妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

感動!出産直後に看護師さんが私にしてくれたこと

   

感動!出産直後に看護師さんが私にしてくれたこと

24歳/介護福祉士

結婚して2ヶ月頃、微熱が続いてなんだが体がおかしいし生理も来てないということで、ドラッグストアで妊娠検査薬を購入して試してみることにしました。

すると薄っすら線が入っていました。それでもまだ信じれず、次の日にもう一度試してみました。やはり陽性の線が入っていました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

流産の手術後”絶対安静”のワケ。心と体を整えるために

授かった命を、望んだ妊娠を、流産と言う結果で終わっ...

赤ちゃんが風邪!?3ヶ月頃に起きる咳には要注意!

生後3ヶ月頃になると、生まれたての頃と比べるとしっ...

旦那が不倫?大好きだけど浮気を許せなくて困ってる人必見!

旦那が浮気をするなんて…と、浮気をしていた事を知っ...

赤ちゃんと動画を見る人必見!見せるなら車物がお勧めです!

生まれたばかりの赤ちゃんは視力が弱く、明暗のみしか...

生理前のお腹の張りと腰痛はPMS?妊娠超初期症状の可能性も

生理前になると、お腹の張りや腰痛などの不快症状が出やすくなり...

赤ちゃんって音楽で本当に喜ぶ?胎教から実践してほしいポイント

愚図った赤ちゃんに効くイルミネーションや音楽など、...

旦那が転職したいと言い出した!離婚したい理由と対処法とは

旦那がいきなり今の仕事を辞めて転職したいと言い出し...

公務員は産休で手当がもらえる?優遇される公務員の実態とは

公務員が産休を申請する時は、手当てについてはどのよ...

5人家族の生活費が50万円を超える?家計を見直すべきポイント

家族3世代5人家族で生活をしている家族にとって、生...

排卵期の症状《胸の痛み》は正常?そのメカニズムと緩和術!

女性ならば、”胸の違和感””胸の痛み”等を感じると...

赤ちゃんもお風呂に入る?1ヶ月目のお風呂で注意する点について

生後1ヶ月前後になると、病院から「1ヶ月検診」を受...

諦めないで!障害者でも結婚や出産している人はいます!

障害者だから結婚して出産してというのは高望みであり、実現化し...

胃腸炎だけじゃない?子供の嘔吐のみの症状について解説

下痢や嘔吐や吐き気、腹痛などが主な症状である胃腸炎...

生理予定日に少量出血があり、すぐに止まるのは妊娠の可能性有り

生理予定日に出血があると、妊活中の人はがっかりしま...

安定期である妊娠中期に出血が続く!その原因と対処法

妊娠5ヶ月に入る16週から妊娠7ヶ月終わりの27週までを指す...

前駆陣痛が痛い!眠れない!そんなときの対処法をご紹介します

体験して初めてわかる、出産の痛み。本陣痛の前に...

排卵注射で体温上がらない?注射と基礎体温と不妊治療の関係

不妊治療をしている方の中には排卵誘発剤を注射して、...

排卵日はどう知ればいい?月経周期が長い人の周期の改善方法

妊活をしている人で、一番重要な日は排卵日です。通常...

排卵日なのに基礎体温が下がらない時!排卵の有無の確認方法

妊活中の女性にとって、排卵日を確認のために、基礎体...

赤ちゃんは動画で英語を覚える?オススメの英語教育をご紹介

赤ちゃんに動画で英語を学ばせるやり方を取っているマ...

スポンサーリンク


ひどい悪阻でご飯の匂いに吐き気が

本当にビックリして仕事から帰ってきた旦那にドキドキしながら検査薬を見せました。旦那も何のことだか分からなかったようで「やったなぁ〜、おめでとう」の一言だけ言われました。

少し時間を置いて理解したようで、大きな声で「マジかー!」と言った後、とても喜んでくれました。仕事が休みの日に病院に行ききちんと検査を、してもらいました。

病院からも妊娠していると告げられ、わたしの妊婦ライフが始まりました。2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月は悪阻がひどく朝起きてご飯の匂いを嗅ぐと吐き気がしていました。

つらい悪阻の中で家事や仕事を頑張る日々

食べ物も欲しくなくなり、トマトやキウイ、など食べれる物を少しづつ食べていました。仕事もあったので体は辛かったですが頑張っていました。

妊娠5ヶ月頃悪阻が落ち着き仕事、家事も少し楽になりました。しかし検診に行くと、赤ちゃんが下がってきている、と言われ薬を処方されました。

本当は仕事に行かないほうがいいと言われたのですが、お金の事もありそうは行きませんでした。だんだん大きくなってくお腹と赤ちゃんを触るのが毎日の日課であり楽しみでもありました。

6ヶ月頃からは胎動もわかるようになり、お腹で動く赤ちゃんを見て、お父さんにも赤ちゃんがいるという実感が湧いてきたと言ってくれました。

大事な、大事な2人の子供と毎日お腹を撫でながら伝えていました。7ヶ月頃切迫早産と診断され自宅安静との指示があり仕事を休むことにしました。

お腹の張りが強くなり入院、厳しい入院生活

その頃はお腹の張りが強く特に夜は、さすって貰わないと痛くて寝られないほどでした。8ヶ月に入り遂に入院になりました。頭がかなり下がっておりいつ産まれてもおかしく無いと言われました。

しかし赤ちゃんは8ヶ月にしては少し小さめで今陣痛が来たら大きな病院でないと見れないと言われてしまいました。入院生活は厳しく、お風呂に入れるのは張りが無い日だけ、移動も車椅子に乗り押してもらいました。

トイレに行く以外はベッド上での生活でした。24時間点滴を毎日し続け手がアザだらけになりました。本当に辛かったです。でも元気な赤ちゃんを産むために毎日頑張りました。

一生忘れることがない子供の生まれた瞬間

9ヶ月退院し自宅で安静に過ごしました。臨月になると、自分の足元が見えないほど大きなお腹になりました。予定日の前日からお腹の張りが酷く立っているのも辛いほどでした。

当日の夜8時頃より5分おきの陣痛が始まりました。慌てて旦那と病院に行きました。

ついてすぐに破水し分娩室へ痛すぎてあまり覚えていませんが、子供が声をあげて産まれた瞬間、わたしの上に看護師さんが我が子を乗せてくれた瞬間は一生わすれません。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談

ページ
上部へ