ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

余計なお世話!妊活中に言われて本当に嫌だと感じたこと

2016.8.1

32歳/主婦

結婚して約3年。それなりに小作りに励んでいたもののなかなか授かる事の出来ない日々が続きました。

自分より後に結婚した友人や会社の同僚でさえ順調に妊娠できているのに、自分だけはうまく行かず、モヤモヤしていました。

調べてもらいたいけど産婦人科が怖くて検査に行けず

病院に行って自分の身体を調べてもらうことも考えましたが”産婦人科が怖い”という自分の弱い部分があり病院にも行かずです。

産婦人科が怖いのは、市長村から発行される無料子宮頸がん検診のクーポンがあったので産婦人科に行ったところ、その検診に恐怖感を抱いたことからでした。

夫婦共働きで、私の仕事も忙しい中だったのでずっと続けたいと思っていた仕事ではありましたが、一度妊活のために仕事を辞めてゆっくり専業主婦にでもなろうと決意し仕事を辞めることにしました。

上司や同僚の心無い言葉に悔しい思い

”妊活で仕事を辞める”ということを上司や周りの同僚に伝えると「辞めなくてもいつかは授かる」とか「そこまでしないと妊娠できないの?」などその人からすると何気ない言葉だったのかもしれませんが、私からすると少し悔しいことを言われた気がしました。

そりゃ、人によってはどんな過酷な労働していても妊娠する事の出来る人はできるだろうし、そんなの人によって違う事なのに本当に子供を望んでいる人に対してそんな風な言葉をかけなくてもいいのにな・・。と思ってしまいました。

会社を辞めて、”さあ妊活!!”と意気込むと同時に、今まで仕事で忙しくてできなかった家の事や、手の混んだ料理を作ったりする事。

ゆっくり時間をかえてウォーキングしたり。。。今まで出来なかったことを取り戻すように過ごし始めました。

好きな時間に好きな事をしてストレスが全くない日々を過ごす中で自分の中で”すぐに妊娠できなくてもよいか”と思えるようになっていました。

そう思いながらも、妊娠によいと言われる葉酸ルイボスティーやザクロジュース。さまざま生活の中で取り入れて行く中、”あれ、生理が来ない!!”という状況に。

毎日つけていた基礎体温も高温期が続き、市販の検査薬で試してみたところ、陽性反応が。病院にいくと妊娠していることがわかったのです。仕事を辞めて1ヶ月後のことでした。

分かった時は本当に嬉しかったでしすし、夫も喜んでくれました。

何が原因だったのかはわかりませんし、仕事が直接的な原因だったのかどうかもわかりません。

妊娠するのは当たり前のことではない

だけど、環境を変えてみて本当によかったなっと今は思います。結婚して数年経っても子供がいない夫婦に対して世間は「子供はまだなの?」「子供は作らない派?」などと声をかけてくる方。

たくさんいますが、そういう事を言われる事って本当に嫌だったりします。私はいつも「欲しいんですけどね」って答えてましたが。

一つ言いたいのは、妊娠するのは”当たり前”のことではないし、妊娠しても無事出産することも”当たり前”の事ではないということですね。

私からすれば、”妊娠できる”ことは本当にありがたいことだと思うし、お腹の中で無事に赤ちゃんを守りきり出産することは本当に大変だし尊いことだと思います。

結婚して子供を産むのが当たり前!!という意見が多い中ですが、そうではないということをもっとわかってほしいなって思いました。

 - 妊活中の体験談