妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

どちらも人情!第4子妊娠中に経験した悲しかったことと嬉しかったこと

      2016/08/05

どちらも人情!第4子妊娠中に経験した悲しかったことと嬉しかったこと

53歳/主婦

第4子を妊娠中に感じたことですが、人の想いやりについてとても悲しかったことと嬉しかったことの両方を経験しました。

まずは悲しかったことですが、家族で箱根に遊びに行った時のことです。ロープウェイに乗った時のことですが、終点に到着し、いざ降りようとしたところ、乗っていた人が大勢いたこともあり、駅の中はとても混雑していました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

子供がかわいいのはいつまで?年齢別で違いかわいさとは

自分の子供はいつまで経ってもかわいいと思うものですが、ある年...

育児をするのは大変!保育園に預ければ楽になる理由とは

子供の育児は大変なことですが、保育園に子供を預けている時は精...

息子の彼女がブサイクな時の心理と付き合い方

自分の息子が彼女を連れてきた時は、どんな相手かドキドキするも...

妊娠検査薬チェックワンは蒸発線がでない高性能商品!

「チェックワン」は医薬品製造(株)アラクスの妊娠検査薬です。...

専業主婦で子供あり貯金なし。この状況で離婚する方へのアドバイス

夫との夫婦生活を流付けていくのに限界を感じてしまった。離婚を...

育児にイライラして怒鳴ってしまう!気持ちを落ち着かせる方法

育児をするのは大変なことですが、ついイライラして怒鳴ってしま...

妊娠検査薬が陰性でも吐き気や生理がくることがある!

妊娠したかなと思ったとき、市販の妊娠検査薬で試される方は多い...

妊娠中はイライラする!旦那に当たる妻の理由と対処法

妻が妊娠中だとイライラして旦那に当たることは多いですが、女性...

産後に体重増加をする理由とむくみの改善方法をご紹介

産後はホルモンバランスが崩れている状態なので、体にも大きな変...

手が震える子供が心配。その原因や改善法!

ふと見ると、子供の手が震えている時がある。 常にと言う...

親が子供を施設に預けてしまう理由は、こんなものだった!

母親であれば、自分がつわりや陣痛などの様々な妊婦生活の苦しみ...

自閉症の子供が小学生になる時は私立に入れた方がいい理由

自閉症の子供を育てている親にとって、小学校に入学させる時には...

子供が出来ると性格が変わる…? 夫婦が親になるということ

子供が出来てから、妻が変わってしまった。 子供が出来て...

新生児のお腹がギュルギュルする理由と原因

新生児の赤ちゃんはミルクを飲んだ後にお腹がギュルギュルするこ...

これって大丈夫なの?内診での出血とおしるしの違いとは

出産の時期が近づいてくると内診を受ける感覚も短くなっていきま...

生後2ヶ月の体重が増えすぎた時の原因と対策

生後2ヶ月の赤ちゃんの体重は、平均すると4000グラムから7...

1歳3ヶ月で体重が増えすぎた時に知っておきたいこと

赤ちゃんが1歳3ヶ月になると常に目を離せない状態となるので、...

息子を可愛いと思えない?高校生の息子を愛するための考え方

息子のことを可愛いと思う時期は子供が小さい時だけではなく、高...

息子の彼女を可愛いと思える?時には大人げなくなる複雑な親心

愛する息子が成長し、いつの日かお嫁さんをもらうことになります...

施設に子供を預ける理由は?お金と幸せの両方を得るための考え方

子供を育てるにはいろいろと大変な苦労がありますが、何らかの事...

スポンサーリンク


2人の子供を連れて駅構内を歩いていたら

3人兄弟の上2人を私が連れておろしたのですが、4歳と3歳の子どもなので、まだまださっさと歩くことができません。

4歳の娘の手をつないで3歳の息子を背中に背負って駅構内を歩いていたところ、「邪魔だ」といきなり後ろからドンッとぶつかってこられました。

思わず背負っていた3歳の息子を落としそうになり、かといって4歳の娘の手を離すわけにもいかず、つないでいない方の手で必死で息子を支えてなんとかこらえながら歩きました。

周りにはたくさんの人がいたにもかかわらず、そのような状態でも誰一人助けの手も出してもらえず、人の情けのはかなさをつらく悲しく感じました。

JO山手線ホームへの階段での優しさ

反対に嬉しかったことですが、今度はJR山手線電車に乗ろうとした時のことです。この時は実家への帰省から帰ってきたところで手荷物も多く、主人と2人で手分けして階段を登ることにしました。

左手で3歳の息子の手を握り、右手にはトランクケースを持って、スカートの端を4歳の娘にしっかりと握らせ、時々「ちゃんとお母さんの手を握っているんだよ。お母さんのスカートから手を放したらだめだよ。」と声をかけながら、1段1段気をつけて登っていました。

とはいえ山手線のホームへの階段は段数も多く、子ども2人抱えて登るのはそうたやすいものではありませんでした。

階段の端の方をゆっくりと登っていたら、通りかかった方が突然私の荷物を持ち、走って階段の上まで持ってあがってくれ、さらに走って降りてきて今度は4歳の娘を抱っこして階段の上まで登ってくれ、私と息子が登りきるのを娘の手をつなぎながら待ってくださいました。

階段を登り終えてお礼の言葉を伝えようとしたらその方は「お互い様です」と一言残して去って行かれました。

それを見ていた他の一部の方々も「子どもが小さいと大変ですよね」と電車がホームに入ってくるまで、子どもたちと話をしてくださったり、手をつないでくださったりしました。

人の情けのはかなさと優しさを経験

箱根では人の情けのはかなさを辛く感じましたが、ここでは人の情けの深さと優しさに心から嬉しく思い、ただただ感謝の気持ちばかりの1日となりました。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82