妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

気が狂いそう!妊娠をみんなが祝福してくれる中で一番ストレスだった存在

   

気が狂いそう!妊娠をみんなが祝福してくれる中で一番ストレスだった存在


33歳/パート主婦

妊活というものは特に意識していなかったので、突然の妊娠にただただ最初は驚き、戸惑いました。子供は大好きなんですが、自分が妊娠したっていう事がなぜか認識できませんでした。

旦那に報告すると、いつもはリアクションの薄い旦那が「本当?本当に?」と、何度も聞いてきたのをすごく覚えています。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


職場のみんなは妊娠を祝福してくれたのだが

当時仕事も働き始めて1年と少しだったし、突然の事だったので言いづらいな〜なんて思っていました。が、職場のみんなに報告するとものすごく喜んでもらえて、自分もすごく嬉しかったです。

それからは妊娠初期に、切迫流産という診断をされ、1週間ほど絶対安静を言い渡され、仕事もお休みさせてもらい、1週間ただただ家で寝転んで過ごすという期間でした。

ただ、当時二世帯住宅で同居していたので義理の母がしょっちゅう来ては、切迫流産ってなに?家にいても意味ないし入院すれば?という無神経な発言に毎日涙していました。

ですがその一週間は毎日主人がお昼休みに様子を見に帰ってきてくれたり、夜ごはんを作ってくれたり、洗濯してくれたりと、本当にこの1週間だけはとても優しくしてくれました。

増え続ける体重を怒られるかと思った

妊娠中はとにかく眠たかったです。体重管理も全くできていなく、検診に行くたびに今回は怒られるかな?とドキドキしていましたが一度も注意を受けることもなかったです。

が、私は里帰り出産だったので、検診を受けている産婦人科と出産する産婦人科別でした。

そして妊娠後期に入り紹介状を書いてもらってからいきなり、体重増え過ぎでやばいから気をつけて。と最後の最後で言われ、もっと早く言ってくれんのか〜い、と心底思いました。

最終的には16キロ増で妊娠線がひどいことにになり今もばっちり残ってます。

妊娠中に一番ストレスを感じていたもの

妊娠中一番ストレスだったのが義理両親の存在です。義父は顔を合わせる度に、お腹が小さいお腹が小さい、ちゃんと赤ちゃんが育っていないんじゃないか?と不安をあおる様な事をいつも言ってきましたし。

洋服をめくってお腹を見せろと言われたり、本当に苦痛でした。しまいにはどうせ男の子は産めないという無神経発言まで受け本当に気が狂いそうだった気がします。

ですが仕事が休みの日は赤ちゃんのミトンやスタイ、オモチャを手作りで作ったりしていました。

もともと裁縫が大好きなんですが、赤ちゃんの物を作っていると、こんなにも幸せな時間が今までの人生であった?と本当にしみじみ感じました。

あと、妊娠中はなんといっても地域、ご近所さんに本当に優しくしていただきました。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談

ページ
上部へ