妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

35歳からのスタート!不妊治療の基本的な流れと妊娠の決め手

      2016/08/03

35歳からのスタート!不妊治療の基本的な流れと妊娠の決め手

36歳/専業主婦

私の場合、妊活のスタートは35歳になってからでした。まず3か月間、基礎体温をつけたことです。

妊活のための基礎体温のつけ方は、朝目が覚めた直後に、寝たままの状態で専用の基礎体温計で熱を測ることです(基礎体温計は口にくわえて計るもので、一般的な体温計では基礎体温は計ることができません)。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


妊活の為のブライダルチェックを受け

3か月分ほど記録をつけたら、産婦人科に行って「ブライダルチェック」という検査を受けました。「ブライダルチェック」とは、健康診断の妊娠版のようなもので、血液検査や子宮頸がんの検査等の項目があります。

私の場合は、この血液検査にて卵子の数が減っているということがわかり、「妊娠する確率は低くなっているので、妊娠したいなら人工授精なども考えて」と言われてしまいました。次に、卵管造影検査という検査を受けました。

これは、精子が卵管を通るときに、卵管が詰まっていると受精できないということでその詰まり具合を確認するための検査です。

造影剤を卵管に通す検査方法もあれば、水を通す方法もあり、さまざまな方法があるようですが、私が通院した病院では造影剤を流すタイプの検査でした。

この検査が、ただただ「痛い」の一言でした。不妊治療の経験のある方は、必ずといっていいほどこの検査を受けるようです。ただし、この検査を実施した後の半年ほどは、卵管の通りが良くなるので、妊娠しやすくなるようです。

どのような方法で不妊治療を始めるか

さて、この検査が終わるといよいよ「どのような方法で不妊治療を始めるか」という段階に入ります。私の場合はいきなり人工授精や体外受精といった方法に抵抗感があったので、いわゆる「タイミング法」という方法を選択しました。

これは、生理が終わった後に受診して、排卵日に合わせて必要時は排卵促進剤を打ってもらうという内容です。

ただし、「排卵促進剤」も人によっては薬が合わない等の副作用があるため、その点が心配になり、それが気になってしまった時点で私の中で「定期的に病院に通って不妊治療を行う」という選択肢はなくなりました。

幸い、生理がやや不規則ではあるけれど、一定の周期で来ていたことや、基礎体温表にて毎月規則正しく高温期と低温期に分かれていたため、排卵検査薬なども使いながら「おそらく排卵日はこのあたりだろう」というタイミングを自分なりに計算して妊活をするという方法で妊活に取り組みました。

$私が妊娠することができた決め手は

妊活開始後、妊活一筋で何も仕事もせずにいましたが、気持ちがだんだん落ちてくるのとストレスも溜まってくるので、アルバイトを始めました。気分転換にアルバイトを始めたのが良かったのかもしれませんが、妊活を始めて5か月目に妊娠することができました。

妊活中は、滋養強壮に良いとろろ芋を夫婦で食べたり、葉酸のサプリメントなども摂るなどして、食生活にも気をつけて過ごしていました。

  関連記事はこちら

 - 妊活中の体験談

ページ
上部へ