妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

痛みの連続!奇形の心配もした次男妊娠中の痛い体験談

   

痛みの連続!奇形の心配もした次男妊娠中の痛い体験談

40歳、会社員主婦

妊娠中の痛い体験談です。上の子が保育園でおたふくがせをもらってしまって、それを私ももらってしまいました!

子供は片方の耳下腺が少し膨れた程度で、痛みもそれほどなく終わりましたが、私はやはり片方だけですが耳下腺が日に日に大きくなりパンパンにはれあがりました。妊娠中8ヶ月でした。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

産後の入院中のパジャマ選びは?機能性を考えたパジャマの選び方

無事出産を終えた後は退院までゆっくりしなければいけませんが、...

夜中のオムツ替えの時に大泣きする理由と解決策

赤ちゃんの夜泣きはストレスも溜まりますが、夜中にオムツ替えを...

【ママ必見】完母とミルクの違いを気にする必要が無い理由!

赤ちゃんが生まれてから、多くのママたちが悩むという問題。 ...

完母やミルクでなぜ吐くの?赤ちゃんが吐き出してしまう要因とは

赤ちゃんを完母で育てたりミルクと併用しているなど、人によって...

生後9ヶ月の赤ちゃんの離乳食とミルクの時間の間隔とは

生後9ヶ月ともなると動き回って目が離せなくなりますし、何でも...

ママ友とのランチ会で持ち寄りが不安な方へのアドバイス!

子供の通う幼稚園や保育園などで出会ったママ友たち。 親...

産後の痛みは何が原因?痛み止めの座薬は使ってもいいものなのか

出産を控えた女性には、心配事が沢山あります。 どの出産...

妊娠中なのに生理くるのは何故?月経様出血と毎月の生理との違い

妊娠中には生理はこないもの、とされています。 しかし、...

内診後に出血!?こんな時はお風呂に入っていいものなのか

妊婦健診で必ず行われる内診は、恥ずかしいだけでなく、実際に痛...

内診による出血?それとも異常出血?血の塊が出た時は要注意!

妊娠した女性にとって、定期検診とその際に行われる内診は、どう...

13週のエコー、4Dなら赤ちゃんの性別や顔、異常はわかるか

通常、妊娠12〜13週以降になると、それまでの妊娠検査で行わ...

シングルマザーで子供3人は生活が大変?家計の解決法教えます!

離婚によりシングルマザーとして子供3人と再出発、頑張ろうと思...

生後3ヶ月の赤ちゃんの体重増加とミルクの与え方

赤ちゃんが生後3ヶ月の頃になると徐々に体を動かすこともできる...

生後4ヶ月目の赤ちゃんの体重増加と成長の目安

生後4ヶ月の赤ちゃんの成長スピードは目を見張るものがあるので...

生後2ヶ月の赤ちゃんの体重が増えない要因と対策

赤ちゃんが生後2ヶ月になると成長にも個人差が出てくるので、ミ...

子供の友達を家に入れない?家に招待したくない理由や心理とは

自分の子供が友達を家に連れてくることもありますが、できれば友...

夜中のオムツ替えの時には電気をつけない方が良い理由と対策

赤ちゃんのオムツ替えを夜中にする時に、注意しなければいけない...

妊娠中の仕事の服装を選ぶときに注意したいことをご紹介!

妊娠中でも、お仕事に行く期間というのはありますよね? ...

子供がかわいいのはいつまで?年齢別で違いかわいさとは

自分の子供はいつまで経ってもかわいいと思うものですが、ある年...

育児をするのは大変!保育園に預ければ楽になる理由とは

子供の育児は大変なことですが、保育園に子供を預けている時は精...

スポンサーリンク


とにかく病院へ行き診察、すると私は小さい頃におたふく風邪をやったことがあることが分かりました。なのにかかってしまった。ですから、子供の頃にかかったから大丈夫と侮っては行けません。

子供がかかってしまったら十分に注意しないといけません。幸いにもお腹の胎児には影響はないとのことでしたので、それは安心しました。

ものを食べるたびに痛みに苦しめられるおたふく風邪

皆さん大人になってからのおたふく風邪の経験はありますか?あれは腫れて痛いのではなくて、唾液を精製すると痛いようです。ですからものを食べると痛い!痛くて痛くて食べられないのです。

病院からはおたふく風邪を治す薬はないと言われ、対症療法としての痛み止めの薬が処方になりました。ですが妊娠中なので強い痛み止めは飲めず、弱い痛み止めです。

ですが私はその痛み止めでも効いたので、おたふく風邪の痛みはだいぶやわらいで過ごせましたがやはり食べると痛いので水分だけ飲んで過ごしていました。

痛みは引いても腫れが引かずに引きこもり状態

痛みが引くのも3、4日かかりましたが無事にいたみはなくなりました。腫れが引くのは1週間ほどかかりました。

仕事は辞めた後だったのでよかったですが、腫れているあいだは外に出れずに家の中で引きこもり状態でした。

恥ずかしくて買い物にもいけないほど腫れてしまったので、うつしてしまうというのもありましたが、散歩すらいけずの期間でした。買い物は母親や旦那にいってもらいました。

ですが私のおたふく風邪は誰にもうつすことなく終わりました。その後我が家の次男坊は無事に生まれました。おたふく風邪では奇形はないと言われても不安はあったのでよかったです。

たくさんの痛い思いも今はいい思い出

次男は私の3番目の子供なのですが、陣痛は一番きつかった。途中で陣痛が遠のいてしまったので、陣痛室から一度部屋に戻されました。

なかなか陣痛が強くならずに待っていると、医師が膜を破ってくれたので、そこから陣痛がつきようやくのご対面でした。

おたふく風邪にうつったのは次男のせいではないけど、妊娠中といい、生まれるときといい痛い思いを沢山した妊娠期間でした。それから生んだ後に後陣痛もひどくて眠れず座薬を使ってもらいました。

まあそれも今ではいい思い出。次男も10歳になり元気なサッカー少年になっています。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82