妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

日本脳炎の予防接種! 間隔あけすぎたら?予防接種の落とし穴

   

日本脳炎の予防接種! 間隔あけすぎたら?予防接種の落とし穴

日本脳炎の予防接種、その気がなくても子供が病気をしたりすると、間隔あけすぎになってしまう事ありますよね。

ただでさえ、年によって薬の種類や接種方法、回数なども変わってきて、たった数年の間に大きく予防接種の数が変わる事も珍しくありません。

予防接種のポイントは、とにかく早め早めに動くことです。

もし間隔あげすぎたらどうなるかについてご説明いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク



日本脳炎の予防接種の間隔あけすぎ!?実際の推奨スケジュールとは?

日本脳炎というのは、なにせ子供がトータル4回打ちます。

接種時期としては、生後6か月から生後90か月の間に1期を3回、9歳以上13歳未満追加免疫として2期目に1回打つので、予防接種の中でも、かなり間隔が長いものです。

逆に言えば、これぐらい空いていればいつ予防接種してもいいんじゃないの?と思いますが、やはり推奨年齢というか目安があり、1期2回は3歳、1期の3回目を4歳、2期を9歳ぐらいと言われています。

特にこの3歳ぐらいを目途にする1期ですが、1回目と2回目は4週間ぐらい開けるのですが、なにせこの年齢幼稚園に入園している時期なので、思いがけない感染症などにも感染しやすく、中々思い通りのスケジュール通りに出来るとは限りません。

その結果、4週間経ってしまって「どうしようか」と悩んでしまうママが続出するのです。

日本脳炎の予防接種は間隔あけすぎるとどうなる?

ではこの目途の時期に予防接種ができないとなるとどうなるか心配ですよね。

免疫が効かなくなる?

実際の所よほど極端に開いてなければ問題はないそうです。ただ予防接種の代金がそのまま自費負担になる事があります。これは自治体によって対応が違うみたいなので、どこでも一律ではありませんが、でも予防接種となると数千円から1万円はするものですから、臨時出費としては痛い所です。

特に1期追加の3回目、4歳ぐらいの時と、2期の9歳ぐらいの時は注意が必要です。多くの自治体では、予防接種のお知らせと共に専用用紙が送られてきます。これの期限内であれば、基本無料で接種できるわけですが、有効期限が意外に長いため、「後でやろう」として結果、期限切れを迎える訳です。

それを防ぐには、とにかく用紙が送られてきたら、すぐに病院の予約をする事をオススメします。

日本脳炎の予防接種を間隔あけすぎにならないようにするには?

4歳、9歳に関しては、「用紙が到着したらすぐ予約をする」を徹底すれば、ほぼ期限内に接種可能でしょう。仮に予約の時に病気に罹っても、病気が治ったら予約しなおせばいいので、とにかく忘れないうちに予約、接種を忘れなければ大丈夫です。

問題は3歳児の接種目安の1期です。3歳ぐらいになると、さすがに予防接種ラッシュも一段落ついていると思います。とにかく接種可能な時期になったら、すぐに予約を心掛けましょう。早めに動けば、仮に体調不良があっても、リスケジュールが可能ですが、接種可能な時期ギリギリに予約をすると、リスケジュールが難しくなるからです。

1回接種後に4週間開けて、2回目を接種します。ここが山場です。ほとんどの病院は1回接種後に2回目の予約を取らせてくれるので、その後はとにかく体調管理をしっかりしましょう。もし体調が悪くなりスケジュール通りに接種が不可能になった場合、体調が戻り次第病院に電話して最短でいつ可能か相談しましょう。

予防接種はとにかく早め早めに動く事が肝心

生後2か月を過ぎると、予防接種ラッシュが始まります。ここから1年くらいは毎週、毎月何らかの予防接種をしている事になると思います。これも摂取可能な時期があり、ちょっとスケジュールが過ぎると、摂取が出来なくなる予防接種もあります。だから早めのスタートが大切です。たった1か月スタートが遅れただけでも、摂取できなくなってしまうものもあるから注意が必要です。

スケジュールを組む時は、「同時接種可能なもの」「摂取可能時期が早いもの」を優先的に摂取するように心がけましょう。病院によっては、スケジュールの相談に乗ってくれるところもあります。

また何の予防接種が何回打つのか、そして何度目なのかママも判らなくなってしまいますよね。目で見える形の一覧表を作成したり、アプリなどを使って漏れがないように管理しましょう。また、カレンダーに接種予定を書き込んでおくのもいいでしょう。

そもそも予防接種は必要か否か?

予防接種の話題には必ず「本当に摂取必要か?」という議論があります。

どんなものにもメリット・デメリットがあります。それは予防接種ですらそうです。予防接種をする事で病気に罹りにくくなったり、かかったとしても重症化を防ぐ事ができますが、予防接種の副作用によって障害が残ってしまった子もいます。

また病気に関しては、接種しなくても罹らない場合ももちろんあるのです。

ただ予防接種というのは自分だけの問題でないという事も大切です。よく言われている風疹などは妊婦が罹患すると、おなかの子供に重大な影響がでます。しかし、皆が予防接種をきちんと受けていればそもそも風疹が流行する事もない訳です。

つまり、病気を流行させないためには、一人一人が予防接種をきちんと受けている事も大切なのです。

ただし副作用などのデメリットもあるために、最終的には親の判断に委ねられています。もし判断をする時は誰かの話を鵜呑みにするのではなく、自分できちんと調べた上で判断するようにしましょう。

  関連記事はこちら

 - 子供の健康・病気のお話し

ページ
上部へ