妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

お腹が痛い!主人の制止を無視してマッサージをし続けた結果

   

お腹が痛い!主人の制止を無視してマッサージをし続けた結果


30歳/主婦

妊娠中の出来事です。お腹もだんだん大きくなってきて、足元は見えないし歩くのもやっとの状態になった時期がありました。

お腹が大きくなるとどうしても、腰や足に負担がかかってきて、私の場合は特に足に負担が大きくかかりました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク


体重増加で浮腫んだ私の足を見た主人が

もともと153cmで50kgあったのですが、妊娠してから20kgも太ってしまいました。

体重のせいで、足にかかった大きな負担は日々の浮腫みや疲れに直結し、とても辛い思いをしていました(自業自得なんですが。)

主人が家に帰ってくると、浮腫んだ私の足を見て『うわ、大丈夫?あとで揉んであげるよ!』と優しく言ってくれるのですが、仕事で疲れて帰ってきてるのに足を揉ませるなんてとてもできませんでした。

なので、主人に『今度一緒にマッサージに行かない?』と言ってみました。もともと主人はマッサージ店に行くのが好きだったので、『いいよ!行こう!』と快諾してくれ、週末に行くことになりました。

スタッフに妊婦はお断りと言われてしまい

しかし、行ってみるとマッサージ店のスタッフに『妊婦さんはお断りさせていただいております。』と言われてしまいました。

理由は、”足にはたくさんのツボがあって、万が一早産や具合が悪くなっても責任を負えない”ということでした。確かに、足には色々ツボがあるのは知っています。

でも、本人が大丈夫って言っているんだからいいんじゃないの?と心の中で思っていると、主人が『本人が責任を負いますから』と言いました。

本人が責任を負いますって、まぁそうだけど、責任を負うってことはお腹の子にもしものことがあったらマッサージに行こうと言った私のせい?と逆にそれも引っかかってしまい、結局二人で諦めて帰ることにしました。

帰る途中、LOFTに立ち寄りマッサージ器具などを試していると、足裏を模った足つぼシートが目にとまりました。

主人はそのシートの上に乗り『きくーーー!』と言いながら何分も試していましたが、足つぼはやはり怖いので私はふくらはぎを空気圧で揉む機械と足裏をローラーでゴロゴロする機械を椅子に座って試していました。

主人の制止を無視してマッサージをした結果

すると、主人が一言『それ、やっても大丈夫なの?っていうかやりすぎじゃない?』と。『別に大丈夫でしょ、そんな強くないし』と返しましたが、車で家に帰りソファでゴロゴロしていると急に腹痛が。

『前駆陣痛かも…。いや、感覚的に陣痛かも…。』と言う私に、ほら言わんこっちゃない、といった表情で駆け寄る主人。

前駆陣痛の場合は、痛みの間隔もまばらでしばらくすると収まるのですが、その時の痛みはなんとなく規則的で痛みも強く感じました。

5分から10分以上その痛みは続き、主人が『病院に電話しようか?』とオロオロし始めたところで少しずつ痛みが収まってきました。

額にはうっすらと汗が滲み、呼吸も浅くなる感じがして本気で産まれると思ってしまいました。

このことがあって以来、妊娠中にマッサージに行くことはなく、家で主人に頑張って軽く揉んでもらう程度にしました。

妊娠中って何があってもおかしくないので、念には念を入れて気を付けるべきだなと思いました。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談

ページ
上部へ