妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

義母からのプレッシャー!妊活に一番効果があったもの

      2016/08/02

義母からのプレッシャー!妊活に一番効果があったもの

34歳/専業主婦

主人とは4年間の交際期間を経て結婚しました。同い年の主人とはまだ20代後半だけど、子供をすぐに授かりたいって気持ちはなく、夫婦二人の生活を楽しみたいと思っていました。

3人兄弟の長男である主人は結婚するまで自宅で、結婚して初めて家を出たような人です。なので新居も自宅から二駅先くらいのほどよいマンションに決めました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

産後の入院中のパジャマ選びは?機能性を考えたパジャマの選び方

無事出産を終えた後は退院までゆっくりしなければいけませんが、...

夜中のオムツ替えの時に大泣きする理由と解決策

赤ちゃんの夜泣きはストレスも溜まりますが、夜中にオムツ替えを...

【ママ必見】完母とミルクの違いを気にする必要が無い理由!

赤ちゃんが生まれてから、多くのママたちが悩むという問題。 ...

完母やミルクでなぜ吐くの?赤ちゃんが吐き出してしまう要因とは

赤ちゃんを完母で育てたりミルクと併用しているなど、人によって...

生後9ヶ月の赤ちゃんの離乳食とミルクの時間の間隔とは

生後9ヶ月ともなると動き回って目が離せなくなりますし、何でも...

ママ友とのランチ会で持ち寄りが不安な方へのアドバイス!

子供の通う幼稚園や保育園などで出会ったママ友たち。 親...

産後の痛みは何が原因?痛み止めの座薬は使ってもいいものなのか

出産を控えた女性には、心配事が沢山あります。 どの出産...

妊娠中なのに生理くるのは何故?月経様出血と毎月の生理との違い

妊娠中には生理はこないもの、とされています。 しかし、...

内診後に出血!?こんな時はお風呂に入っていいものなのか

妊婦健診で必ず行われる内診は、恥ずかしいだけでなく、実際に痛...

内診による出血?それとも異常出血?血の塊が出た時は要注意!

妊娠した女性にとって、定期検診とその際に行われる内診は、どう...

13週のエコー、4Dなら赤ちゃんの性別や顔、異常はわかるか

通常、妊娠12〜13週以降になると、それまでの妊娠検査で行わ...

シングルマザーで子供3人は生活が大変?家計の解決法教えます!

離婚によりシングルマザーとして子供3人と再出発、頑張ろうと思...

生後3ヶ月の赤ちゃんの体重増加とミルクの与え方

赤ちゃんが生後3ヶ月の頃になると徐々に体を動かすこともできる...

生後4ヶ月目の赤ちゃんの体重増加と成長の目安

生後4ヶ月の赤ちゃんの成長スピードは目を見張るものがあるので...

生後2ヶ月の赤ちゃんの体重が増えない要因と対策

赤ちゃんが生後2ヶ月になると成長にも個人差が出てくるので、ミ...

子供の友達を家に入れない?家に招待したくない理由や心理とは

自分の子供が友達を家に連れてくることもありますが、できれば友...

夜中のオムツ替えの時には電気をつけない方が良い理由と対策

赤ちゃんのオムツ替えを夜中にする時に、注意しなければいけない...

妊娠中の仕事の服装を選ぶときに注意したいことをご紹介!

妊娠中でも、お仕事に行く期間というのはありますよね? ...

子供がかわいいのはいつまで?年齢別で違いかわいさとは

自分の子供はいつまで経ってもかわいいと思うものですが、ある年...

育児をするのは大変!保育園に預ければ楽になる理由とは

子供の育児は大変なことですが、保育園に子供を預けている時は精...

スポンサーリンク


義母からの孫が欲しいというプレッシャー

主人の従兄弟に子供ができると、義両親から、特に義母からのプレッシャーが半端なくなりました。

たまに会うからなのか、会うたびに『孫が欲しい、抱っこしたい』と言われるのです。

果ては、自分(義母)が使っていた腹帯を見せてきて『もし妊娠したらこの腹帯を使ってね』と渡されました。

そのプレッシャーに負けたわけではないですが、やはり30歳前には赤ちゃんが欲しいなぁと考えるようになり妊活を始めました。

妊活を始めて一番効果があったのは

生卵を飲んだりストレスフリーな生活を心がけたりしましたが、一番効果があったのは基礎体温を計ることでしたね。

2ヶ月ほどつけるとなんとなくですが、この日が排卵日なんだとわかるようになりました。そして妊娠。とてもとても嬉しくて、と同時に怖くなりました。

自分が人を育てることができるのかなって。その点、主人は3人兄弟で一番下の兄弟とは10歳も離れているので、赤ちゃんの面倒をみた経験があり頼もしかったです。

妊娠中は母子手帳を端から端まで読み、生魚がよくないと書いてあれば大好きなお寿司を控えたり、栄養バランス表にしたがって夕飯を作ったり、色々頑張りました。

自分が食べたものが赤ちゃんも吸収しているかと思うとしっかりしなきゃって常に思っていましたね。義母はそんな神経質になっている私を大らかに見守ってくれました。

3人も育てて自営業で仕事もしていたから、きっと私の神経質さが本当は嫌だったと思います。

そして、赤ちゃんが逆子だと判明すると逆子体操をして直そうとしましたが、結局最終週まで直らず帝王切開ということになりました。

第二子を妊娠した時には神経質にはならず

3年経って第二子も授かりましたが、第一子のように神経質にはならず、好きなものを食べ上の子と遊び気ままに妊娠中を楽しみました。

というか、上の子がいるとそんな気にする余裕がないというのも本音ですけどね。妊娠6ヶ月まで自転車に乗っていたら子宮頚管が短くなり早産になりかけたので、さすがに安静にしていました。

上の子がいて入院したら大変なので。そして2人目も帝王切開で出産。少しだけ陣痛も味わえました。今では二人とも元気に育っています!

  関連記事はこちら

 - 妊活中の体験談


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82