妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

今度こそ!男の子だった上二人と違う妊娠中の症状に女の子だと期待した結果

   

今度こそ!男の子だった上二人と違う妊娠中の症状に女の子だと期待した結果


50歳/主婦

子供は3人。上二人が男の子で下が女の子。一人目を出産後、女の子が欲しくて産み分けの本を買っていろいろやってみましたが妊娠せず、産み分けをやめた途端男の子を妊娠。

私には男の子しか無理なんだな〜と思っていました。そして、下の子を妊娠したのが40歳の時でした。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


高齢出産によるリスクが不安になり

40歳=高齢出産=遺伝子異常は大丈夫?とやはり不安になりました。実は姉も二人目が30代後半で出産しており、羊水検査を受けていたので、即病院に相談しました。

そこで、羊水検査をする前に血液検査でもある程度はわかるので、それで値が大きければ羊水検査をしては、と勧められました。

で、その結果、値は非常に少なかったので先生からもたぶん大丈夫でしょう、といわれたので羊水検査はせずに妊娠生活に突入しました。

上二人の妊娠ではつわりもゆるくて、ちょっと気持ちが悪いなあ〜くらいだったので、今回も大丈夫だろうと思っていたのですが、あまかった!

3人目の妊娠で初めて経験するつわり

3人目にして初めてこれがつわりだ!と認識できました。においにもとても敏感になるし、とにかくずっと気持ち悪いし、吐く。

炭酸飲料が飲みたい!でもカロリーと糖が気になる。で、なにも入っていない味のない炭酸飲料ばかり飲む日々でした。

上の子は小学生、下の子は幼稚園で子育てもまだまだ手がかかる真っ最中。つらい日々でしたね。それまでにもママ友でつわりのひどいお母さん達が子供は一人で充分!って言ってたのはこれが原因だったのね、と改めて認識しました。

でも、ちょっと待って!上二人は男の子でつわりも同じ感じ。3人目は以前とは、全く違う。ってことはもしかして性別が違う?女の子かも?との期待がふくらんできて、一気につわりのつらさも耐えねば!という気持ちに変わりました!

ずっと続くものでもないし、いつかは終わる!と。

そして、つわりの期間も無事終了。40歳という年のせいかお腹の重さで異常に腰が痛く腰痛には苦しみましたが、後は病院での検査のみ。

病院は上二人を産んだ病院は総合病院だったのですが規模縮小で出産できなくなってしまい、家から徒歩圏内の個人の産婦人科に通っていました。

性別を教えてくれない先生がある日ぼそっと

その先生は性別に関しては教えてくれないよ〜と友達から聞いていたのですが、ある検査の日。先生がぼそっと「女の子らしいりっぱな太ももが見えるね〜」と。

え?なんて?女の子って今言った?先生はにやにやしてるし。高齢出産だから安心させたかったのかな?その日は主人と大喜び!やっぱり母親としては育てるなら男の子と女の子の両方を育ててみたいですもんね。

それに、女の子の方が何かと母親に寄り添ってくれると聞くし!

出産も上二人はやや難産だったのに、3人目ということもあるのでしょうね。入院後3時間で産まれました。破水も男の子の時はせず、先生に切ってもらっていたのですが3人目で初めて破水を経験。

産声もかわいくて女の子を無事出産できて良かったです!

上二人が男の子なので若干男まさりな女子ですが、3人で喧嘩しながら仲良くやってます。

つわりはつらかったけど、子供は一人でも多い方が喜怒哀楽もその数だけあって人生楽しめると思います。

  関連記事はこちら

 - 妊活中の体験談

ページ
上部へ