妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

2歳半までに起こる発達障害の特徴は?行動をブログから学ぼう

      2017/09/13

2歳半までに起こる発達障害の特徴は?行動をブログから学ぼう

発達障害とは先天性の脳機能の障害であり、年齢に応じた成長やスキルがないことで日常生活に継続して困難が生じる症状があることです。

目に見えない障害であり、近年では隠れた大人の障害であることも大きな話題になりました。

では、2歳半までに発達障害の子供はどのような傾向や行動が見られるのでしょうか。
ブログを参考にして学んでいきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

旦那の会社へ連絡したい!電話のかけ方で注意するべき点

旦那の会社へ電話をかける時には、何か失礼があったら...

幼稚園で習い事をさせたい!早退させる時に気をつける事とは

子供には早くからいろいろなことを習わせた方が、飲み...

子供がチャイルドシートを嫌がる時にできる対処法

子供を連れて車で移動する時には、チャイルドシートを...

貧血が原因で子供が倒れる時の原因と改善策をご紹介

貧血は女性に多い症状と思われていますが、実際は子供...

子供の悩みは友達がいない!そんな時にできるアドバイスとは

子供を持つ親の悩みとして、子供が自分には友達が少な...

子供のための朝ごはんでおにぎりを作るのがおすすめな理由

子供の朝ごはんは毎日作らなければなりませんが、自分...

障害者が子供を産む時。その障害は子供に遺伝するのかどうか

知的障害者は親や兄弟など家系で多く見られる場合があ...

育児休業給付金は条件がある?前職の期間による条件とは

妊娠した時に育児休業給付金をもらうための条件として...

妊娠糖尿病の検査前に気を付けたい!血糖値を下げる食事とは

妊娠糖尿病になる妊婦さんは約10分の1と、近年増加...

高温期14日目に出血!その色が茶色の時に考えられるのはコレ

女性にとって生理周期は、体調やその他の変化を知るた...

夫に子供欲しがる心理になってもらうための秘策を教えます!

近年は、結婚したがらない男性、結婚しても子供を欲し...

5ヶ月で体重が6キロ?コツを覚えて育児の負担を軽減しよう!

生後5ヶ月と言うと、早い子だと寝返りが出来るように...

1歳7ヶ月の体重ってどれぐらい?重いと思う人必見です!

1歳7ヶ月と言うと外や水遊びが大好きで、そのエネル...

つかまり立ちから転倒!赤ちゃんの安全は大丈夫?そんな時の対策方法

赤ちゃんがつかまり立ちをするようになってくると心配...

離乳食後のミルク いつから減らしてあげないようにするか解説

生後半年ほどになると、それまで栄養の全てを母乳やミ...

婦人科・産婦人科の内診、実際はどんな検査?痛いのは何故かも解説

女性にとって、婦人科や産婦人科はなくてはならない場...

熱があっても元気なら幼稚園に行く?子供を休ませる時の判断基準

子供は大人よりも体温が高く、ちょっとの熱くらいじゃ元気に走り...

最近子供にアレルギー症状が出てる!対処法教えます!

最近になって子供にアレルギーではないかと思われる症状が出てい...

我が子の発達に遅れがある時の対策と保育園の選び方をご紹介

自分の子供がもしかしたら発達に遅れがあると感じた時...

赤ちゃんの呼吸が乱れて不安!原因と対処、病院へ行くタイミング

”呼吸”は生きる上でとても重要な行為。大人でも...

スポンサーリンク



2歳半までの発達障害を綴ったブログから

足腰もしっかりしてきて、ある程度自分の意思で行動したり運動をしたり、大人の言うこともきちんと聞けるようになったり、会話ができるようになるのが平均2歳半頃です。

発達障害の疑いがあれば、この頃までには何らかのサインがあると言えるでしょう。

しかしこの頃に、障害か性格かを判断することはとても難しいですよね。
そこで基準になる特徴や行動をブログから読み取ることにしました。

まず、自閉症やアスペルガー症候群の場合は生後6ヶ月前後までは症状が現れないことが多く、音への反応が鈍かったり笑顔が少ないなどの印象を受ける。
大人しく育てやすい印象があるが、抱っこされるのが嫌いでママの抱っこも嫌がる。といった節があるようです。

ADHD(注意欠如多動性障害)の場合は多動性や不注意が判断基準となりますが、乳児期にはまだ判断ができなく間違えてしまうことも多いようです。

発達障害のブログから学ぶ、2歳半までの行動とは

自閉症やアスペルガー症候群に関しては、早い段階では1歳半頃に疑いとして判断し、3歳になると正式に判断することが出来ます。

しかしADHDやLD(学習障害)に関しては4歳以降から小学生の学習が始まってようやく判断がつきます。

障害の種類や年齢、性別によっても行動や特徴は異なります。
その為きちんと医療機関で診断を受けるべきかどうかは、保育園や幼稚園で集団行動が始まる3、4歳までに考えた方が良いと思われます。

早期に判断することで支援を受けられたり、合併症や二次障害を防ぐことができ、今後子供に対して助けが必要な部分が明確に分かると言えます。

2歳半までの行動にも、あまりにも大人しく笑顔がなかったり、音や色、周りのものに興味を示すことが少なかったり、注意力が散漫で言うことを聞けなかったりと様々なサインがあるようですよ。

2歳半の子供を持つ発達障害ブログを見て

自閉症や発達障害の子供の特徴としては、何か好きなものにはとことんハマって強大な力を発揮することがまれにあります。

その分野に関しては天才的であることがあり、医学では解明されていない不思議な能力なのです。

純粋であり心がとても綺麗、変な計算をして人付き合いをすることもできない為にコミュニケーション能力は低いが、ピュアな一面が魅力とも言える自閉症。

学習面では、きちんとやって見せてあげること、全部を分かりやすく説明してあげることで、ほとんどのことは理解することが可能です。

小さい子供をお持ちの親は、毎日いろんな不安と戦っていますよね。
同じ障害を持つ人の意見が一番勇気をもらえるのだと確信しています。

判断基準に満たないグレーゾーンと呼ばれる段階もあるようで、個人差や個性といったらそれまでなのです。
最近では大学生や社会人になってから診断されることもあるくらいなのです。

発達障害と生きていく為に

発達障害と上手に共に生きていく、決して諦めないということが数々のブログを見て一番の課題として浮き上がってきました。

発達に悩みを持ち、育てるのに不安を感じることが多く他の家族と比べたり家庭に閉じこもってしまったりする方も少なくはないようです。

そんな同じ悩みを持つ親子の役に立てるように、ブログを日々更新してくれているママがたくさんいて、勇気をもらうことが出来ます。
同じことで悩んでいるはずなのに、すごいなと感じますよね。

子育てということだけでも、悩みは果てしなく迷いも尽きることはありません。
どんなに似ている双子でも兄弟であっても、同じ子供はひとりも居ないのです。

それぞれに良いところ悪いところ、得意な事や苦手な事は必ずあります。
ママとパパだって同じですよね。

それと同じで発達障害も、原因や現れ方は様々であり本当にみんなそれぞれが違うのです。

発達障害のブログで学んだ事

大人になり社会人になり、会社でどうしても仕事や人間関係が上手くいかない。
そんな悩みからADHDやLDに気付く大人も少なくありません。

それと一緒に、結婚し子供を持ってから子供の成長と生活に違和感を感じ検査したところ、親子で発達障害だったという事もあるようです。

目に見えない障害と言われるだけあって、その人の性格だ個性だと言われればそこまでになってしまいます。

しかし障害であると認めてもらえることで、その人自身の生き辛さや日常生活での困難から解放され、悩んでいた気持ちが楽になることも多いのではないでしょうか。

自身を含め、周りの人間がどこまで障害を理解し寄り添って、共に協力し合えるかどうかが、障害を持つ人に取ってとても重要なことなのです。

決して障害を諦めず塞ぎ込んではいけません。
同じ悩みを持つ人や、分かってくれる人はあなたが思うよりももっとたくさんいるのです。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82