妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

逆転の発想!つわりの吐き気で胃を傷つけない為の工夫

      2016/07/31

逆転の発想!つわりの吐き気で胃を傷つけない為の工夫

30歳/専業主婦

妊娠して初めて経験したつわりの辛さといったら予想をはるかに超えていました。

妊娠が分かって、1週間ほどしてからなんだか常に気持ち悪い、お腹が空くとなお気持ち悪い、という感覚になりました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

子供がかわいいのはいつまで?年齢別で違いかわいさとは

自分の子供はいつまで経ってもかわいいと思うものですが、ある年...

育児をするのは大変!保育園に預ければ楽になる理由とは

子供の育児は大変なことですが、保育園に子供を預けている時は精...

息子の彼女がブサイクな時の心理と付き合い方

自分の息子が彼女を連れてきた時は、どんな相手かドキドキするも...

妊娠検査薬チェックワンは蒸発線がでない高性能商品!

「チェックワン」は医薬品製造(株)アラクスの妊娠検査薬です。...

専業主婦で子供あり貯金なし。この状況で離婚する方へのアドバイス

夫との夫婦生活を流付けていくのに限界を感じてしまった。離婚を...

育児にイライラして怒鳴ってしまう!気持ちを落ち着かせる方法

育児をするのは大変なことですが、ついイライラして怒鳴ってしま...

妊娠検査薬が陰性でも吐き気や生理がくることがある!

妊娠したかなと思ったとき、市販の妊娠検査薬で試される方は多い...

妊娠中はイライラする!旦那に当たる妻の理由と対処法

妻が妊娠中だとイライラして旦那に当たることは多いですが、女性...

産後に体重増加をする理由とむくみの改善方法をご紹介

産後はホルモンバランスが崩れている状態なので、体にも大きな変...

手が震える子供が心配。その原因や改善法!

ふと見ると、子供の手が震えている時がある。 常にと言う...

親が子供を施設に預けてしまう理由は、こんなものだった!

母親であれば、自分がつわりや陣痛などの様々な妊婦生活の苦しみ...

自閉症の子供が小学生になる時は私立に入れた方がいい理由

自閉症の子供を育てている親にとって、小学校に入学させる時には...

子供が出来ると性格が変わる…? 夫婦が親になるということ

子供が出来てから、妻が変わってしまった。 子供が出来て...

新生児のお腹がギュルギュルする理由と原因

新生児の赤ちゃんはミルクを飲んだ後にお腹がギュルギュルするこ...

これって大丈夫なの?内診での出血とおしるしの違いとは

出産の時期が近づいてくると内診を受ける感覚も短くなっていきま...

生後2ヶ月の体重が増えすぎた時の原因と対策

生後2ヶ月の赤ちゃんの体重は、平均すると4000グラムから7...

1歳3ヶ月で体重が増えすぎた時に知っておきたいこと

赤ちゃんが1歳3ヶ月になると常に目を離せない状態となるので、...

息子を可愛いと思えない?高校生の息子を愛するための考え方

息子のことを可愛いと思う時期は子供が小さい時だけではなく、高...

息子の彼女を可愛いと思える?時には大人げなくなる複雑な親心

愛する息子が成長し、いつの日かお嫁さんをもらうことになります...

施設に子供を預ける理由は?お金と幸せの両方を得るための考え方

子供を育てるにはいろいろと大変な苦労がありますが、何らかの事...

スポンサーリンク


突然始まったつわりも最初は嬉しかった

これがつわりかぁ、と思っていたら日に日に気持ち悪いのが増してゆき、妊娠が分かって2週間目には吐いていました。

突然でした。朝ごはんを普通に食べ終わって10分もたたないうちに、気持ち悪い、これは本当にヤバイやつだ、という風になり、その後はもうダメでした。

初めて吐いた時は、いよいよつわりが本格的になってきたな、と思い少しウキウキしながら仕事中の旦那にメールしました。

自分が妊娠している事を実感できたので、少し嬉しい気持ちでした。ところがそのウキウキ感は早くも崩れました。

大好きだったものが気持ち悪くて食べられない

一日中気持ち悪くて吐くという生活が始まったのです。これまで大好きだった白米が受け付けなくなり、食べると必ず吐いてしまい、吐く時も辛かったです。

そしてかなり気持ち悪さが倍増したのは、これも大好きだったチョコレート菓子です。これも食べてすぐにダメでした。

体全体がチョコレートを拒否して防衛反応が働いていたように思います。それから全ての食品が受け付けられなくなり、体重は1週間で3キロ落ちました。

スポーツドリンクを少しずつ飲んで脱水症状にならないように気をつけていました。 またほうじ茶や麦茶をたくさん飲んでいました。

吐きそう、と思った時にお茶を飲んで、それを吐くようにすると、もう吐くものがなくなった空っぽの胃を傷付けずに済んだように感じます。喉も切りませんでした。

とにかく吐かない事よりも楽に吐くためには、というら観点から考える事にして、つわり期を過ごしていました。

つわりのピークを迎えた時は、毎日辛くてこの一日中続く気持ち悪さに終わりが見えなくて、長く暗いトンネルに入ったように思えました。

つわりのつらさから唯一救われたもの

でもそんな時唯一救われたのが、可愛い我が子のエコー写真を見る事でした。

赤ちゃんが頑張って生きようとしているのを見ると、つわりが辛くても頑張ろう、という気になれました。赤ちゃんの力は本当にすごいです。

ちなみに旦那はつわりの辛さが分からないみたいで、私が吐いている時も、隣の部屋でスマホをいじっていました。それには怒り心頭でした。

今思い出しても腹が立ちます。そして結構恨んでいます。

まあ、男の人にはわからない事ですし、仕方ないかなとも思いますが‥。

辛いつわりが2ヶ月以上続き、ようやく気持ち悪さが和らいできた時は本当に嬉しかったですし、長い間よく耐えたな、と思いました。

それからご飯がとても美味しく感じられ、ご飯やお菓子をバクバク食べていたので、妊婦検診の時に体重注意のハンコを押されてしまいました。

そこから体重管理との闘いが始まりました。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82