妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

   

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額になりますよね。500円ランチを頑張って探してみても、20日分で1万円にもなります。

「ちょっと今月ピンチかも・・・」そこでお弁当へ切り替える人も多いのではないでしょうか。

忙しい現代人はお弁当を作るとなっても冷凍食品へ偏りがちです。結局スーパーであれこれ買っていたら、手間もかかるしあまり節約になっていない?なんてことになりがち。

お弁当で賢くランチ代を節約するポイントを押さえておきましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク


お弁当で節約したいなら冷凍食品はいくらで買うべき?

まず節約をしようと決めたら、今いったいいくらランチに使っているのか金額をきちんと把握することからはじめます。お弁当は毎朝おかずを詰め、帰ってきたらしっかり洗わなくてはならず、外食に比べると手間がかかります。手間がかかっても節約になっていることがわからないと、続けるのも大変ですよね。

すべてのおかずを手作りできればいいものの、毎朝早く起きて準備するのも正直辛いでしょう。そこで便利なのがスーパーやコンビニで手軽に購入できる冷凍食品ですが、価格によっては必ず節約できるとも限らないので注意してください。

毎日ランチに1000円程度かけているなら別ですが、400円前後のお弁当などで済ませている人は、定価で冷凍食品を買ってしまうとあまり節約にはならないでしょう。特売日を狙ってまとめ買いしておかないと、かえって損してしまうことさえあるかもしれません。

お弁当の節約には手作り冷凍食品が欠かせない!

冷凍は冷凍でも、市販のおかずを買うのではなく、手作りのおかずを冷凍して使えば大幅な節約が期待できます。またおかずは朝作るのではなく、時間のある休日や夕飯のおかずを多めに作って冷凍しておくと便利です。朝はお弁当箱に詰めるだけにしておけば時間短縮になりますよね。

意外と忘れがちですが、食材を安く購入できたとしても自炊すると水道光熱費がかかります。毎日少量でもガスや電気、水道を使えば一か月分の請求が今までよりも多少増えるでしょう。毎朝おかずを作る時間があったとしても、調理はまとめてやった方がより節約に繋がります。

お弁当に使いやすくするためには、小分けにしてから冷凍することも忘れずに!ラップで包むだけでなく、タッパーの中にカップを並べ、そこにおかずを入れた状態で冷凍しておけば、移し替えるだけで済みます。

節約だけ考えるのは危険?冷凍食品で作るお弁当の落とし穴

たとえ安く購入できたとしても、冷凍食品だけでお弁当を作っていると気になることがあります。それは栄養バランスや添加物について。

どうしても自分の好きなものに偏りがち、且つお腹にたまるものを選びがちだと栄養バランスが良いとは言えません。また少なからず添加物が入っているため、手作りのものに比べると心配要素もあります。

すべてを手作りするのはなかなかハードルが高くても、自分で作れそうなものは手作りするように心がけるようにしてみてはいかがでしょうか。よくお弁当には「赤・緑・黄」が必要だといいますが、これらの信号機カラーがしっかりと入っていれば、バランスの良いお弁当を目指せているというものです。

緑と赤は野菜がないとなかなか出せない色なので、彩りを考えることで自然とバランスを考えてお弁当を作ることができます。

お弁当はだんぜんまとめてがお得!場合によっては節約が難しいことも

手作りを冷凍して活用するほか、お弁当はまとめて何個を作る方が節約には向いています。一個のお弁当のためにはそこまで作り置きもできませんし、食材は小分けで購入すると高くつく場合がほとんどです。

一人暮らしで普段からあまり料理もしない、量も食べない、そういった場合は毎日お弁当に変えるのではなく、曜日によって変えてみる程度にしたほうが無理なく続けられるでしょう。節約も大切ですが、健康的においしく食べられたほうがいいですよね。

毎日のランチ代に上限を設け、一日このくらいまでなら使っていいと決めておくだけでも節約になります。ランチ以外にもコーヒー代やおやつ代など、トータルすると意外と多く使っていることもわかるかもしれません。

また飲み物を持参するだけでも節約になります。一日で何杯か購入していたとしても、その一杯分が浮くだけで数千円の差があります。

これだけでも違う!一部だけお弁当に切り替えてみよう

またお弁当の一部だけを持参するのもおすすめです。ご飯だけ持参をして、おかずをコンビニやお弁当屋さんで購入するだけでも数十円、数百円と安く済ませることができます。お味噌汁や豚汁といったお汁系もいいですね。

栄養バランスを考えて、がっつりご飯は外で買って、野菜や果物だけ家から持参するのもOK。コンビニにたくさんあるサラダも、よくよく考えてみると結構いいお値段なのです。小さな容器に入った200円~300円ほどのサラダですが、その値段を出すならレタスがまるまる一玉買えてしまいます。

レストランと比べてしまうとコンビニは安価で利用しやすいものの、スーパーと比べればいかに高いかわかるはず。スーパーだといくらで作ることができるのか、近所のスーパーの偵察をしてみると、お弁当を作ろうという意欲が湧いてくるかもしれませんね。

  関連記事はこちら

 - お金のお悩み

ページ
上部へ