妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

3ヶ月の赤ちゃんを連れて旅行に行く際の準備と注意点

   

3ヶ月の赤ちゃんを連れて旅行に行く際の準備と注意点

旅行に行きたいと考えても、まだ幼い赤ちゃんを連れて行くことに不安を感じる人や、どんな準備をして何を気を付ければいいのかがわからなくて旅行に行くのをあきらめてしまう人も多いと思います。

そこで今回は3ヶ月の赤ちゃんを連れて旅行に行く際の準備と注意点を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

流産の手術後”絶対安静”のワケ。心と体を整えるために

授かった命を、望んだ妊娠を、流産と言う結果で終わっ...

赤ちゃんが風邪!?3ヶ月頃に起きる咳には要注意!

生後3ヶ月頃になると、生まれたての頃と比べるとしっ...

旦那が不倫?大好きだけど浮気を許せなくて困ってる人必見!

旦那が浮気をするなんて…と、浮気をしていた事を知っ...

赤ちゃんと動画を見る人必見!見せるなら車物がお勧めです!

生まれたばかりの赤ちゃんは視力が弱く、明暗のみしか...

生理前のお腹の張りと腰痛はPMS?妊娠超初期症状の可能性も

生理前になると、お腹の張りや腰痛などの不快症状が出やすくなり...

赤ちゃんって音楽で本当に喜ぶ?胎教から実践してほしいポイント

愚図った赤ちゃんに効くイルミネーションや音楽など、...

旦那が転職したいと言い出した!離婚したい理由と対処法とは

旦那がいきなり今の仕事を辞めて転職したいと言い出し...

公務員は産休で手当がもらえる?優遇される公務員の実態とは

公務員が産休を申請する時は、手当てについてはどのよ...

5人家族の生活費が50万円を超える?家計を見直すべきポイント

家族3世代5人家族で生活をしている家族にとって、生...

排卵期の症状《胸の痛み》は正常?そのメカニズムと緩和術!

女性ならば、”胸の違和感””胸の痛み”等を感じると...

赤ちゃんもお風呂に入る?1ヶ月目のお風呂で注意する点について

生後1ヶ月前後になると、病院から「1ヶ月検診」を受...

諦めないで!障害者でも結婚や出産している人はいます!

障害者だから結婚して出産してというのは高望みであり、実現化し...

胃腸炎だけじゃない?子供の嘔吐のみの症状について解説

下痢や嘔吐や吐き気、腹痛などが主な症状である胃腸炎...

生理予定日に少量出血があり、すぐに止まるのは妊娠の可能性有り

生理予定日に出血があると、妊活中の人はがっかりしま...

安定期である妊娠中期に出血が続く!その原因と対処法

妊娠5ヶ月に入る16週から妊娠7ヶ月終わりの27週までを指す...

前駆陣痛が痛い!眠れない!そんなときの対処法をご紹介します

体験して初めてわかる、出産の痛み。本陣痛の前に...

排卵注射で体温上がらない?注射と基礎体温と不妊治療の関係

不妊治療をしている方の中には排卵誘発剤を注射して、...

排卵日はどう知ればいい?月経周期が長い人の周期の改善方法

妊活をしている人で、一番重要な日は排卵日です。通常...

排卵日なのに基礎体温が下がらない時!排卵の有無の確認方法

妊活中の女性にとって、排卵日を確認のために、基礎体...

赤ちゃんは動画で英語を覚える?オススメの英語教育をご紹介

赤ちゃんに動画で英語を学ばせるやり方を取っているマ...

スポンサーリンク


3ヶ月の赤ちゃんでも首が座っていれば旅行はOK

赤ちゃんを連れて旅行や里帰りをしようと考えた時に、どれくらいの時期からならOKなのかがわからなくて悩んでしまう人も多いと思います。

基本的には何か月以上じゃなきゃいけないというような事はありませんが、安心・安全を考えれば首がすわってからにした方がいいでしょう。

生後3ヶ月の赤ちゃんであれば、ちょうど首が座ってきたころだと思います

そのころになれば、母子ともに体調も安定してきているので、実家への里帰りや、ちょっとした遠出もしやすくなります。

とはいえいきなり赤ちゃんを連れて長時間動き回っていたら、赤ちゃんがまいってしまって体調を悪くしてしまう危険性があります。

早い段階で旅行をしたいと考えるのであれば、1ヶ月検診で異常なしと診断されてから短い時間での外出やお買い物に連れて行くなどをして徐々に外出時間を伸ばしていき、旅行に向けての準備をしていくとよいでしょう。

また、初めての旅行は宿泊は避けて日帰りにする方が、赤ちゃんへの負担も少なくて済みますよ。

3ヶ月の赤ちゃんを連れて行く旅行に必要なもの

赤ちゃんを連れて旅行に行くとなると、準備をきちんとしなくてはいけません。特にしっかりと準備しておかなくてはいけないのがオムツと食事と着替えです。

オムツは、1日に4回取り換えるのであれば、日帰りの場合は5枚、1泊2日の宿泊旅行の場合は10枚といったように、必要としている量プラス1枚くらいは準備しておくといいと思います。

食事に関しては、旅行席では簡単に入手できない可能性も考えられますから、あらかじめ離乳食やミルクを用意して持っていく事を考えておいた方がよいでしょう。

着替えも、旅先で汚れてもいいように予備の服を準備しておいた方が安心でしょう。

このように、あかちゃんの為に準備しなくてはいけないものはいろいろありますが、赤ちゃんの事を考えているとどうしてもあれやこれやと気にしすぎて荷物が増えてしまいがちです。

よほどの田舎に行くのでもない限り、最低限の持ち物プラス1くらいで準備をして、足りなくなったら現地で調達できるようにあらかじめ旅行先で何が入手できるのか調べておくと、荷物が多すぎて困る心配もなくなるでしょう。

あらかじめ授乳のタイミングを計算しておく

赤ちゃんを連れて旅行に行くのに必要な準備は、何も持ち物だけではありません。

いくら赤ちゃんを連れて旅行に行きたいからと言っても、赤ちゃんの生活リズムを崩してしまわないように気を付けなくてはいけません。

そのためにまず1番に考えなくてはいけないのが赤ちゃんへの授乳です。

旅行中でも授乳のタイミングは赤ちゃんの生活リズムに合わせてあげられるようにしましょう。

普段の授乳のタイミングから、どのくらいの時間帯で授乳をすればいいのかはわかっているはずですから、移動中でも授乳の為に時間を作れるようにうまくスケジュールを組むことが必要となります。

授乳後は機嫌が良くなって眠ってしまうようであれば、それを利用して泣かれたら大変そうなタイミングや飛行機での移動の直前などに授乳をするなどして、ちょっとした工夫をするだけでも移動が楽になります。

旅行先や授乳のタイミングでよる場所に授乳室などの設備があるかどうかを調べておくのも忘れないようにしましょう。

旅行先で注意しておきたいポイント

3ヶ月の赤ちゃんを連れての旅行は、大人だけでの旅行とは違って旅先の情報はなるべく細かく調べておいた方がいいでしょう。

そういった意味では、行きたい場所に充実した設備があるかを考えるのではなく、赤ちゃんを連れて行っても負担がないかどうかを前提に旅行先を決めたほうがいいとも言えます。

宿泊施設を選ぶ際は客室がベッドか布団か、食事は部屋でするのかどうか、赤ちゃんも温泉に入ってもいいのかどうかなど、細かいところを事前に確認しておくだけでトラブルも避けられますし、現地で困る心配もありません。

宿泊施設のサービスに関してはホームページで確認することができることが多いですが、詳細が見当たらない場合は電話で直接問い合わせをして確認をしたうえで決定をするといいでしょう。

観光予定地も、赤ちゃん用の授乳室や休憩できる場所オムツ交換ができるトイレなどがあるかや、ベビーフードやミルク用のお湯を提供してくれる飲食店があるかも調べておくと、現地についてからあたふたせずに旅行を楽しめるでしょう。

3ヶ月の赤ちゃんを連れての移動手段

3ヶ月の赤ちゃんを連れて旅行に行く時は、移動する際の交通手段に関しても注意しなくてはいけないことがあります。

電車や新幹線で旅行に行く場合に気になるのは、急に赤ちゃんが泣きだすことだと思います。

赤ちゃんが泣くのは当然の事なので、周囲もわかっているとは言うものの、やはり泣き出してしまったら周囲の目が気になってしまいますよね。

電車に乗る際はお菓子やお気に入りのおもちゃをもって行ったり、新幹線ならすぐにデッキに移動できるようになるべく出入り口付近の席を予約するとよいでしょう。

飛行機移動の場合は、各社が赤ちゃん用のサービスを提供しているので、事前に提供しているサービスを確認して、当日活用すると安心です。

自家用車で旅行に行けば、周囲に迷惑をかける心配はありませんが、気を付けなければいけないのは渋滞です。

あらかじめ目的地までのルートを調べて、休憩できるようなエリアがどれくらいあるのかをチェックしておけば、急に赤ちゃんがぐずりだしたとしても安心です。

このように、前もって万全の準備をしておけば、3ヶ月の赤ちゃん連れの旅行も可能です。

少ない負担で楽しい旅行をして素敵な思い出作りをしてください。

  関連記事はこちら

 - 育児・子育てのお話し

ページ
上部へ