妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

男には判らない!二人目の出産が怖いと感じるママの心理

   

男には判らない!二人目の出産が怖いと感じるママの心理

一度経験すれば二人目の出産なんて怖くないよね!というのは出産をしたことのないセリフです。

一度出産したからこそ、あの時の痛み、辛さ、苦しみが経験として、頭に残っているのです。

子供は産みたいけれど、出産が怖いというママに参考にしてほしい、出産と上手く付き合う方法をご説明いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク


二人目の出産が怖いと感じるのは?

当たり前の心理です。

なまじ知識や経験があるから、余計怖く感じるのです。誰だって一度やけどをすれば、熱いものに触る時は気を遣うようになります。

そもそも出産というのは、これだけ医療が進んだ現代になっても、女性にとっては命がけであることは変わりありません。ある説では男性が出産をしたら、その痛みで発狂するとも言われるくらい、やはり痛いし辛いものなのです。

しかし女性は、元から男性よりは痛みに耐性があり、そしていざという時の体力もあります。でなければ人によっては24時間以上も、その痛みに耐えることはできません。

でもいくら耐性があり体力があっても、痛いものは痛いし、辛いものは辛い。

それを否定する必要はありません。前述した通りそれは人として当たり前の心理です。

怖がって当然です。しかし、妊娠期間ずっと怖がっているのは、ストレスになりますので母体にも赤ちゃんにもいい影響はありません。

ここは頑張って、その怖さを受け入れた上で、出産と上手く付き合うっていきたいと思います。

出産も二人目という経験を活かす

初産の人の怖さは未知への恐怖です。自分がどうなるか、赤ちゃんがどうなるか、判らない、どんな痛みで、それがどれくらい続くか判らない、だから怖いのです。

逆に二人目となると、既知による恐怖です。一人目は楽だったけど、二人目は辛いかもしれない、一人目があんなに辛かったから、今回も辛いかも…。そういう恐怖です。

初産の人と比べて恐怖を感じるポイントが違うのです。初産の人の恐怖は、情報を得る事と、想像する事である程度解消できます。

二人目の出産の恐怖は、経験から来ています。そしてそれを逆手にとります。

まず前回失敗したなあと思うことはしない。そしてこういう事をすればよかったと思う事をするのです。つまり、反省と改善です。これは経験がないと出来ません。

例えば、音楽や香りなどでリラックス効果を上げる、主人に立ち会いを頼むのであれば、やってほしいことを予めリスト化しておく、出産が楽になりそうな体操やウォーキングを積極的に取り入れるなどです。

出産が怖いと感じる心理と闘う

二人目が怖いと感じるのは、出産にネガティブな感情が根付いてしまったからです。これをポジティブに変える考え方をご紹介します。

陣痛の強さは、痛いほど良いと受け止める。

これは痛みをポジティブに捉える方法です。つまり痛ければ痛いほど、出産が順調に進んでいる証拠だと感じるのです。元気な子が頑張って生まれようとしているのだと考えることが出来れば、出産をもっと前向きに受け止められるかもしれません。

また経産婦は出産が楽という説もあります。

1人目はとても大変な人も、二人目はそれこそ「つるん」といった感じで生まれたという人もいます。今度の出産は楽かもしれないと信じるのも一つの方法です。

どちらも、出産をどのように捉えるかという考え方の問題です。しかし、人の心の影響力というのは決して侮れません。出産にリラックスが大切というのは力が入っていると、出産が大変だからです。出産をポジティブに捉える事で、心が体に影響を及ぼすことも十分あり得ます。

二人目の出産がどうしても怖いのであれば…

無痛分娩という方法があります。

簡単に言えば、麻酔で痛みを緩和させて出産に臨むという方法です。もちろん意識はありますので、いきんだりしなくてはいけません。意識はあるので、全く痛みを感じないわけではないそうですが、あの出産の痛みから比べればはるかに楽だそうです。

無痛分娩で臨むには、計画出産するのが一般的です。つまり、子供の成長具合で「この頃に出産しよう」と医者と相談して決めます。この方法は陣痛が始まる前に麻酔をしないといけないのです。つまり計画した出産予定日よりも前に陣痛が来れば、当然この方法は使えません。陣痛が始まれば、通常の出産方法になります。

また、どうしてもこの方法を取る場合は、出産費用が高くなります。病院によって料金が違うのですが、おおよそ一般の出産費用に5万〜10万円は少なくとも上乗せされると考えた方がいいでしょう。

どうしてもあの痛みをもう一度感じるのが嫌だ、怖いとい感じる人は、担当の先生に「無痛分娩」について相談するという一つの方法です。

出産が怖いという感情を抱え込まないことが大切

最終的な出産は、ママが一人ですることになりますが、そのママを支えてくれる人は周りにたくさんいるはずです。その人たちに自分の気持ちを共有しましょう。

例えばご主人。出産は二人の共同作業でもあります。自分がどういう所が怖いと感じているのか、どうすれば怖くなくなるのか、率直に話してみるのもいいと思います。
人に話すだけでも、随分気持ちは軽くなります。

自分の親に相談するのもいいと思います。特に母親であれば経験もあるので、気持ちを共有しやすいかもしれませんが、場合によっては逆の反応がでる事も。でも悪気はないので理解してあげてください。

また医者に相談という方法もありますが、先生は常に忙しそうで、こういう事を相談しにくいのであれば、病院によっては相談窓口を設けているところもありますので、活用してみましょう。

人に話すと、例え相手から欲しいアドバイスがもらえなかったとしても、自分を客観的に見られるチャンスにもなります。一人で抱え込まず、「私は出産が怖い!」と声をあげましょう。

  関連記事はこちら

 - 育児・子育てのお話し

ページ
上部へ