妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

女性としての貴重な期間!3人の子供を出産して学んだ事

   

女性としての貴重な期間!3人の子供を出産して学んだ事

37パート

妊娠中は、つわりもひどく、本当に辛い経験しかありません。

一人目のときは、初めての妊娠で、自分の体の変化や気持ちの変化にとまどいばかりで、情緒不安だったと思います。自分の中に新しい命があることも実感できず、ただ、毎日毎日治らないつわりと戦っていました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク


充実しリラックスしていた2人目の妊娠

それから出産し、感動も体験して、2人目を希望していた頃には、冷えからくる不妊や、ホルモンバランスの乱れに悩まされ何年も治療に通いました。あるとき、諦めかけた頃に、二人目を妊娠しました。

生活的にも余裕があった時期でつわりは同じくありましたが、ゆっくりと妊婦生活を送れていたと思います。上の子の成長をみながら、新しい下の子の誕生を楽しみにしていました。

今思うと、1番充実してリラックスしていた気がします。それからは、仕事仕事で子育てと両立しながらやってきましたが、長い年月をあけて、奇跡の第三子を妊婦しました。

みんな、だんだん上の子達が大きくなってきていたので、新しい家族が来ることに驚きと楽しみでいっぱいでした。

つわりは、3人の中で1番ひどく、上の子の成長をみながら、毎日トイレに顔をうずめて、なきながら吐いていました。食べては吐き食べては吐き、5ヶ月に入るまで吐いていました。

一番上の子の反抗期と重なり、何度も泣いていたこともありました。上の子の成長をみながら、新しい命を育むのは想像以上に大変なことでしたが、まわりの仲間達に助けてもらいながら、どうにかのりきりました。

妊娠中には、何もほかでは悩みはなかったのですが、産んでからすぐに、人生ではじめて、人間不審になる出来事があり、毎日まだ回復しない体と、産まれたばかりの末っ子をだきながら、泣いていました。

3人の子供を妊娠したことで学んだ事

時がたつのははやいもので、それから何年もたちますが、妊娠中というのは女性にとって、通常とは全く違う心情になる期間だと思います。

そこから学び取ることはとても多く、その時の辛さや経験がのちの子育てにプラスになったら乗り越える力になったりするんだなあと思います。

つわりを通しても、誰もがなるわけでもなく、ならない人、軽い人、入院になってしまう人と様々ですし、それが個々の人間を作り出す為には必要なことなんだなあと思います。

妊娠中の出来事をバネにその後の長い子育て生活が、張り合いのある、そして癒しでもある素敵なものになれば、みんなママ達も乗り越えて行けると思います。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談

ページ
上部へ