妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

無理やり連行!有休をとってでも両親学級に参加して良かったこと

      2016/08/04

無理やり連行!有休をとってでも両親学級に参加して良かったこと

38/会社員

妊娠中、住んでいる自治体が開催する「両親学級」なるものに、夫婦で参加しました。

両親学級は、初めての子どもを迎えるパパママが対象で、オムツの替え方や沐浴の仕方、栄養バランスの摂れた食事のススメや、新生児に最適なお部屋の環境など、育児の初歩を教えてくれる場です。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

流産の手術後”絶対安静”のワケ。心と体を整えるために

授かった命を、望んだ妊娠を、流産と言う結果で終わっ...

赤ちゃんが風邪!?3ヶ月頃に起きる咳には要注意!

生後3ヶ月頃になると、生まれたての頃と比べるとしっ...

旦那が不倫?大好きだけど浮気を許せなくて困ってる人必見!

旦那が浮気をするなんて…と、浮気をしていた事を知っ...

赤ちゃんと動画を見る人必見!見せるなら車物がお勧めです!

生まれたばかりの赤ちゃんは視力が弱く、明暗のみしか...

生理前のお腹の張りと腰痛はPMS?妊娠超初期症状の可能性も

生理前になると、お腹の張りや腰痛などの不快症状が出やすくなり...

赤ちゃんって音楽で本当に喜ぶ?胎教から実践してほしいポイント

愚図った赤ちゃんに効くイルミネーションや音楽など、...

旦那が転職したいと言い出した!離婚したい理由と対処法とは

旦那がいきなり今の仕事を辞めて転職したいと言い出し...

公務員は産休で手当がもらえる?優遇される公務員の実態とは

公務員が産休を申請する時は、手当てについてはどのよ...

5人家族の生活費が50万円を超える?家計を見直すべきポイント

家族3世代5人家族で生活をしている家族にとって、生...

排卵期の症状《胸の痛み》は正常?そのメカニズムと緩和術!

女性ならば、”胸の違和感””胸の痛み”等を感じると...

赤ちゃんもお風呂に入る?1ヶ月目のお風呂で注意する点について

生後1ヶ月前後になると、病院から「1ヶ月検診」を受...

諦めないで!障害者でも結婚や出産している人はいます!

障害者だから結婚して出産してというのは高望みであり、実現化し...

胃腸炎だけじゃない?子供の嘔吐のみの症状について解説

下痢や嘔吐や吐き気、腹痛などが主な症状である胃腸炎...

生理予定日に少量出血があり、すぐに止まるのは妊娠の可能性有り

生理予定日に出血があると、妊活中の人はがっかりしま...

安定期である妊娠中期に出血が続く!その原因と対処法

妊娠5ヶ月に入る16週から妊娠7ヶ月終わりの27週までを指す...

前駆陣痛が痛い!眠れない!そんなときの対処法をご紹介します

体験して初めてわかる、出産の痛み。本陣痛の前に...

排卵注射で体温上がらない?注射と基礎体温と不妊治療の関係

不妊治療をしている方の中には排卵誘発剤を注射して、...

排卵日はどう知ればいい?月経周期が長い人の周期の改善方法

妊活をしている人で、一番重要な日は排卵日です。通常...

排卵日なのに基礎体温が下がらない時!排卵の有無の確認方法

妊活中の女性にとって、排卵日を確認のために、基礎体...

赤ちゃんは動画で英語を覚える?オススメの英語教育をご紹介

赤ちゃんに動画で英語を学ばせるやり方を取っているマ...

スポンサーリンク


両親学級に参加するためのハードル

とてもありがたく、ためになる取り組み!なのですが、唯一の難点は、働くパパママにとってかなり参加し辛い平日の午前中に開催されるということ。

毎週一回、連続して4回有休をとるというのは、今どきのサラリーマンにとって、かなりハードル高いですよね〜。

妊娠している妻の大変さを夫が体験

さて、両親学級ですが、育児の基礎学習に加えて、「妊娠している妻がいかに大変か、夫に知らしめる!」ためのアクティビティーもありました。

具体的には、7キロの重しをパパたちがお腹に巻きつけて、歩いたり座ったりしてみる、というものです。

この重し、後で聞いたところ、妊婦体験ジャケットという立派な名前がついているようです。ご丁寧にも、(Dカップはありそうな?)おっぱいまでついています。

それを真顔で装着し、指導員に言われるがままに、あれこれ動き回っている我が夫の姿は、非常に滑稽そのもの。

そもそも、元来恥ずかしがりやで、両親学級も私に半ば無理やりに連行されてきた夫です。「これは、後で文句言われるそうだなぁ」と思いつつ、ウケるので、とりあえず写真は撮りまくっておきました。

案の定、写真は後で勝手にスマホから削除されていましたが、「妊娠後期の身体はとにかく重くて、何をやるにも一苦労。マジで辛いのです」ということは、夫に身をもって理解してもらえました。

その後は、「大丈夫?手伝おうか?」と言ってもらえる回数が増えたように思います。

両親学級に参加して良かったこと

他にも、たとえば沐浴やオムツ替えの練習を実物大の新生児人形を使って二人で交代でやってみたり、産後ウツになる人の割合がいかに多いか、ならないようにするにはどうするべきか?など、出産後にスムーズにパパとママが協力して育児をスタートできるような、実践的なプログラムが多く、私たち夫婦としては、両親学級を通して良いイメトレができました。

また、両親学級に通った最大の成果は、「同じ住居エリアで同時期に赤ちゃんを出産予定の夫婦たち」と知り合う機会をもらえたことです。

いまだに同じテーブルになったご夫婦三組とは、パパや子ども含めて家族ぐるみでお付き合いさせてもらっています。

会社を4回休んで通って良かった!と今でも、心から思っています。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談

ページ
上部へ