妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

予想外!心配でたまらなかった妊娠中の上の子の行動

      2016/08/04

予想外!心配でたまらなかった妊娠中の上の子の行動

37歳/主婦

ずっと欲しかった二人目を授かったのは、上の子(男の子)が3歳10か月の時でした。

初期はつわりがひどくて、上の子のお世話に影響がないように努力はしていたものの、それはそれは毎日必死でした。

お米のニオイがつらいのに、子供にはご飯を炊いて与えなくちゃいけませんしね。一人目の時のように、自分だけが休める状況ではないですよね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員は産休で手当がもらえる?優遇される公務員の実態とは

公務員が産休を申請する時は、手当てについてはどのよ...

5人家族の生活費が50万円を超える?家計を見直すべきポイント

家族3世代5人家族で生活をしている家族にとって、生...

排卵期の症状《胸の痛み》は正常?そのメカニズムと緩和術!

女性ならば、”胸の違和感””胸の痛み”等を感じると...

赤ちゃんもお風呂に入る?1ヶ月目のお風呂で注意する点について

生後1ヶ月前後になると、病院から「1ヶ月検診」を受...

諦めないで!障害者でも結婚や出産している人はいます!

障害者だから結婚して出産してというのは高望みであり、実現化し...

胃腸炎だけじゃない?子供の嘔吐のみの症状について解説

下痢や嘔吐や吐き気、腹痛などが主な症状である胃腸炎...

生理予定日に少量出血があり、すぐに止まるのは妊娠の可能性有り

生理予定日に出血があると、妊活中の人はがっかりしま...

安定期である妊娠中期に出血が続く!その原因と対処法

妊娠5ヶ月に入る16週から妊娠7ヶ月終わりの27週までを指す...

前駆陣痛が痛い!眠れない!そんなときの対処法をご紹介します

体験して初めてわかる、出産の痛み。本陣痛の前に...

排卵注射で体温上がらない?注射と基礎体温と不妊治療の関係

不妊治療をしている方の中には排卵誘発剤を注射して、...

排卵日はどう知ればいい?月経周期が長い人の周期の改善方法

妊活をしている人で、一番重要な日は排卵日です。通常...

排卵日なのに基礎体温が下がらない時!排卵の有無の確認方法

妊活中の女性にとって、排卵日を確認のために、基礎体...

赤ちゃんは動画で英語を覚える?オススメの英語教育をご紹介

赤ちゃんに動画で英語を学ばせるやり方を取っているマ...

3ヶ月の赤ちゃんが体重増加しないのは完母の限界かもしれません

3ヶ月の赤ちゃんの体重増加はすさまじく、平均で生ま...

3ヶ月の赤ちゃんが咳き込む原因と対処方法!病院受診の目安も

3ヶ月の赤ちゃんと言えば、ママからの免疫があるため「病気...

3ヶ月以下の赤ちゃんが咳き込む!その原因と対処法!

お腹の中で守られながら少しずつ大きくなって、ようやく外の世界...

仮病で学校を休む理由と、そんな子供への対処法!

朝になると起きられないとか、頭が痛い、お腹が痛いなどと言って...

子宮のあたりがちくちく痛い。排卵後の下腹部痛について解説

排卵後の子宮の痛み。もしもあなたが今妊娠を望んでいるのであれ...

赤ちゃんが動画を見て笑う!赤ちゃんウケする動画について解説

赤ちゃんの笑う声って、本当に癒されますよね。ついこ...

陣痛の促進剤 ― 経産婦だからこそ知っておきたい促進剤のこと

陣痛促進剤について、どんなイメージを持っていますか...

スポンサーリンク


下の子を妊娠してから上の子の態度が変化

まさに「親になる覚悟とはこういうことか」と、今さら思いました。そして、上の子は今まで以上に、私に甘える毎日…。まさに「赤ちゃんがえり」だと思われました。

今さら「抱っこ」が増え、トイレですら「一緒に行こう」など…。

さらに、今までなら一人でできていた「着替え」や日常の細かいことまで、なぜかすべて「ママやって〜」を連呼。

私はお腹が大きくなってきてから、「お腹の赤ちゃんのこと」について話そうと決めていました。

赤ちゃんの事を上の子に話したら

「女の子」だと性別が診断された日に、上の子にお話しました。「ママのお腹には、女の子の赤ちゃんがいるんだよ」

そのとたん、上の子は「僕が赤ちゃんなの〜〜〜」と、いきなりギャン泣きでした。てっきり一緒に喜んでくれると思っていたのに、その反応には、本当に驚きました。

それからというものの、毎日のように「ママのお腹に帰りたい」…。「ぼくが赤ちゃんなんだからね」を連呼。

一日に何度もその言葉を発していました。まさに猛烈な「赤ちゃんがえり」をしていました。

私は、なるべく寂しい思いはさせないように、今のうちにたくさん上の子と遊んであげようと思い、遊んであげていたつもりでした。

しかし、遊べば遊ぶほど、夜寂しくなるようで、寝る前すらも思い出したように泣いて言いました。「ママのお腹に帰りたい」を連呼。さらに、お腹に顔を近づけて寝る始末。

その様子を見ては、産まれてからの「赤ちゃんがえり」までも心配になりました。猛烈なる「赤ちゃんがえり」のまま、あっという間に出産日。

出産直前まで上の子が心配でした。家族立ち合いの出産方法を選んだ私は、陣痛が始まり、パパと上の子と一緒に産院へ。

そして、出産に立ち会った上の子は、泣くのかと思ったら泣きもせず、ずっと静かに見ていました。

下の子が生まれた途端に上の子がキャラ変

とうとう下の子が産まれてきました。上の子の第一声は「やった〜僕、お兄ちゃんだ」でした。

このキャラ変には親もびっくりでした。今では、泣きもせず、もちろん「赤ちゃんがえり」もありません。

「オムツいる?」「可愛いね」「ママ、泣いちゃってるよ」など、妹のお世話を一緒にお手伝いする日々です。

あの猛烈な「赤ちゃんがえり」は、優しいお兄ちゃんになるための準備だったのでしょうか?

今では笑い話です。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談

ページ
上部へ