妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

予想外!心配でたまらなかった妊娠中の上の子の行動

      2016/08/04

予想外!心配でたまらなかった妊娠中の上の子の行動

37歳/主婦

ずっと欲しかった二人目を授かったのは、上の子(男の子)が3歳10か月の時でした。

初期はつわりがひどくて、上の子のお世話に影響がないように努力はしていたものの、それはそれは毎日必死でした。

お米のニオイがつらいのに、子供にはご飯を炊いて与えなくちゃいけませんしね。一人目の時のように、自分だけが休める状況ではないですよね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

子供がかわいいのはいつまで?年齢別で違いかわいさとは

自分の子供はいつまで経ってもかわいいと思うものですが、ある年...

育児をするのは大変!保育園に預ければ楽になる理由とは

子供の育児は大変なことですが、保育園に子供を預けている時は精...

息子の彼女がブサイクな時の心理と付き合い方

自分の息子が彼女を連れてきた時は、どんな相手かドキドキするも...

妊娠検査薬チェックワンは蒸発線がでない高性能商品!

「チェックワン」は医薬品製造(株)アラクスの妊娠検査薬です。...

専業主婦で子供あり貯金なし。この状況で離婚する方へのアドバイス

夫との夫婦生活を流付けていくのに限界を感じてしまった。離婚を...

育児にイライラして怒鳴ってしまう!気持ちを落ち着かせる方法

育児をするのは大変なことですが、ついイライラして怒鳴ってしま...

妊娠検査薬が陰性でも吐き気や生理がくることがある!

妊娠したかなと思ったとき、市販の妊娠検査薬で試される方は多い...

妊娠中はイライラする!旦那に当たる妻の理由と対処法

妻が妊娠中だとイライラして旦那に当たることは多いですが、女性...

産後に体重増加をする理由とむくみの改善方法をご紹介

産後はホルモンバランスが崩れている状態なので、体にも大きな変...

手が震える子供が心配。その原因や改善法!

ふと見ると、子供の手が震えている時がある。 常にと言う...

親が子供を施設に預けてしまう理由は、こんなものだった!

母親であれば、自分がつわりや陣痛などの様々な妊婦生活の苦しみ...

自閉症の子供が小学生になる時は私立に入れた方がいい理由

自閉症の子供を育てている親にとって、小学校に入学させる時には...

子供が出来ると性格が変わる…? 夫婦が親になるということ

子供が出来てから、妻が変わってしまった。 子供が出来て...

新生児のお腹がギュルギュルする理由と原因

新生児の赤ちゃんはミルクを飲んだ後にお腹がギュルギュルするこ...

これって大丈夫なの?内診での出血とおしるしの違いとは

出産の時期が近づいてくると内診を受ける感覚も短くなっていきま...

生後2ヶ月の体重が増えすぎた時の原因と対策

生後2ヶ月の赤ちゃんの体重は、平均すると4000グラムから7...

1歳3ヶ月で体重が増えすぎた時に知っておきたいこと

赤ちゃんが1歳3ヶ月になると常に目を離せない状態となるので、...

息子を可愛いと思えない?高校生の息子を愛するための考え方

息子のことを可愛いと思う時期は子供が小さい時だけではなく、高...

息子の彼女を可愛いと思える?時には大人げなくなる複雑な親心

愛する息子が成長し、いつの日かお嫁さんをもらうことになります...

施設に子供を預ける理由は?お金と幸せの両方を得るための考え方

子供を育てるにはいろいろと大変な苦労がありますが、何らかの事...

スポンサーリンク


下の子を妊娠してから上の子の態度が変化

まさに「親になる覚悟とはこういうことか」と、今さら思いました。そして、上の子は今まで以上に、私に甘える毎日…。まさに「赤ちゃんがえり」だと思われました。

今さら「抱っこ」が増え、トイレですら「一緒に行こう」など…。

さらに、今までなら一人でできていた「着替え」や日常の細かいことまで、なぜかすべて「ママやって〜」を連呼。

私はお腹が大きくなってきてから、「お腹の赤ちゃんのこと」について話そうと決めていました。

赤ちゃんの事を上の子に話したら

「女の子」だと性別が診断された日に、上の子にお話しました。「ママのお腹には、女の子の赤ちゃんがいるんだよ」

そのとたん、上の子は「僕が赤ちゃんなの〜〜〜」と、いきなりギャン泣きでした。てっきり一緒に喜んでくれると思っていたのに、その反応には、本当に驚きました。

それからというものの、毎日のように「ママのお腹に帰りたい」…。「ぼくが赤ちゃんなんだからね」を連呼。

一日に何度もその言葉を発していました。まさに猛烈な「赤ちゃんがえり」をしていました。

私は、なるべく寂しい思いはさせないように、今のうちにたくさん上の子と遊んであげようと思い、遊んであげていたつもりでした。

しかし、遊べば遊ぶほど、夜寂しくなるようで、寝る前すらも思い出したように泣いて言いました。「ママのお腹に帰りたい」を連呼。さらに、お腹に顔を近づけて寝る始末。

その様子を見ては、産まれてからの「赤ちゃんがえり」までも心配になりました。猛烈なる「赤ちゃんがえり」のまま、あっという間に出産日。

出産直前まで上の子が心配でした。家族立ち合いの出産方法を選んだ私は、陣痛が始まり、パパと上の子と一緒に産院へ。

そして、出産に立ち会った上の子は、泣くのかと思ったら泣きもせず、ずっと静かに見ていました。

下の子が生まれた途端に上の子がキャラ変

とうとう下の子が産まれてきました。上の子の第一声は「やった〜僕、お兄ちゃんだ」でした。

このキャラ変には親もびっくりでした。今では、泣きもせず、もちろん「赤ちゃんがえり」もありません。

「オムツいる?」「可愛いね」「ママ、泣いちゃってるよ」など、妹のお世話を一緒にお手伝いする日々です。

あの猛烈な「赤ちゃんがえり」は、優しいお兄ちゃんになるための準備だったのでしょうか?

今では笑い話です。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82