妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

双子育児のノイローゼ 〜 対策と簡単に出来るストレス解消法

   

双子育児のノイローゼ 〜 対策と簡単に出来るストレス解消法

まさか、自分のおなかに居る赤ちゃんが”双子”だとは!知ったときは、さぞ驚かれたことでしょうね。と同時に育児への不安と覚悟も必要だったことでしょう。

そしていざ産まれてみると、可愛いけれどやっぱりとっても大変で・・。想定していなかったことなど起こり、真面目に向き合おうとすればするほど、迷路に迷い込むようにノイローゼに陥ってしまうことも。

双子持ちにしかわからないような悩みもあって、もうどうしたらいいの!

そんな頑張るママに、この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク



双子の子供を持つ親ならではの悩みから起きる育児ノイローゼ、その理由

一人ずつ生まれた子を持つ親と、双子の子供を持つ親。悩みはそれぞれあれど、双子持ちならではの悩みって、皆どんなものを抱えているのでしょうか。

まず大変なことは、『育児に関わるいろんなことが、”倍”ではなく”もっと”手間がかかる』というところでしょうか。

〈2人だから倍の労力が必要〉、という単純計算ではない気はしませんか?例えば、赤ちゃんのときの夜の授乳。一人ずつあげようとするけれど、一人は泣く。つられてもう一人も泣く。ママ、焦る。

赤ちゃんが黙って順番待ちなんて出来るはずも無いので、『一人目が済んだらハイ二人目、ハイお腹一杯、寝ましょう。』とはならないものですよね。母乳を二人にあげたら、足りない分のミルクを作り、何が気に障ったのか泣き、あやし・・と、”一人育児の倍以上の時間がかかる”ことも全くありえます。

決して、生む前の覚悟が足りなかった、なんてことはないのです。実際に育児に取り掛かると、予想し得なかったこと、体力やキャパシティを超えてくることが次々起こります。そうして精神が削られてくると体も疲れてくるので、悪循環に陥ってしまうのです。

双子育児でノイローゼに・・・悩むママたちの心の悲鳴

他にも、双子持ちママで共有される悩みはあるでしょうか。

家計がキツい

「双子を想定していなかったので、いきなり家族に子供が2人増えることになり、予想外の出費がかかるようになった」

とにかく休む時間が無い

「一人っ子だったら、お昼寝の時間にせめて一緒に寝られたかもしれないのに、一人が寝てても一人が起きていたら、私の休む時間が無い」

相談できる相手が居ない

「近しい人に双子持ちがいないと、”ならでは”の相談や愚痴が言えない。親でさえ、理解してくれないので、辛い」

ストレスがたまりやすく、自己嫌悪に陥る

「子供に怒鳴ってしまったり、パパに当たってしまったり・・。なんで私は双子を妊娠してしまったの?なんて考えてしまい、そのあと自己嫌悪に陥る。自信がなくなって、自分がイヤになる」

これらのことに共通するのは、毎日の作業量が多く、ママのキャパシティギリギリ・または超えてしまっているのでは?という点です。解決の道はあるのでしょうか。

双子育児のノイローゼを脱するために 〜 物理的に無理なことは諦める!

完璧に行おうという責任感が強い人ほど、思い通りに出来ないジレンマと戦わなければならなくなります。

また、危機管理を徹底していれば、イライラも減る・・と考えている人も、”想定外”のことが起こると焦りが出ます。予定がずれると、取り戻すために巻きで行動し、周りが付いてこられないのでストレスが溜まる・・そんなケースに思い当たる節はありませんか?

買い物に行かなければいけないのに行けない、掃除機をかけられない、夫を笑顔で迎えられない・・。

こんな風に、出来ないことが増えてくるのは、当然なのです。あなたの”力不足”などでは決して無い、ということを覚えておいてください。

できなければ、しなくていいのです!

例えば、買い物にいけないのならネットスーパーを活用する。掃除機は、毎日掛けるのをやめて、パパの休みの日にやってもらう。子供の食べこぼしはその都度適当に拾って、あとは”コロコロ”で対策!

つまるところ、『完璧にできないイライラ』より、『できないことは諦める』方が、ストレスの感じ方としては、後者の方が楽だったりするのです。

育児でかかる手間は想像以上だった!みんなの対策

例えば、先ほど述べたようなネットスーパーの活用は非常に便利ですね。

双子を連れて買い物に行くのは、パパが居たとしても大変なもの。ネットスーパーなら、家でスキマ時間を見つけてゆっくり商品が選べます。一気に選択しなくても、もし子供が泣いたら中断できるのもいいですよね。

もちろん、重いものを持たなくていいのもメリット。時間指定も出来るし、『○円以上なら送料無料』という特典やポイントが付く場合もあるので、スーパーに赴いて買い物するより損を見るということもないのです。

また、二人分のミルクを作るのに、いちいち水を煮沸する手間さえ掛けられないときのために、ミルク用のお水も購入してしまうと便利かもしれません。「私がやれば済む手間だし、無駄遣いでは・・」と思うかもしれません。でも、ママのストレスが溜まって元気がなくなるよりは、家族にとってはずっとメリットだと思いませんか?

お水はペットボトルより、ウォーターサーバーの方が、便利で経済的です。一個一個ペットボトルを潰して捨てる手間が省けるのと、月の費用が節約できること、またお湯として出てくるのも便利です。

時間もお金もかけられないけどストレス発散はできる?

双子育児はとにかく時間が取られます。また、衣類は2着、オムツも2人分、食事も2人分・・と、出費が多すぎる!

時間もお金も、妊娠発覚時に想定していたものとはかけ離れた残高になっているかもしれません。それでも、上手なストレス発散なんてできるのでしょうか?

確かに、ゆったりとした時間の中で、贅沢なものを食べたりサービスを受けることは、自分を解放するのにぴったりでしょう。でも、そうでなくても、本当に些細な息抜きをこまめにできればよいのです。

例えば、好きなお菓子を買っておいて、子供の目を盗んでちょいちょい食べる。本当にコレだけでも、ちょっとしたストレス解消になるんですよ。これ、ポイントは「子供に内緒なこと」。

子供にも分け与えるのが母の愛・・なんてきれいごとは置いておいて、こっそり食べるのがミソです。小さな小さな背徳感や罪悪感が、頑張ってきたいいコな自分をちょっとスッキリさせてくれるのです。「自分だけの秘密」っていうところも、いいですね。

また、泣くのを我慢しないでください。涙はストレスを具現化した液体です。泣きたくなくても敢えて泣けるドラマや音楽を取り入れて泣いてみるのも手ですよ。

お金のかからない方法はまだまだありますよ。人に相談したくても、カフェに行けばそれなりの代金がかかります。それが気になるときは、ネットの掲示板などに書きなぐってもいいんです。

人の意見を聞くもよし、愚痴を書き逃げするもよし(書き逃げ専用の掲示板もあります)、人の悩みをロムる(書き込まず、読む専門)のもよし。

注意点としては、顔が見えない分無責任な発言をする人もいるので、全てを真に受けてしまわないことです。都合のいいところだけ拾って、元気の元にしてしまいましょう!

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み

ページ
上部へ