妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

最近子供にアレルギー症状が出てる!対処法教えます!

   

最近子供にアレルギー症状が出てる!対処法教えます!

最近になって子供にアレルギーではないかと思われる症状が出ている。

今までは大丈夫だったのに、突然なのでもし違う病気だったらなどと心配してしまうのは当然です。
アレルギーにも色々とあって、食物だったり、花粉だったり、埃だったりと、大きく分けただけでも沢山あります。

また、その中の何か原因となる物質があるのですから、とんでもない数になるのではないでしょうか。

つい最近までは何ともなかったのに、突然痒みや発疹、くしゃみ鼻水などが突然やってくるのがアレルギーです。
予知できればよいですが、それが出来ないので尚更心配になります。

あなたの子供が最近になってアレルギーかもと思われる症状が出ているなら、どうすればよいか対処法教えます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク


最近、子供がアレルギーかもと思うのはどんな時でしょうか!

最近になって、子供にアレルギーかもと思われる症状があって気になっているのであれば、どんなときに症状が出るのか見ておきましょう。

外で遊んでいるときであれば、遊んでいる近くに何があったかなどわかるとよいでしょう。麦畑、雑草などがあるところで目の痒みが起きたなどでよいと思います。

また、動物園に行った時に目が腫れたとか痒みが出た、食べ物を食べたときであれば、何を食べたときに発疹が出たのか、喉が痒くなったのかでよいと思います。

本当にアレルギーかどうか、原因物質は何かなどは病院で調べればわかると思いますが、それを特定するための情報として持っていたほうがよいと思います。

事前情報があったほうがスムーズに調べられますし、アレルギーであったときに早く原因物質を特定しないと、アナフィラキシーショックを起こしたりしたら大変です。
なので、気になったことがあったら小さな事でもよいですから、病院へ行った時に話しましょう。

子供が最近アレルギーかもと思ったら早めに病院へ行きましょう!

最近の子供の様子を見ていると、アレルギーではないかと思う症状に思い当たる。
どうしたらよいのだろうか、アレルギーなのかたまたまなのかと色々と考えてしまうと思います。
もし、気になることがあるのなら病院に行ってみましょう。

悩んでいても自分で判断することはできないのですから、まずは検査をしてもらうのがよいでしょう。

早くしたほうがよいというのは、アレルギーの症状である、目の痒みや軽いものであればよいですが、アナフィラキシーショックなどのショック症状が起きてしまう可能性があるからです。

ショック症状が起きると怖いのは、呼吸困難などになり、命に危険が及ぶことがあるのです。
そうならないためにも、早めに病院で検査をしてもらい、アレルギーの原因物質を特定してもらったほうがよいと思います。

そうすることで、子供をアレルギー症状から守れますし、あなたの心配も軽減されることでしょう。

あなたの子供だけではない!最近はアレルギーが多い!

子供がアレルギーになってしまったからと言って、悲観することはありません。
あなたが悪い訳でもありませんし、子供に異常があるわけではありません。
あなたの子供だけがアレルギーなのでもないですし、最近になって症状が出ただけです。
最近では、子供のアレルギーは多いです。

花粉症だったり、食物アレルギーだったり、動物アレルギーなど様々です。
最近、よく聞くのは果物アレルギーなどです。
可哀想だとばかり思っているほうが、子供にとって余計に可哀想になってしまいます。
あなたの子供だけがアレルギーなのではないです。

アレルギー外来などがあるように、明らかに以前よりは増えていますし、大人だけでなく子供も多いです。

うちの子だけがなどと考えずに、これからは共有していくという気持ちでいたほうがよいと思います。

子供の時のアレルギーが大きくなるにつれ、症状が緩和されることもあります。
病院で他の方と情報交換してもよいでしょう。

お互いの共通項ですから、気持ちが共有でき、あなたの気持ちも少し楽になれるのではないでしょうか。

アレルゲン対応食品や市販のものを活用しましょう!

病院で検査をして、アレルギーの原因となる物質が判明したあとは、そのアレルゲンをいかに排除するかという問題があります。
今までは、ちょっと痒みがあるなとか思っていて普通に生活していたわけです。

しかし、きちんと判明したことで摂取制限などをしなくてはなりません。
薬で治るのならよいですが、それは出来ないのでショック症状が出ないようにするしかないのです。

そんなのは無理かもと思ってしまうかもしれませんが、以前と比べると色々と便利な物があります。
全て1から自分でやろうとすると疲れますし、無理があるのでどんどん活用しましょう。

花粉症や埃であれば、空気清浄機で花粉対策用のものもあります。
食物アレルギーでは、卵であれば卵を使っていないケーキなども今はあります。
小麦粉なども、グルテンフリー食品があったりしますので多少割高かもしれませんが、検討してみてください。

それに最近では、出来合いのものやレストランなどでも含まれるアレルギー物質が表示されてますので参考にしたらよいでしょう。

子供の学校の給食や修学旅行などでも今は対応してくれるところが多くなって来ていますので、そこはお願いするようにしましょう。
1人で全てをやろうとするのは大変です。

焦らず慌てず気長に付き合うことが大切です!

アレルギーとわかってから、今までの食生活からガラッと変わってしまう人もいるかもしれません。
また、生活する上で色々と不便を感じるなどあるかと思います。

しかし、焦らず慌てずに対応しましょう。
焦ったところで急に治るわけでもありませんし、慌てたところで間違えてアレルゲン除去をするのを忘れてしまうかもしれません。

そうなったときに大変で辛いのは、あなたではなく子供です。
ある程度大きくなり自分で対応できるようになればよいですが、まだ小さかったりするとあなたがしてあげないといけません。

最初は大変かもしれませんが、今は便利な世の中です。
色々と手助けしてくれるものは沢山あります。
ネットで調べたりすれば色々と情報が出てきますので、活用してください。

今まで食べれたものが食べられなくなってしまった、動物園に行っても外で遊んでもなんともなかったのにと戸惑っているのは子供のほうです。

それをサポートしてあげるのは、周りの人ではないでしょうか。
周りが慌てていたり、焦っているのでは本人が不安になってしまいます。
アレルギーになったとしても大丈夫、今は代用できるものがこんなにあるからと言ってあげてください。

最近ではアレルギーの子供は珍しくありません。
無理のない範囲で頑張っていきましょう。

  関連記事はこちら

 - 子供の健康・病気のお話し

ページ
上部へ