ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

施設に子供を預ける理由は?お金と幸せの両方を得るための考え方

2017.8.10

子供を育てるにはいろいろと大変な苦労がありますが、何らかの事情によって子供を育てられずに施設に預ける人もいます。

病気などで満足に働けなければ、お金で苦労を掛けるので子供を施設に預けようとする人もいますし、ある程度の経済力が無ければ幸せにすることも難しいでしょう。

そこで施設に子供を預ける理由や幸せについての考え方を紹介します。


施設に子供を預ける理由の多くはお金の問題が多い

何らかの事情によって子供を施設に預けなければいけない理由の多くは、お金の問題が多く関係しています。

子供を産んでから離婚をすれば、シングルで子供を育てるのは大変ですし、経済的な支援がなければ生活も大変でしょう。

また病気がちで満足に働けない親にとって、支援を受けながら子供を育てるのは大変なことです。

自分の生活も大変なのに子供を育てるのは到底難しいので、子育て支援を受けなければ難しいでしょう。

結局は子供を育てる時に必要なのはお金であり、ある程度の経済力がなければ子供を幸せにすることは難しいです。

愛があれば大丈夫だと言っても、現実としては生活することが難しければ子供を不幸にしてしまうと考えてしまいます。

子供に人並みの生活をさせてあげられないと考えた時に、自分の一緒にいるよりも施設に預けた方が子供にとって幸せだと考えてしまうのです。

お金が理由で子供を施設に預ける時は支援制度がないか頼ってみる

まず子供にとっての幸せは贅沢な生活をさせてあげるよりも、親と一緒にいて普通の生活をすることの方がよほど幸せに感じます。

何らかの事情によって経済的に厳しくなったり、働くことができずにお金に困って生活が苦しくなった時には、子供のことを考えて施設に預けることを考えてしまいます。

しかしやはり子供にとっては親と一緒にいるのが幸せなので、生活が苦しくても子供と一緒にいることをまずか考えることです。

生活が厳しくなれば国の支援制度を受けることができるので、役所に行って相談しましょう。

自分だけでなく多くの人が生活に困っているので、一人で悩まずにどんどん役所に相談しに行きましょう。

一人で悩むとどうしても施設に入れて離れた方が子供が幸せになれると思ってしまうので、悪い方向ばかり考えてしまいます。

できるだけ子供と一緒に入れる方法だけを考えていれば、きっと幸せな結末が待っているはずです。

子供を施設に預ける時はお金が無ければ幸せにできないと考える

どうしても子供を施設に預けなければいけない時は、今の自分が置かれている状況がどん底だと思うようにしましょう。

もしも経済的にお金が無くて子供を育てられない状況であれば、子供が幸せになれないと自分に言い聞かせます。

親にとって子供の幸せを願っていますが、このまま自分と一緒にいれば不幸になると言い聞かせることで、子供のために施設に預ける決意をすることができます。

今の状況がどん底だと思えれば、もう少し状況が良くなった時に子供を迎えに行けると思えるようになります。

もちろん罪悪感を感じますし周りからは非難されるかもしれませんが、子供を預けると決めた以上は、子供にとって幸せな選択だということを自分んい言い聞かせましょう。

いつか状況が良くなって子供を迎えに行けるようになった時には、すぐにでも子供の元に行きましょう。

子供とお金の問題であれば子供の幸せを一番に考える

子供のことを考えて施設に預けることを考えた時に、お金と子供を天秤にかけて考えることもあります。

親としては子供と一緒にいたいという気持ちがありますが、お金が無ければ子供を幸せにすることができないばかりか、生活すらままならない状況であれば、施設に預けた方が良いと考えます

賛否両論ありますが親が子供の幸せを考えた時に、自分の元ではなく施設に預けた方がいいと思ってしまうこともあります。

自分の生活状況が悪ければ子供を幸せにできないと思うので、子供のことを考えたら仕方のない選択肢の一つと言えます。

子供との生活が一番の幸せだと考える人にとって、施設に預けることは育児放棄だと思われるかもしれません。

しかし親が考えることはいつでも子供の幸せを考えるので、その時の状況で一番子供にとって良いと思った選択肢を選んでいるだけです。

できるだけ早く迎えに行くことを目標にするのも大切

何らかの事情によって子供を施設に預けることになった時には、なるべく早く子供を迎えに行くことを目標にしましょう。

子供の幸せを考えた結果として施設に預けたとしても、子供にとっての一番の幸せは親と楽しく生活することです。

経済的に厳しい生活をしている人にとって、子供を育てるお金の問題は死活問題と言えるでしょ。

支援を受けることもできますが、病気や怪我によってまともに働けない状況が続けば、子供を育てるのも厳しくなってしまいます。

一時的にも施設に子供を預けることによって、生活が安定することができるのであれば、早く子供を迎えに行くことができることを目標にしましょう。

どんな状況であっても子供は親といたいものなので、子供の幸せを考えるならばできるだけ早く迎えに行くことです。

施設に預けたことによって罪悪感を感じるかもしれませんが、償いをするなら早く子供を向かえに行って、幸せな生活を送ることで償いましょう。

 - 暮らしのお話し