妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

もうダメだ!結果の出ない不妊治療に諦めかけた妊娠と姑さんのガン

   

もうダメだ!結果の出ない不妊治療に諦めかけた妊娠と姑さんのガン

38歳 専業主婦

私は元々生理不順、晩婚もあり、結婚していち早く不妊治療をする事になりました。当時34歳でした。

最初は人工受精→そして体外受精とステップアップしましたが、その間も夫婦間でタイミングを平行してするようにとの先生からの指示だったのだけど夫婦あるあるで夫が起たなくなってしまいました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員は産休で手当がもらえる?優遇される公務員の実態とは

公務員が産休を申請する時は、手当てについてはどのよ...

5人家族の生活費が50万円を超える?家計を見直すべきポイント

家族3世代5人家族で生活をしている家族にとって、生...

排卵期の症状《胸の痛み》は正常?そのメカニズムと緩和術!

女性ならば、”胸の違和感””胸の痛み”等を感じると...

赤ちゃんもお風呂に入る?1ヶ月目のお風呂で注意する点について

生後1ヶ月前後になると、病院から「1ヶ月検診」を受...

諦めないで!障害者でも結婚や出産している人はいます!

障害者だから結婚して出産してというのは高望みであり、実現化し...

胃腸炎だけじゃない?子供の嘔吐のみの症状について解説

下痢や嘔吐や吐き気、腹痛などが主な症状である胃腸炎...

生理予定日に少量出血があり、すぐに止まるのは妊娠の可能性有り

生理予定日に出血があると、妊活中の人はがっかりしま...

安定期である妊娠中期に出血が続く!その原因と対処法

妊娠5ヶ月に入る16週から妊娠7ヶ月終わりの27週までを指す...

前駆陣痛が痛い!眠れない!そんなときの対処法をご紹介します

体験して初めてわかる、出産の痛み。本陣痛の前に...

排卵注射で体温上がらない?注射と基礎体温と不妊治療の関係

不妊治療をしている方の中には排卵誘発剤を注射して、...

排卵日はどう知ればいい?月経周期が長い人の周期の改善方法

妊活をしている人で、一番重要な日は排卵日です。通常...

排卵日なのに基礎体温が下がらない時!排卵の有無の確認方法

妊活中の女性にとって、排卵日を確認のために、基礎体...

赤ちゃんは動画で英語を覚える?オススメの英語教育をご紹介

赤ちゃんに動画で英語を学ばせるやり方を取っているマ...

3ヶ月の赤ちゃんが体重増加しないのは完母の限界かもしれません

3ヶ月の赤ちゃんの体重増加はすさまじく、平均で生ま...

3ヶ月の赤ちゃんが咳き込む原因と対処方法!病院受診の目安も

3ヶ月の赤ちゃんと言えば、ママからの免疫があるため「病気...

3ヶ月以下の赤ちゃんが咳き込む!その原因と対処法!

お腹の中で守られながら少しずつ大きくなって、ようやく外の世界...

仮病で学校を休む理由と、そんな子供への対処法!

朝になると起きられないとか、頭が痛い、お腹が痛いなどと言って...

子宮のあたりがちくちく痛い。排卵後の下腹部痛について解説

排卵後の子宮の痛み。もしもあなたが今妊娠を望んでいるのであれ...

赤ちゃんが動画を見て笑う!赤ちゃんウケする動画について解説

赤ちゃんの笑う声って、本当に癒されますよね。ついこ...

陣痛の促進剤 ― 経産婦だからこそ知っておきたい促進剤のこと

陣痛促進剤について、どんなイメージを持っていますか...

スポンサーリンク


努力もむなしく結果が得られず落胆する日々

こっちは一ヶ月に1回の排卵でしかも痛い注射も沢山して嫌な気分で病院にも行ってるのに、いざとなって起たないとはどういうことや!!と本当にイライラしていた時期でもありました。

結局起たないままタイミングも逃し、人工受精もいい結果が得られないままでした。元々人工受精はそんなに確率もよくない。

でも体外受精や顕微鏡受精に比べたら費用が全く違うので人工受精でしばらく頑張ろうと思っていました。でもなかなか良い結果は得られず、毎回生理が来ては落胆する日々が続いていました。

当時は子供を見るのが嫌で、嫌で、妊婦さんを見るのが本当に嫌だった。なんで自分はママになれないのだろうと自分を責めていた時期もありました。

姑さんのガンをきっかけに転院を決意!!

本当に落ち込んでいてこのままずっと人工受精で良いものかと思った時に転機が訪れたのです。なんと旦那のお母さんがガンになってしまったのです。

しかも転移もあったりで結構大変な状態。実は私は旦那のお母さんには結構良くしてもらっていて色々相談にものってもらったりとうまく姑さんと関係を保っていました。

その姑さんがガンになってしまったからもうショックで。いち早く孫の顔を見せたいと切に思い、旦那と相談してすぐに体外受精にステップアップしようと決めた時、「今の病院でなく違う病院に転院しよう。」と決めたのです。

実は今の病院で色々検査もしたけど、なんだか病院とあまり相性が良くないと常々感じていたからです。それでもう一つの有名な不妊治療クリニックに転移し事の経緯を医院長に説明し、不妊治療をする事になりました。

新しい病院で体外受精にトライした結果

実は私はPCOSとい病気でそれが原因でなかなか子供が出来なかったで、体外受精の中で一番体に負担がかかるアンダコニストの方法で体外受精にトライしました。

一番体にも経済的にも負担がかかるこの方法ですが(毎日卵胞を大きくする為の注射をしないといけないなど)メリットもあり、卵が沢山取れる事にありました。

私はPCOSなので卵が見えてるだけでも20個以上あったし、これを同じ大きさにしてある一定まで大きくなったら採卵します。毎日寒い中注射に通うのはとても大変な事ではあったけれどこれも子供の為、がんばりました。

そしてなんと32個も卵ちゃんがとれました。そして最終的に8個も胚盤胞が出来きて凍結し、そして1度の移植で長女を授かる事ができたのです!!そして2人目もそのうちの1つで妊娠することが出来ました。

そして義母にも無事孫の顔を見せてあげる事が出来ました。もう一つ良かったのは旦那のおばあちゃんにもひ孫の顔を見せに行く事ができたのですが、ひ孫を見せて2週間後にひいおばあちゃんは急に倒れて亡くなってしまいました。

あの時無理してでもひ孫の顔を見せに行けて本当によかったです。辛い事も沢山ありましたが、いまではそれを忘れるくらい毎日育児に奮闘中です。

  関連記事はこちら

 - 妊活中の体験談

ページ
上部へ