妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

これで完璧!これで完璧!妊娠中の食生活で気を付けることと覚えておきたいポイント

   

これで完璧!これで完璧!妊娠中の食生活で気を付けることと覚えておきたいポイント

21歳/主婦

妊娠中の食生活について。

私は妊娠がわかってから食生活に気をつけています。ですが、妊娠初期はつわりがありどうしてもバランスよく食事をすることができず一時期は偏ってしまっていました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


つわり中に唯一食べることができたもの

自分の体に蓄えてある栄養を胎児に送っているため妊娠初期は食事が思うようにとれていなくてもまだ影響はないそうです。

心配になるママさんもいらっしゃいますが、食生活を見直すのはつわりが終わってからでも大丈夫です!

私はつわり中唯一食べれたものがキットカットでした笑

糖分の取りすぎは胎児にはよくないのですが、とりあえず何かしら食べなきゃと思って気持ち悪いせいで味わう暇もなくバリバリたべていました(^^;;

あとは妊娠して好みもかわってくるのでつわりが落ち着いた頃に今まで食べる機会のなかったフルーツをたくさんたべるようになりました!

間食でお菓子を食べるよりもフルーツを食べるほうが栄養とれるし、妊娠糖尿病や妊娠中毒症を防ぐこともできます。

妊娠中は絶対にお菓子はダメではないのでたまに自分のご褒美として洋菓子やスナック菓子などを頂くのもいいですね!

私の経験話が長くなってしまいましたが妊娠初期で失われた栄養を取り戻すために暴飲暴食は控えきちんとバランスよく食事をすることが必要になります。

妊娠中の便秘を薬に頼らず解消する方法

和食中心の食生活を心がけるといいそうです!それから妊娠すると黄体ホルモンが働き出すため便秘になりやすいそうです。

あまりにひどいと先生に相談をすれば薬を処方してもらえますが、なるべくなら薬に頼らず便通を良くしておきたいですね!

もともとは便秘で悩んだことはありませんでしたが妊娠してからは便秘がちになってしまい先生に相談をし少しの間薬を飲んでいました。

やはり薬を頼ると自分から便を出そうという意識がなくなってしまうので何か対処法はないだろうかと調べて私なりに便秘を解消することができました!

まず、飲み物を変えました。緑茶やウーロン茶が好きで飲んでいたのですが意外にもカフェインが含まれているため妊娠中に飲むのは良くないことがわかりました。

これは食事で摂取した鉄分をカフェインが含まれている飲み物を飲むことによって鉄分として吸収する働きを弱めてしまうそうです。

そこでオススメでなのはルイボスティーです!

ノンカフェインで、こちらの飲み物は鉄分が含まれているのと便秘の解消によくカロリーゼロなのでオススメです!

食事は暴飲暴食せずに1日3食、温かい汁物を

それから食事の面では1日3食たべることとメニューに温かい汁物を付け加えることにより食べ物の消化を助けてくれます。

おやつには牛乳一杯に砂糖が入っていないヨーグルトをよく食べていました。

あとはグレープフルーツ、オレンジのような水分が多く含まれている果物を食べたりしていました。

そしてもう一つ私が習慣づけていたのが朝起きたら1番にコップ一杯のルイボスティーを一気飲みすることです。
これは前日食べたものを朝一番に飲み物を流すことで消化を助けます。なるべくそのあとはいつもと同じ時間に朝ごはんを食べていした。

そうすることで体が勝手に習慣付けてくれるので便意を催してきます。これらを妊娠中期から続けてきました!

とにかく1日3食、温かい汁物を取り入れ暴飲暴食は控えることを心がけるといいですよ!

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談

ページ
上部へ