妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

もうダメだ!結果の出ない不妊治療に諦めかけた妊娠と姑さんのガン

   

もうダメだ!結果の出ない不妊治療に諦めかけた妊娠と姑さんのガン

38歳 専業主婦

私は元々生理不順、晩婚もあり、結婚していち早く不妊治療をする事になりました。当時34歳でした。

最初は人工受精→そして体外受精とステップアップしましたが、その間も夫婦間でタイミングを平行してするようにとの先生からの指示だったのだけど夫婦あるあるで夫が起たなくなってしまいました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク


努力もむなしく結果が得られず落胆する日々

こっちは一ヶ月に1回の排卵でしかも痛い注射も沢山して嫌な気分で病院にも行ってるのに、いざとなって起たないとはどういうことや!!と本当にイライラしていた時期でもありました。

結局起たないままタイミングも逃し、人工受精もいい結果が得られないままでした。元々人工受精はそんなに確率もよくない。

でも体外受精や顕微鏡受精に比べたら費用が全く違うので人工受精でしばらく頑張ろうと思っていました。でもなかなか良い結果は得られず、毎回生理が来ては落胆する日々が続いていました。

当時は子供を見るのが嫌で、嫌で、妊婦さんを見るのが本当に嫌だった。なんで自分はママになれないのだろうと自分を責めていた時期もありました。

姑さんのガンをきっかけに転院を決意!!

本当に落ち込んでいてこのままずっと人工受精で良いものかと思った時に転機が訪れたのです。なんと旦那のお母さんがガンになってしまったのです。

しかも転移もあったりで結構大変な状態。実は私は旦那のお母さんには結構良くしてもらっていて色々相談にものってもらったりとうまく姑さんと関係を保っていました。

その姑さんがガンになってしまったからもうショックで。いち早く孫の顔を見せたいと切に思い、旦那と相談してすぐに体外受精にステップアップしようと決めた時、「今の病院でなく違う病院に転院しよう。」と決めたのです。

実は今の病院で色々検査もしたけど、なんだか病院とあまり相性が良くないと常々感じていたからです。それでもう一つの有名な不妊治療クリニックに転移し事の経緯を医院長に説明し、不妊治療をする事になりました。

新しい病院で体外受精にトライした結果

実は私はPCOSとい病気でそれが原因でなかなか子供が出来なかったで、体外受精の中で一番体に負担がかかるアンダコニストの方法で体外受精にトライしました。

一番体にも経済的にも負担がかかるこの方法ですが(毎日卵胞を大きくする為の注射をしないといけないなど)メリットもあり、卵が沢山取れる事にありました。

私はPCOSなので卵が見えてるだけでも20個以上あったし、これを同じ大きさにしてある一定まで大きくなったら採卵します。毎日寒い中注射に通うのはとても大変な事ではあったけれどこれも子供の為、がんばりました。

そしてなんと32個も卵ちゃんがとれました。そして最終的に8個も胚盤胞が出来きて凍結し、そして1度の移植で長女を授かる事ができたのです!!そして2人目もそのうちの1つで妊娠することが出来ました。

そして義母にも無事孫の顔を見せてあげる事が出来ました。もう一つ良かったのは旦那のおばあちゃんにもひ孫の顔を見せに行く事ができたのですが、ひ孫を見せて2週間後にひいおばあちゃんは急に倒れて亡くなってしまいました。

あの時無理してでもひ孫の顔を見せに行けて本当によかったです。辛い事も沢山ありましたが、いまではそれを忘れるくらい毎日育児に奮闘中です。

  関連記事はこちら

 - 妊活中の体験談

ページ
上部へ