妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

なかなか生まれない!長男と次男を妊娠してから出産するまでの一連の流れ

   

なかなか生まれない!長男と次男を妊娠してから出産するまでの一連の流れ


47歳/主婦

長男の時は看護師をしていたので、妊娠がわかった時点で上司に報告して、夜勤を免除してもらいました。妊娠4ヶ月の時に熱が出てしまって、母に「お腹に赤ちゃんがいるから、大事を取って休んだ方が良い」と言われ、1週間仕事を休みました。

同僚に夜勤を代わってもらい、迷惑をかけてしまいました。薬も最初は母に「飲まない方がいい」と言われましたが、病院に行って、妊娠していても大丈夫な物を飲みました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


職場や同僚の助けを借りながら働き続けた

仕事中もアルコール中毒の患者が暴れてしまったときに同僚が「休憩室に隠れていて」と守ってくれたり、重い患者さんのときは代わってくれたりしました。

夜勤は免除されましたが、仮眠の出来る当直はやっていました。

つわりもあって、吐いてしまったときもありました。酸っぱい物が食べたくなるのでらっきょうをよく食べていました。

妊娠中に主人が県内のほかの市に単身赴任してしまったので寂しくて、野良猫を飼っていました。仕事は妊娠8ヶ月までしていました。

その後産前休暇を取りました。主人が単身赴任していたので、早めに実家に里帰りしました。

妊娠10ヶ月の時に胎児の頭が大きくて産道が通るかお医者さんが心配していたので、病院でレントゲン写真を撮りました。結果は大丈夫でした。

予定日より早く陣痛が来たので、早く入院しましたが、なかなか生まれなくて、病院内をよく歩いていました。生まれるまで48時間かかりました。

次男の妊娠に気づいたのは妊娠4ヶ月ぐらい

次男の時は妊娠したのがわかりにくく、おりものもあったので妊娠4ヶ月ぐらいで病院に行って、妊娠がわかりました。妊娠が分かってすぐに前置胎盤と言われ、安静が必要でした。

家事以外はなるべく動かないようにしていました。1ヶ月ぐらいで治ったので、その後は普通にしていました。次男の時は仕事はしていませんでした。

次男の時はつわりはありましたが、吐くまでひどくなかったです。ちょうど愛知万博が開催されていて、妊娠中にもかかわらず、家族と親戚とよく行っていました。

そのことが「たまごクラブ」という雑誌で掲載されました。

予定日が近づいてもなかなか陣痛がこない

予定日ぎりぎりまで家にいましたがなかなか陣痛が来なくて、来ても病院に行くと「まだですよ」と看護師さんに言われました。

そうこうしていると定期検診に行くのを忘れて、病院から電話がかかってきて、「定期検診に来てください」と言われました。

病院に行くと、「次の日に入院して、陣痛促進剤を飲みましょう。」とお医者さんに言われました。

次の日に入院して陣痛促進剤を飲んで、その日に次男が生まれました。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談

ページ
上部へ