妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

どちらも人情!第4子妊娠中に経験した悲しかったことと嬉しかったこと

      2016/08/05

どちらも人情!第4子妊娠中に経験した悲しかったことと嬉しかったこと

53歳/主婦

第4子を妊娠中に感じたことですが、人の想いやりについてとても悲しかったことと嬉しかったことの両方を経験しました。

まずは悲しかったことですが、家族で箱根に遊びに行った時のことです。ロープウェイに乗った時のことですが、終点に到着し、いざ降りようとしたところ、乗っていた人が大勢いたこともあり、駅の中はとても混雑していました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員は産休で手当がもらえる?優遇される公務員の実態とは

公務員が産休を申請する時は、手当てについてはどのよ...

5人家族の生活費が50万円を超える?家計を見直すべきポイント

家族3世代5人家族で生活をしている家族にとって、生...

排卵期の症状《胸の痛み》は正常?そのメカニズムと緩和術!

女性ならば、”胸の違和感””胸の痛み”等を感じると...

赤ちゃんもお風呂に入る?1ヶ月目のお風呂で注意する点について

生後1ヶ月前後になると、病院から「1ヶ月検診」を受...

諦めないで!障害者でも結婚や出産している人はいます!

障害者だから結婚して出産してというのは高望みであり、実現化し...

胃腸炎だけじゃない?子供の嘔吐のみの症状について解説

下痢や嘔吐や吐き気、腹痛などが主な症状である胃腸炎...

生理予定日に少量出血があり、すぐに止まるのは妊娠の可能性有り

生理予定日に出血があると、妊活中の人はがっかりしま...

安定期である妊娠中期に出血が続く!その原因と対処法

妊娠5ヶ月に入る16週から妊娠7ヶ月終わりの27週までを指す...

前駆陣痛が痛い!眠れない!そんなときの対処法をご紹介します

体験して初めてわかる、出産の痛み。本陣痛の前に...

排卵注射で体温上がらない?注射と基礎体温と不妊治療の関係

不妊治療をしている方の中には排卵誘発剤を注射して、...

排卵日はどう知ればいい?月経周期が長い人の周期の改善方法

妊活をしている人で、一番重要な日は排卵日です。通常...

排卵日なのに基礎体温が下がらない時!排卵の有無の確認方法

妊活中の女性にとって、排卵日を確認のために、基礎体...

赤ちゃんは動画で英語を覚える?オススメの英語教育をご紹介

赤ちゃんに動画で英語を学ばせるやり方を取っているマ...

3ヶ月の赤ちゃんが体重増加しないのは完母の限界かもしれません

3ヶ月の赤ちゃんの体重増加はすさまじく、平均で生ま...

3ヶ月の赤ちゃんが咳き込む原因と対処方法!病院受診の目安も

3ヶ月の赤ちゃんと言えば、ママからの免疫があるため「病気...

3ヶ月以下の赤ちゃんが咳き込む!その原因と対処法!

お腹の中で守られながら少しずつ大きくなって、ようやく外の世界...

仮病で学校を休む理由と、そんな子供への対処法!

朝になると起きられないとか、頭が痛い、お腹が痛いなどと言って...

子宮のあたりがちくちく痛い。排卵後の下腹部痛について解説

排卵後の子宮の痛み。もしもあなたが今妊娠を望んでいるのであれ...

赤ちゃんが動画を見て笑う!赤ちゃんウケする動画について解説

赤ちゃんの笑う声って、本当に癒されますよね。ついこ...

陣痛の促進剤 ― 経産婦だからこそ知っておきたい促進剤のこと

陣痛促進剤について、どんなイメージを持っていますか...

スポンサーリンク


2人の子供を連れて駅構内を歩いていたら

3人兄弟の上2人を私が連れておろしたのですが、4歳と3歳の子どもなので、まだまださっさと歩くことができません。

4歳の娘の手をつないで3歳の息子を背中に背負って駅構内を歩いていたところ、「邪魔だ」といきなり後ろからドンッとぶつかってこられました。

思わず背負っていた3歳の息子を落としそうになり、かといって4歳の娘の手を離すわけにもいかず、つないでいない方の手で必死で息子を支えてなんとかこらえながら歩きました。

周りにはたくさんの人がいたにもかかわらず、そのような状態でも誰一人助けの手も出してもらえず、人の情けのはかなさをつらく悲しく感じました。

JO山手線ホームへの階段での優しさ

反対に嬉しかったことですが、今度はJR山手線電車に乗ろうとした時のことです。この時は実家への帰省から帰ってきたところで手荷物も多く、主人と2人で手分けして階段を登ることにしました。

左手で3歳の息子の手を握り、右手にはトランクケースを持って、スカートの端を4歳の娘にしっかりと握らせ、時々「ちゃんとお母さんの手を握っているんだよ。お母さんのスカートから手を放したらだめだよ。」と声をかけながら、1段1段気をつけて登っていました。

とはいえ山手線のホームへの階段は段数も多く、子ども2人抱えて登るのはそうたやすいものではありませんでした。

階段の端の方をゆっくりと登っていたら、通りかかった方が突然私の荷物を持ち、走って階段の上まで持ってあがってくれ、さらに走って降りてきて今度は4歳の娘を抱っこして階段の上まで登ってくれ、私と息子が登りきるのを娘の手をつなぎながら待ってくださいました。

階段を登り終えてお礼の言葉を伝えようとしたらその方は「お互い様です」と一言残して去って行かれました。

それを見ていた他の一部の方々も「子どもが小さいと大変ですよね」と電車がホームに入ってくるまで、子どもたちと話をしてくださったり、手をつないでくださったりしました。

人の情けのはかなさと優しさを経験

箱根では人の情けのはかなさを辛く感じましたが、ここでは人の情けの深さと優しさに心から嬉しく思い、ただただ感謝の気持ちばかりの1日となりました。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談

ページ
上部へ