妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

排卵注射で体温上がらない?注射と基礎体温と不妊治療の関係

   

排卵注射で体温上がらない?注射と基礎体温と不妊治療の関係

不妊治療をしている方の中には排卵誘発剤を注射して、タイミングを測っている方法を取っている方がいると思います。

注射をしてから体温上がらないという悩みを抱えて、ストレスになってしまっている人いませんか?

排卵誘発剤と基礎体温と不妊治療の関係についてご説明いたします。同じような悩みを抱えている方の参考になれれば幸いです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク



排卵誘発剤の注射をしても体温上がらない理由

不妊治療ではよくhCG注射ですが、そもそもこの「hCG」とは何のことが子存知ですか?

この「hCG」というのは、「human chorionic gonadotropin」の頭文字を取った略語です。日本語では「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」と呼ばれています。これは女性が妊娠した際に分泌されるホルモンです。ちなみに、妊娠検査薬で妊娠の有無を判定するのはこのホルモンの尿中濃度なのです。

さてこれをhCG注射すると何故不妊治療になるかというと、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌を促してくれる効果があります。プロゲステロンもまた、妊娠をするためには必要なホルモンで、体温を高く維持して、子宮内を妊娠しやすい状態に保ってくれます。

女性の中には、このプロゲステロンの分泌が不十分な人がいます。その治療にも使われています。

つまりこのhCG注射すると、プロゲステロンの分泌が促されて、体温が上がるはずですが、上がらない事もあります。というのも、あくまでもこのhCG注射はきっかけを作っているだけで、身体が必ず反応するとは限らないからです。

排卵誘発剤の注射の効果は体温上がらない事だけでは測れない

排卵を目的でタイミングを測るためにもhCG注射は使われます。排卵すれば体温は上がりますので、体温が上がらないということは排卵されなかったという事もあります。

また前述したように、hCG注射に体が反応しなかったという事もあります。人間の体のメカニズムは複雑なので、前回は反応しても、今回は反応しないなんて事もあるのです。

また、排卵後に体温があがるのはプロゲステロンが分泌されたのが原因ですが、この分泌が少ないと体温の上がりが悪いという事もあります。

ただ体温が上がらない事がそのまま注射の効果がないとイコールではない事を理解しておいてください。

妊活中の人にとって、基礎体温は色んな指標になります。排卵日だったり、妊娠の可能性を確認できたり。でも体温が上がる理由、下がる理由は妊娠に関わる事ばかりではありませんし、体温は測り方によっても大きく変わります。だから、体温が上がらなかったからといって、排卵が起こらなかったとは言い切れないのです。

排卵誘発剤の注射で体温上がらない事をストレスにしない事

排卵の有無に関しては、自宅でするならば排卵誘発剤を使ったり、また病院にて卵胞をチェックしてもらう事が必要です。基礎体温だけでは確実性はありません。

さて女性のホルモンバランスが崩れる原因は何かご存知ですか?

一番はストレスだったりするのです。もちろんそれだけが原因という事はありませんが、原因の一つになる事間違いありません。

せっかく高いお金を払って、不妊治療しているのに、それがストレスのために台無しになってはもったいないですよね。妊娠したいという希望があるからこそ、治療も頑張っているし、基礎体温に期待をかけるわけです。でも基礎体温は絶対ではありません。

基礎体温の温度に一喜一憂して、それがストレスになってしまっては、体に負担になってしまいます。基礎体温はあくまでも目安として、気楽な感じで付き合いましょう。

判らない事、心配な事はまず先生に質問しよう

不妊治療の病院は混んでいる事が多く、先生も忙しそうで中々質問が出来ないなんて人いませんか?でも自分が受けている治療、使われている薬、どんな効果があるか、そして今自分がどのような状態なのかは、一番知っているのはやはり担当の先生なのです。

心配のあまり、色々考えすぎてしまったり、ネットで検索して落ち込むよりは、現実の自分の状態を一番知っている先生に思い切って質問してみましょう。

病院によっては、看護師さんが相談に乗ってくれたり、定期的に治療に関する勉強会など開いてくれる所もあります。

何が一番いけないかといと、間違った知識と思い込みなんですね。せっかくの治療を出来るだけ良い形で自分の体に反映させたいのであれば、精神状態と言うのも結構重要です。

特に不妊治療は、成功すれば天国、ダメならば地獄という風に気分の浮き沈みが多い治療になります。でも希望は捨てない、ストレスは溜め来ない事で頑張りましょう。

排卵誘発剤の注射と基礎体温、不妊治療の関係

hCG注射はプロゲステロンというホルモンの分泌を促す効果があります。ただ確実性はありません。体の状態に応じて、効果がある場合もあれば、ない場合もあります。

また体温が上がる事を排卵の有無の指標にしている人が多いのですが、目安にはなりますが、確実ではないのです。排卵の有無を確認したいのであれば、基礎体温と排卵検査薬を併用するもしくは、不妊専門病院で卵胞の確認をしてもらった方が確実の確認が取れます。

基礎体温の温度で一喜一憂するよりも、不安に思う事、判らない事は、医者に相談しましょう。判らない不安よりも、判った事実に向き合う方がはるかにマシです。そして基礎体温を測る事はあくまでも妊活の一環ではありますが、これで全てが判る訳ではないので、基礎体温に振り回されてストレスを抱え込まないようにしましょう。

ストレスはホルモンバランスを崩す原因にもなるからです。

  関連記事はこちら

 - 妊活中のお役立ち情報

ページ
上部へ