妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

妊娠6ヶ月でお腹が苦しいと感じる原因は?お腹の状態などを解説

   

妊娠6ヶ月でお腹が苦しいと感じる原因は?お腹の状態などを解説

妊娠6ヶ月になると、個人差はありますが、大分お腹が目立ってくる頃ですね。安定期に入って、快適マタニティライフを送っている人もいれば、お腹が何となく苦しいと感じる人もいます。

さて、特に初めての妊娠だと、ちょっとした変化に心配になると思います。この記事ではお腹が苦しいと感じる原因についてお腹の状態から説明いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク



妊娠6ヶ月でお腹が苦しいのは赤ちゃんが大きくなったから?

妊娠6か月となるとお腹が目立つようになってきます。さぞお腹の子供は大きくなっていると思いますよね。大体妊娠23週目で身長は250〜300mm、体重は450〜700gになるそうです。

え、まだそれくらいなの?とびっくりされる方が多いと思います。赤ちゃんの大きさはそのくらいですが、赤ちゃんが入っている子宮も順調に大きくなっています。なんと子宮の大きさは妊娠前と比べて3倍になり、羊水は500mlぐらいになります。

つまり、身体の期間の一部が徐々にではありますが、3倍近く大きなり、かつ重さも増えるのですから、他の内臓が圧迫されてもおかしくないですよね。大きくなった子宮が胃を圧迫しだすので、何となくお腹が苦しいという気持ちになります。

食欲はあるけど、胃が重い、胃が苦しいと感じるのは、大きくなった子宮に胃が圧迫されてしまったのかもしれません。

妊娠6ヶ月でお腹が苦しいと感じるのは「つわり」かも

安定期に入ると辛かったつわりから解放される人が多いのですが、中にはつわりが続く人もいます。

妊娠の症状の中でも「つわり」は非常に個人差のある症状です。妊娠初期で脱水症状を起こすレベルで苦しむ人もいれば、全くつわりが出ない人もいます。この個人差をお腹の中の子供と血液型が違う場合つわりが起きやすいなんて説明される事もありますが、定説ではありません。

つわりの原因としてよく言われるのがホルモンの影響です。妊娠すると分泌量が増えるホルモンには、胃腸の働きを抑制する効果があるためだと言われています。

安定期のつわりの対処方法としては、回数を分けて食事を取る事がいいそうです。胃が圧迫された時にも使える対処方法なのですが、とにかく胃に負担をかけないために、少しずつ分けて食べるようにします。

また、栄養のバランスを取る事も大切ですが、中々食が進まな時は消化のいいものや食べたいものを優先して、とにかく栄養をつける事が大切です。

妊娠6ヶ月でお腹が苦しいのは「胎動」が原因かも

お腹の赤ちゃんも大分人間らしくなってきて、性別が判るのもこれぐらいの月齢です。そしてお腹の赤ちゃんもどんどん動いてきます。羊水の中で、寝ている時も多いのですが、起きている時は泳いでいます。そしてお母さんのお腹をキックやパンチなどしてくるのです。
初めての胎動は中々「これが噂の胎動?」と実感がわきにくい事もあります。何となくポコポコされたという感じですが、あまりはっきり判らない事もあります。ただ徐々に必ず判るようになりますので安心してください。

胎動も初めは嬉しいものですが、お腹の赤ちゃんはママが寝ている時に、起きている生活のリズムがあるので、寝ているママのお腹で好き勝手に暴れる訳です。

中にはヒップでアタックをかましてくるアクティブな赤ちゃんもいます。胎動は元気な赤ちゃんのしるしではありますが、妊娠も後半に進んでくると、段々ママの悩みの種になるという場合もあります。

お腹の張りには注意と言われるけど、よく判らない!

先生やマタニティ系の情報誌には「お腹の張りが続く場合は注意が必要」と言われますが、実際の所お腹の張りというのがよく判らないという妊婦さん、意外にいると思います。

体の状態を言葉で説明されて、実感されるのはとてもむずかしいですよね。もう少し詳しく言うと、お腹の下の部分が締め付けられるような感覚だそうです。触ってみると、お腹がカチコチになった感触があります。これは子宮が収縮したのが原因です。

何故子宮が収縮すると問題なのかというと、場合によっては「切迫流産」の可能性があるからです。もちろん、おなかが張った=切迫流産ではありません。あくまでも子宮が収縮しているだけなのですが、多くの場合は少し体を休めれば、症状は落ち着きます。ただあまり長く続くようならば、ある意味異常事態であるので、すぐに病院に連絡をして指示を仰ぎましょう。

安定期でも、無理や無茶はしない事

妊娠6か月になると、安定期になりますから、色々今のうちにやろうと思っている事を積極的に頑張っちゃおうと計画している妊婦さんもいると思います。

でもやはり、無理は禁物なんですね。

妊娠後期になれば動くのが大変になるし、出産すれば自分の時間は取れなくなります。だからこそ、今のうちに旅行の計画なんて立てる人もいると思います。

安定期とはいえ、やはり体はいつもとは違うのです。それは子宮が大きくなったのも原因ですし、ホルモンの影響もあります。お腹で赤ちゃんが動く事もあります。

お腹の張りを感じたら、まずは少し体を動かすのを止めて休憩しましょう。旅行の計画も出来れば近い場所で、出来るだけ旅行の行程はゆるやかで負担の少ない、休憩の多いモノにしましょう。

部屋の模様替えや、引っ越しなどを考えている事もあると思います。これらは妊娠していなくても結構な大事業ですから、できるだけ体に負担をかけないようにゆっくり行ってください。

  関連記事はこちら

 - 妊娠・出産のお話し

ページ
上部へ