ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

胎児の頭や体の大きさは遺伝する?遺伝でどこまで決まるか解説!

2017.10.13

お腹の中の胎児の、体や頭が大きいと病院の妊婦検診で先生に告げられた時。

何かの病気や異常ではないか、頭が大きいと出産が大変なのではないかと、妊娠中は特にほんの少しの何気ない出来事でもとても不安に感じてしまうものですよね。

そもそも胎児の大きさは遺伝するのでしょうか。
そこで、胎児の大きさと遺伝に関する情報をまとめました。


胎児の大きさは親から遺伝するのもなのか

胎児が大きいと難産になったり帝王切開になったりと、出産時に影響があります。

子供の身長や体重、体や頭の大きさなどはもちろん親からの遺伝によって決まりますが、産まれる前のお腹の中で胎児の状態でも関係するのかどうか、疑問に感じると同時に不安になることがあると思います。

実は胎児の体の大きさはあまり遺伝とは関係ないことが多いようですが、頭の大きさは両親の遺伝が関係していることがあるようです。

そして頭が大きく育つのには他にも原因があり、それは妊娠糖尿病による糖分過多によるものだと言われています。

その為医師から妊娠糖尿病を指摘された時は、難産になるのを避ける為に、食事制限や軽い運動を生活で意識するように覚えておきましょう。

両親の遺伝から頭が大きめに育つことは少なくないことなので、あまり心配しすぎないようにしましょう。

胎児の大きさは遺伝ではなく何で決まるのか

子供が大きくなってからの身長や体重は、遺伝と大きく関わりがあり、両親の体格が影響します。

しかしお腹の中にいる時の、胎児の大きさは遺伝ではなく、母体の血糖値により決まると言われています。
血糖値が高いと、へその緒が太くなり胎児に栄養がどんどん伝わって胎児が大きく成長します。

聞こえは良いですが、大きく成長するのが決して健康で良いということではありません。

大人の肥満と同じで、お腹の赤ちゃんの大きくなりすぎも要注意の場合があります。

あまり大きくなりすぎると臨月を迎える前にお腹の中にいるのが限界になってしまういった早産の危険や、胎児に障害が出たりする恐れがあるので、血糖値の上昇には危険が伴うと言えます。

妊娠糖尿病には、その他リスクがたくさん伴う為、胎児の栄養を考えて食事を摂りすぎるのは危険です。
妊娠中の体重には、十分に注意が必要となります。

頭の大きさ以外に胎児に遺伝するものは何か

両親から遺伝するものとして、優性遺伝と顕性遺伝に分けられたものがあります。

アレルギーや二重まぶたなどの優性遺伝と呼ばれるものは、両親から遺伝しやすいとされている、確率が高いものを指します。
反対に顕性遺伝とは、優性の逆で劣勢という意味にはなりますが、顕性遺伝という言い方をします。
顕性遺伝は、優性遺伝に比べて遺伝する確率が低いものになります。

比較的遺伝しやすいとされる優性遺伝はいくつか挙げられます。

例えば丸顔の遺伝子は優性遺伝であり、面長の人と丸顔の人の子供は、丸顔の確率の方が高いと言えます。

その他に、くせ毛やえくぼも優性遺伝となります。
その為子供に遺伝しやすい特徴となるのです。

日本人と外国人のハーフが、外国人よりの顔になるのも優性遺伝子が働いているからだと言えるでしょう。
優性遺伝を知ることで、胎児への遺伝を出産前に予測することが出来るのです。

遺伝するものと環境によって変化するもの

両親の遺伝によって胎児の状態から決定されているものと、生まれた後の環境によって変化するものはなんなのでしょうか。

まずはじめに、遺伝という言葉で想像するのは、顔が両親に似ているかどうかという所でしょう。
実は赤ちゃんの顔は100%遺伝というわけではありません。

顔や表情は遺伝ではなく、環境によって変化するものと言えます。
顔のパーツや輪郭、目鼻口の雰囲気などは遺伝によって似ていることがありますが、頬骨や顎まわりなどは食事やよく笑う、よく話すなどによっても変化が現れると言えます。

体質は遺伝により似ている部分があっても、全く違う食生活をしていれば全く違う体型になるということがわかっています。

よく耳にする、女の子は父親に、男の子は母親にといった説もありますが、この説に根拠や理由は見つかっておらず、いずれも優性遺伝子が働いてどちらに良く似ているといった事になるようです。

遺伝の仕組みとは

遺伝とは親から子に受け継ぐものであり、細胞の核の中にあるDNAという物質が大きく関係しています。

染色体の並びによって男女であったり、全く異なる個性が生まれるのです。

そして遺伝とは一概にいっても、病気の遺伝子や障害の遺伝子も存在します。
その為、障害を持った親から生まれた子供には障害が遺伝する確率が高いということが分かっているのです。

そして突然変異という、両親には見受けられない遺伝子が、突然子供に現れるといった不思議な遺伝子も存在します。

現在では遺伝子検査で、生まれる前に病気や障害が発見されたりと、とても重要な検査として遺伝子研究が医療機関では活躍しています。

お腹にいる時から色々なことが遺伝子から変わるようになれば、生まれる前に心の準備や赤ちゃんを迎える支度がスムーズになりますよね。

そんな妊婦さんに便利な世の中になるように、これからの遺伝子研究に期待したいと思います。

 - 妊娠・出産のお話し