妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

お腹が痛い!主人の制止を無視してマッサージをし続けた結果

   

お腹が痛い!主人の制止を無視してマッサージをし続けた結果


30歳/主婦

妊娠中の出来事です。お腹もだんだん大きくなってきて、足元は見えないし歩くのもやっとの状態になった時期がありました。

お腹が大きくなるとどうしても、腰や足に負担がかかってきて、私の場合は特に足に負担が大きくかかりました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


体重増加で浮腫んだ私の足を見た主人が

もともと153cmで50kgあったのですが、妊娠してから20kgも太ってしまいました。

体重のせいで、足にかかった大きな負担は日々の浮腫みや疲れに直結し、とても辛い思いをしていました(自業自得なんですが。)

主人が家に帰ってくると、浮腫んだ私の足を見て『うわ、大丈夫?あとで揉んであげるよ!』と優しく言ってくれるのですが、仕事で疲れて帰ってきてるのに足を揉ませるなんてとてもできませんでした。

なので、主人に『今度一緒にマッサージに行かない?』と言ってみました。もともと主人はマッサージ店に行くのが好きだったので、『いいよ!行こう!』と快諾してくれ、週末に行くことになりました。

スタッフに妊婦はお断りと言われてしまい

しかし、行ってみるとマッサージ店のスタッフに『妊婦さんはお断りさせていただいております。』と言われてしまいました。

理由は、”足にはたくさんのツボがあって、万が一早産や具合が悪くなっても責任を負えない”ということでした。確かに、足には色々ツボがあるのは知っています。

でも、本人が大丈夫って言っているんだからいいんじゃないの?と心の中で思っていると、主人が『本人が責任を負いますから』と言いました。

本人が責任を負いますって、まぁそうだけど、責任を負うってことはお腹の子にもしものことがあったらマッサージに行こうと言った私のせい?と逆にそれも引っかかってしまい、結局二人で諦めて帰ることにしました。

帰る途中、LOFTに立ち寄りマッサージ器具などを試していると、足裏を模った足つぼシートが目にとまりました。

主人はそのシートの上に乗り『きくーーー!』と言いながら何分も試していましたが、足つぼはやはり怖いので私はふくらはぎを空気圧で揉む機械と足裏をローラーでゴロゴロする機械を椅子に座って試していました。

主人の制止を無視してマッサージをした結果

すると、主人が一言『それ、やっても大丈夫なの?っていうかやりすぎじゃない?』と。『別に大丈夫でしょ、そんな強くないし』と返しましたが、車で家に帰りソファでゴロゴロしていると急に腹痛が。

『前駆陣痛かも…。いや、感覚的に陣痛かも…。』と言う私に、ほら言わんこっちゃない、といった表情で駆け寄る主人。

前駆陣痛の場合は、痛みの間隔もまばらでしばらくすると収まるのですが、その時の痛みはなんとなく規則的で痛みも強く感じました。

5分から10分以上その痛みは続き、主人が『病院に電話しようか?』とオロオロし始めたところで少しずつ痛みが収まってきました。

額にはうっすらと汗が滲み、呼吸も浅くなる感じがして本気で産まれると思ってしまいました。

このことがあって以来、妊娠中にマッサージに行くことはなく、家で主人に頑張って軽く揉んでもらう程度にしました。

妊娠中って何があってもおかしくないので、念には念を入れて気を付けるべきだなと思いました。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談

ページ
上部へ