妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

女の子がほしかった私が産み分けにチャレンジした結果

   

女の子がほしかった私が産み分けにチャレンジした結果


29歳/主婦

結婚して3年ほどたち、さて子供がほしい!!となったときにどうしても女の子がほしかった私。妊活プラス産み分けにチャレンジしようとまずは産み分けの本を購入。

男の子が生まれるか女の子が生まれるかは初めの精子で決まる!と知ってからは妊活のために飲んでいた葉酸やしょうがのサプリとともに主人と私の食生活も気にするようになりました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


女の子を産むためにした数々の努力

女の子をほしい人はコーヒーを飲まないほうがいい、と聞いてからは毎朝飲んでいたコーヒーはやめて白湯に変えたり、酸性の食品を女性は取るほうがいいと聞いてからはなますばかり食べてみたり。

主人のほうは変色なのである程度の食生活はキープしつつ食生活以外のほうを頑張ってもらいました。

体を温めたほうがいいなんて聞いて熱めのお風呂に入ってもらってから保温したり、まあ言われるがままめんどくさそうでしたが頑張っていろいろしてくれました。

行為の際には浅く、さっさと男性がいったほうがいいと聞いてあっさり目になるように排卵2,3日前を狙ってやってみたり、膣内を酸性にしたほうがいいと聞いた時は行為の前に酢を入れてみたり。

女の子がほしいなあくらいの主人には「そこまでやるのかよw」とドン引きされそうだったので黙っていましたが。

努力の甲斐あって妊娠に成功したが

そんな毎日以外にも神頼みで神社にお願いしたりしてようやく妊娠。

やったー!頑張った甲斐があったねーなんて夫婦で話していたのですが、10週ほどで赤ちゃんを流産してしまいました。

もしかして今まで性別にこだわりすぎたせいで流産してしまったのではとすごく後悔しましたし、たくさん泣いてどうしようもない日々が続きました。

次の妊活はもう産み分けはしないようにしよう、そう決めてそれから3か月ほどでまた妊娠することができて主人と抱き合って喜びました。

子供の性別が男の子かもしれないと言われ

そして妊娠5か月ほどで性別がわかるとき、「男の子かも?」と言われて今まで健康ならどんな子でもなんて思っていたはずなのにすごくショックに思ってしまった自分にショックでした。

気持ちが沈んだというか周りが女の子がいいよ!と言ってくるからそう感じたのかもしれません。

でも女の子がいいなあと思っていた私のところにもし男の子が来たならきっと私のところにすごく来たかった子なんだろうと前向きに思ってだんだん男の子のほうがいいじゃん!!なんて楽しみで仕方なく思えてきました

が、次の検診で「女の子でした。」とあっさり言われて男の子気分でいたのでそれはそれで気持ちの切り替えが大変でした。

  関連記事はこちら

 - 妊活中の体験談

ページ
上部へ