妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

35歳からのスタート!不妊治療の基本的な流れと妊娠の決め手

      2016/08/03

35歳からのスタート!不妊治療の基本的な流れと妊娠の決め手

36歳/専業主婦

私の場合、妊活のスタートは35歳になってからでした。まず3か月間、基礎体温をつけたことです。

妊活のための基礎体温のつけ方は、朝目が覚めた直後に、寝たままの状態で専用の基礎体温計で熱を測ることです(基礎体温計は口にくわえて計るもので、一般的な体温計では基礎体温は計ることができません)。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

産後の入院中のパジャマ選びは?機能性を考えたパジャマの選び方

無事出産を終えた後は退院までゆっくりしなければいけませんが、...

夜中のオムツ替えの時に大泣きする理由と解決策

赤ちゃんの夜泣きはストレスも溜まりますが、夜中にオムツ替えを...

【ママ必見】完母とミルクの違いを気にする必要が無い理由!

赤ちゃんが生まれてから、多くのママたちが悩むという問題。 ...

完母やミルクでなぜ吐くの?赤ちゃんが吐き出してしまう要因とは

赤ちゃんを完母で育てたりミルクと併用しているなど、人によって...

生後9ヶ月の赤ちゃんの離乳食とミルクの時間の間隔とは

生後9ヶ月ともなると動き回って目が離せなくなりますし、何でも...

ママ友とのランチ会で持ち寄りが不安な方へのアドバイス!

子供の通う幼稚園や保育園などで出会ったママ友たち。 親...

産後の痛みは何が原因?痛み止めの座薬は使ってもいいものなのか

出産を控えた女性には、心配事が沢山あります。 どの出産...

妊娠中なのに生理くるのは何故?月経様出血と毎月の生理との違い

妊娠中には生理はこないもの、とされています。 しかし、...

内診後に出血!?こんな時はお風呂に入っていいものなのか

妊婦健診で必ず行われる内診は、恥ずかしいだけでなく、実際に痛...

内診による出血?それとも異常出血?血の塊が出た時は要注意!

妊娠した女性にとって、定期検診とその際に行われる内診は、どう...

13週のエコー、4Dなら赤ちゃんの性別や顔、異常はわかるか

通常、妊娠12〜13週以降になると、それまでの妊娠検査で行わ...

シングルマザーで子供3人は生活が大変?家計の解決法教えます!

離婚によりシングルマザーとして子供3人と再出発、頑張ろうと思...

生後3ヶ月の赤ちゃんの体重増加とミルクの与え方

赤ちゃんが生後3ヶ月の頃になると徐々に体を動かすこともできる...

生後4ヶ月目の赤ちゃんの体重増加と成長の目安

生後4ヶ月の赤ちゃんの成長スピードは目を見張るものがあるので...

生後2ヶ月の赤ちゃんの体重が増えない要因と対策

赤ちゃんが生後2ヶ月になると成長にも個人差が出てくるので、ミ...

子供の友達を家に入れない?家に招待したくない理由や心理とは

自分の子供が友達を家に連れてくることもありますが、できれば友...

夜中のオムツ替えの時には電気をつけない方が良い理由と対策

赤ちゃんのオムツ替えを夜中にする時に、注意しなければいけない...

妊娠中の仕事の服装を選ぶときに注意したいことをご紹介!

妊娠中でも、お仕事に行く期間というのはありますよね? ...

子供がかわいいのはいつまで?年齢別で違いかわいさとは

自分の子供はいつまで経ってもかわいいと思うものですが、ある年...

育児をするのは大変!保育園に預ければ楽になる理由とは

子供の育児は大変なことですが、保育園に子供を預けている時は精...

スポンサーリンク


妊活の為のブライダルチェックを受け

3か月分ほど記録をつけたら、産婦人科に行って「ブライダルチェック」という検査を受けました。「ブライダルチェック」とは、健康診断の妊娠版のようなもので、血液検査や子宮頸がんの検査等の項目があります。

私の場合は、この血液検査にて卵子の数が減っているということがわかり、「妊娠する確率は低くなっているので、妊娠したいなら人工授精なども考えて」と言われてしまいました。次に、卵管造影検査という検査を受けました。

これは、精子が卵管を通るときに、卵管が詰まっていると受精できないということでその詰まり具合を確認するための検査です。

造影剤を卵管に通す検査方法もあれば、水を通す方法もあり、さまざまな方法があるようですが、私が通院した病院では造影剤を流すタイプの検査でした。

この検査が、ただただ「痛い」の一言でした。不妊治療の経験のある方は、必ずといっていいほどこの検査を受けるようです。ただし、この検査を実施した後の半年ほどは、卵管の通りが良くなるので、妊娠しやすくなるようです。

どのような方法で不妊治療を始めるか

さて、この検査が終わるといよいよ「どのような方法で不妊治療を始めるか」という段階に入ります。私の場合はいきなり人工授精や体外受精といった方法に抵抗感があったので、いわゆる「タイミング法」という方法を選択しました。

これは、生理が終わった後に受診して、排卵日に合わせて必要時は排卵促進剤を打ってもらうという内容です。

ただし、「排卵促進剤」も人によっては薬が合わない等の副作用があるため、その点が心配になり、それが気になってしまった時点で私の中で「定期的に病院に通って不妊治療を行う」という選択肢はなくなりました。

幸い、生理がやや不規則ではあるけれど、一定の周期で来ていたことや、基礎体温表にて毎月規則正しく高温期と低温期に分かれていたため、排卵検査薬なども使いながら「おそらく排卵日はこのあたりだろう」というタイミングを自分なりに計算して妊活をするという方法で妊活に取り組みました。

$私が妊娠することができた決め手は

妊活開始後、妊活一筋で何も仕事もせずにいましたが、気持ちがだんだん落ちてくるのとストレスも溜まってくるので、アルバイトを始めました。気分転換にアルバイトを始めたのが良かったのかもしれませんが、妊活を始めて5か月目に妊娠することができました。

妊活中は、滋養強壮に良いとろろ芋を夫婦で食べたり、葉酸のサプリメントなども摂るなどして、食生活にも気をつけて過ごしていました。

  関連記事はこちら

 - 妊活中の体験談


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82