妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

ホントに平気なの?私が妊娠中に経験したマイナートラブル

   

ホントに平気なの?私が妊娠中に経験したマイナートラブル


40歳/主婦

妊娠中は比較的安定して過ごすことができましたがあえてマイナートラブルについて書いてみます。

まずは身体の変化として大きく変わったのは妊娠線です。ケアをきちんとしていたにもかかわらず私はたくさん妊娠線を作ってしまいました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


ケアしていたのに出来たたくさんの妊娠線

私の母もたくさんできているので出来やすい体質もあるんでしょうか。私の場合は最初におっぱいの下側にできました。そして後期にはおなかの下側にも広がり・・結果的にはいっぱいです。

おなかが大きくなる前の段階から皮膚を柔らかくして伸びやすくしておくのが良いとお医者様に言われたにも関わらず出たのできっとこれはケアの問題ではなく体質かな?とあきらめてしまいました。

でも今になっては、これも子どもがおなかにいた証拠となって消えない勲章だと思うようにしています。

貧血と便秘に苦しめられてしまい

そして、次は貧血です。ヘモグロビンも若干少なめで鉄剤を服用していましたが、そうなると今度は便秘になるんです。

この便秘というのが妊婦の時期以外未経験だった私には結構つらく思いました。便秘になると今度はラキソベロンというお茶に液体を何滴かたらしてのみ、便を柔らかくする薬を処方されました。

症状を緩和するのに薬をのんで、またその副作用で薬を飲み、悪循環な気がしましたが先生は気にすることはないと仰ったので飲み続けました。

この薬が処方されたとおりに8滴くらいから始めると全く効かなくて、10滴たらしてと量を増やすと、今度は一気におなかが痛くなるということもあり難しい薬でした。

妊娠中は薬は出来る限り飲みたくはないですね。

おなかが大きくなるにつれて、仕事などで会議に出席していると頭にまで血がまわらなくなってきてしまい脳貧血を起こしたりもしました。

頭を下に下げればすぐに治るのですがもともと血流が悪いから妊婦になったらおなかの圧迫は大変でした。

妊婦なのに体重が減ったことを周りが心配

それでも元気な妊婦で赤ちゃんが大き目だから一生懸命歩きなさいとの指示を忠実に守って朝からも夕方からも毎日ウォーキングしていました。

そのおかげといっていいのか・・そのせいというべきなのかわかりませんが私は出産前の体重は妊娠発覚時の体重よりプラス3キロでした。

赤ちゃんの推定体重が3キロだったので私は妊婦になって体重が減ったことになります。それでも先生は赤ちゃんの頭が大きいから歩きなさいと進められていました。

周りの友達はプラス10キロとか15キロの子もいて、体重管理が難しいという妊婦のほうが多かったのに私は、全然体重が増えなくて周りに心配されました。

けれど出産してみたら3200グラム越えの大きなBabyでした。確かに頭囲が標準より大きかったです。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談

ページ
上部へ