妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

切迫流産に鼻血に貧血まで!妊娠中に経験した色々なこと

   

切迫流産に鼻血に貧血まで!妊娠中に経験した色々なこと


35歳/専業主婦

妊娠中は妊娠悪性悪阻、切迫流産、毎週の鼻血、と色々ありました。

妊娠がわかった時には、仕事をしていて仕事中も貧血で倒れるのではないか?と言うぐらいの貧血も起こりました。

それと同時に悪性悪阻にかかり、数日の入院も経験しましたよ。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


産婦人科での入院に不安を感じ

でも入院した先は産婦人科と言うのもあり、夜でもゆっくり休めるわけでもなく24時間の点滴と睡眠不足とで余計に具合が悪くなるのでは?と思いました。

切迫流産は自分の不注意で重いものを持ち、出血が見られました。でも赤ちゃんは大丈夫でしたので良かったです。

毎週の鼻血は、移動中も落ち着いている時間にも容赦なく出たので、途中はノイローゼになるのかと思ったぐらい。出産後もしばらく続きましたけどね。

そして出産となる週の月曜日に、産む前の自分の好きなことをしようと電車に乗り映画を見た帰り道。

子宮が痛みだしたが自力で帰宅

ホームでうずくまりたいぐらいに子宮が何だか痛み出し、少し休憩すると落ち着くという感じでしたので主人に連絡だけはするも、自力で帰宅しました。

晴れた日は散歩を日課としていましたが、道を歩いているとやはり痛みが出たりしました。

出産前日(でも予定日よりも2週間前)は、往復80分かかるベビー用品店に忘れ物が無いように買いに行ったりして、帰宅する際に雨もパラつき始め、早歩きで帰宅しました。

その晩にスゴクイライラして主人と大喧嘩!朝方、主人は出勤の際に声をかけてくれるも少し痛みがありまともに会話せずにいました。

その日は妊婦健診もあり、バスで向かう前にトイレの汚れに気が付きトイレ掃除までして向かいました。

片道30分かかる距離ですが、バスの中で少し痛み→治まる→少し痛み→治まるを繰り返し、病院近くのバス停まで来るときには痛みも少し強まりましたが我慢し、最寄りのバス停に着くと無性にトイレで大をしたくなり、産婦人科の近くにあるショッピングセンターのトイレに駆け込みました。

トイレを出ようと拭いたら出血が!

もちろん出るはずもなく、妊婦健診の予約時間にもそろそろなるという頃にトイレを出ようと拭くと、血がついていたので大慌てで旦那に電話し病院へ。

検査担当の人には「もしかして、陣痛なのでは?」と言われ、先生に診てもらうと子宮口は5センチに開いていたそうです。

でも逆子という事で生まれても6時間以上はかかるだろうとの事でしたが、陣痛室に即連れて行かれて3時間弱で先生の判断により破水と同時に頭を下にしてくれるだろうと、経腟分娩で行う事になりました。

もちろん通常よりも痛みは強かったです。これが生まれてくるまでの体験談です。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談

ページ
上部へ