妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

女のカン!結婚前からうすうす感じていた事が原因で妊娠しないのかと思ったら

   

女のカン!結婚前からうすうす感じていた事が原因で妊娠しないのかと思ったら


43歳/パート

不妊治療を開始するまで、私たち夫婦が体験したことです。

結婚すれば子供はできると思っていました。でも、結婚前から、実は薄々感じていたんです。この人と結婚しても子供はできるのか、と。

体つきからして、ちょっと女性っぽい。なで肩で、胸もある(私よりずっと。笑)。ただ太り気味だったので、そんなものかも、と思っていました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員は産休で手当がもらえる?優遇される公務員の実態とは

公務員が産休を申請する時は、手当てについてはどのよ...

5人家族の生活費が50万円を超える?家計を見直すべきポイント

家族3世代5人家族で生活をしている家族にとって、生...

排卵期の症状《胸の痛み》は正常?そのメカニズムと緩和術!

女性ならば、”胸の違和感””胸の痛み”等を感じると...

赤ちゃんもお風呂に入る?1ヶ月目のお風呂で注意する点について

生後1ヶ月前後になると、病院から「1ヶ月検診」を受...

諦めないで!障害者でも結婚や出産している人はいます!

障害者だから結婚して出産してというのは高望みであり、実現化し...

胃腸炎だけじゃない?子供の嘔吐のみの症状について解説

下痢や嘔吐や吐き気、腹痛などが主な症状である胃腸炎...

生理予定日に少量出血があり、すぐに止まるのは妊娠の可能性有り

生理予定日に出血があると、妊活中の人はがっかりしま...

安定期である妊娠中期に出血が続く!その原因と対処法

妊娠5ヶ月に入る16週から妊娠7ヶ月終わりの27週までを指す...

前駆陣痛が痛い!眠れない!そんなときの対処法をご紹介します

体験して初めてわかる、出産の痛み。本陣痛の前に...

排卵注射で体温上がらない?注射と基礎体温と不妊治療の関係

不妊治療をしている方の中には排卵誘発剤を注射して、...

排卵日はどう知ればいい?月経周期が長い人の周期の改善方法

妊活をしている人で、一番重要な日は排卵日です。通常...

排卵日なのに基礎体温が下がらない時!排卵の有無の確認方法

妊活中の女性にとって、排卵日を確認のために、基礎体...

赤ちゃんは動画で英語を覚える?オススメの英語教育をご紹介

赤ちゃんに動画で英語を学ばせるやり方を取っているマ...

3ヶ月の赤ちゃんが体重増加しないのは完母の限界かもしれません

3ヶ月の赤ちゃんの体重増加はすさまじく、平均で生ま...

3ヶ月の赤ちゃんが咳き込む原因と対処方法!病院受診の目安も

3ヶ月の赤ちゃんと言えば、ママからの免疫があるため「病気...

3ヶ月以下の赤ちゃんが咳き込む!その原因と対処法!

お腹の中で守られながら少しずつ大きくなって、ようやく外の世界...

仮病で学校を休む理由と、そんな子供への対処法!

朝になると起きられないとか、頭が痛い、お腹が痛いなどと言って...

子宮のあたりがちくちく痛い。排卵後の下腹部痛について解説

排卵後の子宮の痛み。もしもあなたが今妊娠を望んでいるのであれ...

赤ちゃんが動画を見て笑う!赤ちゃんウケする動画について解説

赤ちゃんの笑う声って、本当に癒されますよね。ついこ...

陣痛の促進剤 ― 経産婦だからこそ知っておきたい促進剤のこと

陣痛促進剤について、どんなイメージを持っていますか...

スポンサーリンク


旦那に検査を勧めて血液検査をした結果

でも、そのカンは外れていませんでした。結婚して1年半ほどしてから「胸が痛くなる時がある」「それは20代の時から」と告白され、そのタイミングで「じゃー念のため検査に行ってみる?」と言ってみました。

実は私、泌尿器科の看護師をしていたので、オトコの人の体はある程度わかっているつもりでした。

そして、内科のお医者さんで血液検査。

結果、「女性ホルモンの値が高く、男性ホルモンの値が低いです」「専門の先生にみてもらったほうがいいですね」とのこと。それを会社で仕事中に電話で聞いたらしく、本人はその後仕事にならなかったとか。。

検査結果を旦那から聞いて「あーやっぱり」と思いつつ、「そうだったんだ、ショックだよね」と私も辛くなってきました。

結婚してから2年経ち、専門の先生(内分泌科)の指示でMRIを受けたところ…

「脳の下の方に腫瘍があります。よーく見ないと見えないくらい小さいんですけどね」と。脳下垂体腺腫というもので、悪性ではないものの、その腫瘍がプロラクチンを分泌し、女性ホルモンが多くなってしまう病気、ということがわかりました。

事態は私が考えているよりも深刻だった

私は、ホルモンの補充とかでなんとかなるのでは、と思っていたのですが、もっと深刻なものだったことがわかり、まずそこで、自分の考えが甘かったと反省しました。

そして、その後に投薬治療が始りました。それが、彼の性格を変えるものとなってしまいました。治療前はあんな優しかったのが(今考えると異常なくらい。2年間付き合って怒られたことは1回もなかった、結婚後もなかった)のが、仕事中に同僚を突き飛ばしたり、私にもちょっとしたことで怒鳴るようになりました。

その変化には、旦那自身も気が付いていて、それもショックな様子でした。そして、夜の方も以前とは違い、旦那が積極的になってきました。

私にも原因があるのかと検査をしてみたら

それでもその後2年間子供が出来ませんでした。あー私にも原因があるのかも、と思い始め、旦那に申し訳なく思いました。どこかで「男性不妊」だと思い込んでいたんです。

それで、私も婦人科で相談しました。もう、私も35才、これ以上普通に待っているのもどうか、と旦那と話し合い、不妊治療も考えていることを先生に伝えました。そして検査をすることになりました。

内視鏡で子宮、卵巣、卵管を調べる検査でした。そして、卵管の片方は完全に詰まり、もう片方は通っている、右の卵巣は内膜症。私にも立派に不妊の理由がありました。

泣き崩れました。ちょうど旦那の妹が妊娠したのがわかった頃でした。妹のほうが遅く結婚したのに、なんで!!ってイライラしました。

でも、これでしっかり原因がわかったので、私も気持ちがすっきりしました。そして、結婚5年が経ち、不妊治療(体外受精)を開始しました。

  関連記事はこちら

 - 妊活中の体験談

ページ
上部へ