妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

生命の神秘に感動!20歳の私が授かり婚をしてから今日までに感じた事

   

生命の神秘に感動!20歳の私が授かり婚をしてから今日までに感じた事


21歳/製造業

私は20歳で妊娠してしまい授かり婚という若い年代に多い結婚でした。親にはとても怒られ何度も何度も悩みたくさん彼と話し合い下ろすことも考えました。

ですが私の親が下ろすことを反対しました。理由は一つの大切な命には変わらないということです。欲しくても出来ない人もいます。その中で私のお腹の中に出来てくれる奇跡。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


迷いながらも出産をする事を決断

そして私の血が入ってるという切っても切れない縁です。迷いも少なくありませんでしたがやはり赤ちゃんのことを考えたら産むという決断が1番でした。

彼ともよく話し合いこれから2人で頑張ることを決めました。まだ若く無能な2人なので両親の支えが必要でした。私自身母親しかいない片親の中で育ち3人の子供を1人で育ててくれました。

その大変さを知っていたので自分の子供には苦労をさせたく無いと思っていました。その気持ちだけは強かったので頑張ろうと決意しました。

検診に通うたび我が子に会える喜びと成長する感動でとても誕生が楽しみになりました。

ハードな仕事でも頑張れると思っていたが

私は仕事が製造業でその中でも男性がほとんどの力仕事や動くことが多い人数も少人数の部署だったので、周りの人に協力してもらいながらも毎日日替わりの残業や人数不足で助けてもらってた作業もやらなきゃいけないということも多く、とてもハードでした。

気持ち的にはとてと頑張れると思っていたのですが、やはり身体は1番正直で身体には無理はさせられませんでした。

その分不安になることが増え、妊娠を経験した友達にたくさん相談を乗ってもらいながら、自分の赤ちゃんを1番に考えて生活することの大切さを教えてもらいました。

それからは無理もしないようにし、赤ちゃんが元気に産まれてくることだけを考えることにしました。

職場では同期のみんなや周りの先輩方にお腹を触ってもらえて、「元気に産まれて来てね」って声をかけてもらったり、誕生を楽しみにしてくれてる人が多くとても泣きそうなくらい嬉しかったです。

自分だけじゃないって気持ちになり、友達も自分のことのように楽しみにしててくれたり、すでにプレゼントをくれたり、親友は手作りのスタイまでくれました。

妊娠は自分が成長する事ができる神秘的なもの

今は無事に産休に入ることができ、臨月に入りました。家にいることにより、出産に対する不安が増え怖いもの見たさなのか、YouTubeで出産映像をみたりしてしまったりなど精神的な不安が増えてしまいました。

ですが、見るたび赤ちゃんが産まれた瞬間の感動で涙が止まらなくなり早く我が子に会いたいという気持ちも出てきて、不安と楽しみが入り混じった不思議な気持ちになりました。

こんな弱い私ですが、周りの人の支えがなかったらここまで来れなかったし赤ちゃんの姿を見るたびに母親としての責任も出てこなかったし、素晴らしい経験をさせてもらっています。

出産まであと3週間位となりましたが、いつ産まれてもおかしくない残り少ないマタニティーライフを楽しみながら生活していきたいと思います。

妊娠は本当に自分を成長させてくれて命の大切さに気づかせてくれる神秘的なものだと分かりました。

産まれてきた赤ちゃんにもこの奇跡について分かってもらえる日が来ることを願い育てていきたいです。

  関連記事はこちら

 - 出産時の体験談

ページ
上部へ