいますが、全くそんな事ありません。

ただ、完全母乳にこだわった結果、赤ちゃんが栄養失調になってしまうのは、「母親失格」と言えるかもしれません。要は何が大切かを忘れてしまっているからです。

本当に大切なのは「赤ちゃんの成長」であり、「母乳で育てる」事ではないはずです。

母乳で足りないならば、ミルクを足す事は全然問題ではないんです。罪悪感を覚える必要もありません。完全母乳で育てなければ、赤ちゃんが愛情不足になったり、元気に成長できないというのは幻想です。ミルクだけでも、母乳ミルク併用でも元気に育っている赤ちゃんは一杯います。

偏った育て方に固執せず、何が赤ちゃんのためになるかを考えましょう。また、出ない母乳に悩むよりも、ミルクを足してあげた方がママ自身も楽になります。

母乳とミルクの併用の仕方と量の目安

母乳とミルクの併用で、悩むのはどれだけ自分の母乳が出ているかという事です。簡単な測り方は、一度搾乳機で搾乳してみましょう。大よその量が判ります。そして、粉ミルクには生後週によって、目安のミルク量が書いてありますので、その目安量から、母乳の量を引いて、残りの量が与えるミルク量になります。

ただこれも個人差がありますので、一度この計算でミルクを上げてみて、足りないようならばもう少し増やして、多いようならば、もう少し減らしてという風に微調整しましょう。

ポイントは必ず母乳を先に吸ってもらう事です。ミルクを先に与えてしまうと、母乳を吸ってくれなくなるからです。特に母乳の出にくいママの場合、赤ちゃんはかなり頑張って吸っているのですが、ミルクの方が思ったよりも吸いやすいので、吸いやすい方を好んでしまう事もあるからです。

母乳が出なくなるとい心配しているママもいますが、母乳を先に吸ってもらえば、今までと同じくらいの量は赤ちゃんに吸ってもらえるのでさほど心配しなくてもいいと思います。

完全母乳だけで赤ちゃんを育てる事に固執する必要はない!

産院や育児書には「母乳育児」の素晴らしさについて、たくさん述べられています。もちろん母乳育児にはたくさんのメリットがあります。しかし、完全母乳にこだわるあまり、哀しい思いをしているママがいたり、お腹をすかした赤ちゃんがいます。

完全母乳にこだわる必要はありません。出来る範囲で母乳を上げて、どうしても足りないようならばミルクを併用する事も考えましょう。

3か月の赤ちゃんは生まれた時の2倍の体重になると言われています。もちろん個人差はありますが、もし体重増加が思わしくないようならば、それは病気か栄養が足りて居ない可能性があります。

赤ちゃんの体重は通常の家庭用の体重計で測るのは困難です。赤ちゃん用の体重計などが売っていますし、レンタルも出来ます。これを活用していると赤ちゃんの体重が簡単に計れます。ただ、毎日定期的に増えるとは限りませんから、1〜2週間のスパンでの体重増加を目安にしましょう。

母乳とミルクの併用についてのポイントは、必ず母乳を先に吸ってもらう事です。これで母乳に足りない分だけミルクを与えられるので、母乳が出なくなる事さほど心配いりません。

  関連記事はこちら

 - 子供の健康・病気のお話し

ページ
上部へ